<< きものが好き 久々にのんびりと。 >>
スコーン 2種
日曜日からスコーンが続いています。好みの味や食感をみつけるには、同時期に食べ比べるのが一番。
昨日は卵が入らないスコーンでしたが、今日は、全卵を入れたものと、卵白のみを入れたものを焼いてみました。全卵と卵白、こんなに食感がかわるものかと驚きました。

ちなみに、本場イギリスの伝統的なスコーンは卵を使うのでしょうか。(以前も同じ事を書いたような気がします。)



【全卵を使ったスコーン】

a0029889_22465525.jpg
焼き色が卵白より濃くでます。昨日(卵なし)は“オオカミの口”がうまく出なかったのですが、卵を使うとしっかり膨らみます。

a0029889_2149941.jpg
イギリスのお菓子にはイギリスの器がよく合います。こちらは先日のパーティーで初めてつかった銀のバスケット。打ち出しの模様が凝っていて、とても美しいのです。ハンドルにイニシャルが彫ってあります。アンティークのものは歴史やそこに付随する物語さえ見えてくるから面白い。こちらも120年の時を経てもなお、風格は失っていません。決して古さを感じさせない銀器は本当に魅力的です。


【卵白のみを使ったスコーン】

a0029889_21453297.jpg
卵白のみをいれたスコーン、膨らみは全卵と同じくらいです。でも、表面が全卵よりカリッと焼き上がりました。
a0029889_21293117.jpg
バターをたっぷり、さらにフォションのミルクジャムも塗って。



【食べ比べ】

a0029889_21381383.jpg
画像からもよく違いが分かります。
全卵をいれた方は、キメが細かくてふんわりしてお菓子といった感じ。
卵白は、しっとりと層になってパンのような食感。食べ応えはこちらの方がありました。

娘が帰ってきてすぐに食べていましたが、彼女は全卵の方が好みのようです。
久しぶりに実験のようなことをしました。これも時間にゆとりがあるからでしょう。
[PR]
by soleiljap | 2010-04-26 23:59 | ◆ Sweets | Trackback
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/10495528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< きものが好き 久々にのんびりと。 >>