<< 悪夢 豆乳プリン >>
私の料理考
”料理考”などど大それたタイトルほどのものではないのですが、以前から漠然と書きたいと思っていた事なので退屈しない程度に書きます。

私は料理が好きである。 なんて今さら書かなくても、もうお分かりですよね。
それは、母を語らずして今の私はありえないのである。 とこれも想像されてる通りです(笑)
母は食卓(ダイニング)の目立たない演出家です。魔法のように作り出された母の料理は皆の胃袋を満足させ、食卓にはいつも皆の美味しい顔がありました。
以前息子が、『うちの台所はおばあちゃんちの匂いと一緒だね』と言ったことがあります。また夫が私の実家に行った時、台所に入りながら、『○○(私の名前)が作る料理と同じ匂いだ。』なんて言っていた事を思い出すと、やはり母の娘なのかな、なんて思ったりもします。

結婚して子どもを育てながら、毎日必ず立つキッチン。毎日のように何かを作り、みんなの胃袋へ入っていく。みんなの元気になり、エネルギーに代わっていく。
”食は生きるエネルギー”。生きる源は食事で、美味しいと思う事、何かを食べたいと思う事は
積極的に生きている証だと思うのです。だから”美味しい”と言ってくれる顔が見たくて毎日料理を作り、楽しんでいるのかもしれません。

日々生み出されるお料理を残したいと思ってweb上に記録するようになって数ヶ月。料理に対する思いは、少しだけHPにも書いたのですが、今blogに紹介している数々の料理は、その“小さなノート” から生まれたものなんです。勿論ノート以外で作ったものもありますが・・・
昨日ちょうどレシピの質問があったので、お見せするほどのものではないのですが、ちょっとだけ・・・・
-------------------------------------------------------



私の小さなノート
自分で美味しいと思った料理は、だいたいメモします。雑誌などをみて、作ってみたいと思ったものもメモして作り、気に入ったものは何度も作りながら自分流にアレンジします。

8×16.5cmのポケットに入る小さなノート かなりぼろぼろです。
a0029889_21583735.jpga0029889_21593864.jpg

上も下も綺麗に書いてある方。他のページは、レシピがびっちりと隙間なく書かれてあり、なぐり書き(字が下手ともいう)や調味料がこぼれてしみになって読み辛かったりと到底お見せできません。
a0029889_22234576.jpg

このノートは三冊目、いつ頃書き出したのかはっきり覚えていませんが、きっと大学時代だと思います。最初は厚くて大きいノートだったのが、持ち運びを考えてだんだん小さくなりました。他の2冊はもう手元になく、これ1冊に集約されています。和洋中、ケーキ、母から教わったもの、オリジナルのものから、食べて美味しかったものなどが書かれています。

まだまだ紹介してない料理が沢山あります。少しずつ紹介していこうと思っています。
でもblog始めてまた増えたんですよね、残したいレシピ。
[PR]
by soleiljap | 2004-09-16 21:25 | Trackback
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/1039513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 悪夢 豆乳プリン >>