<< 和風スペアリブ 蒸しパン ~秋の味覚?・さつま芋~ >>
プロフィット ロール
a0029889_1048977.jpg

私がはじめて一人でお菓子を作ったのが、今の娘くらいの年齢だったと思います。
ケーキが焼きたくて、でも自信がない、小さい身体にはオーブン(ガスオーブン)なんて怪獣のような存在感だったし、本に出てくる色んな言葉もまったく未知の世界でしたから、いつも母の横にいて、母の作るものを見ていました。
母のお菓子は、和菓子がほとんどですが、粉や卵、何の変哲もない材料が、美しく立体的に変身していく姿に、子ども心にいつも胸ときめいていたのを覚えています。

母がいない時、勿論怪獣のようなオーブンは使えないので、本を見ながらまずパンケーキを焼きました。そのうちにだんだん物足りなくなって、泡立てたいという衝動がでて、スポンジケーキの種を作りました。ハンドミキサーなんてないので泡だて器でひたすらシャカシャカです。こんな単純なことでも凄く楽しかったな・・。しかし、ここでもオーブンは使えないのでフライパンで蓋をして焼ききました。1回目は焦げて、何度かやるうちにカステラのようなキメの細かいスポンジが出来たんです。卵の不思議に感動!!これは楽しくて何度も作りました。
で、次はキャラメルだったかしら?コンデンスミルクを使って、色セロファンを切って可愛く包装したのを覚えています。いつも作っては人に食べさせていました。作る過程が楽しかったんですね。

そんな事をしていくうちにオーブンが使いたくなるわけですよ。母がいる時、点火だけしてもらって、初めてシュー・クリームを作りました。
一字一句見逃さず、しっかりレシピ通り忠実に。オーブンに入れて、前から1歩も動きませんでしたね。あんなに敬遠していたオーブン君なのに・・(笑) ちゃんと膨らんで凄く嬉しかったのを覚えています。

それから中学に入って、お菓子作りの好きな友人三人で、ハンドメイドのお菓子隊『コゲコゲ会』を結成。マドレーヌやカップケーキを焼きました。
本に夢中になったのもその頃。部活も忙しくなってケーキ作りも中々出来ませんでしたが、この頃に夢中になったものって、ずっと後の人生にも影響あるんだな。。なんて最近つくづく思います。

で、何を喋りたかったかというと、『プロフィット ロール』。フランスのお菓子です。
そうそう、シューから昔の色んな事を思いだしたんです。(笑)
このお菓子も私の中で、イル・フロッタントやスフレと同じように魅惑的なお菓子です。
小さいシューの中にアイスクリームを詰めて、温かいチョコレート・ソースをかけるんですが、これが冷たい、温かい、甘い、トッピングのアーモンドスライスのサクサク感、本当に美味しいです。
a0029889_9341928.jpg

このレシピは、ケーキの材料や器具をよく買いにいく、近くのデパートに行った時いただいたレシピです。夜さっそく、焼いてみました(写真左)。で翌朝少し分量を変えて焼きました(写真右)。電球の下と、自然光の元の差くらいしか分からないですね(汗)。
水と牛乳の比率をちょっと変えて、皮を薄くしたかったのと、フードプロセッサーと手でかき混ぜるのと、どう違うか見てみたかったのですが、皮は希望通りの感じになって、で、どちらも味は変わりなく美味しかったです。
フードプロセッサー(左)とHand(右)でやったのは、変わらなかったです。労力が軽減しますが、器具を後で洗うのが面倒なんですよね。
[PR]
by soleiljap | 2004-09-21 09:32 | ◆ Sweets | Trackback
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/1060961
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 和風スペアリブ 蒸しパン ~秋の味覚?・さつま芋~ >>