<< かるかん オニオン・グラタンスープ >>
Mt. Fuji
a0029889_8261722.jpg
放射冷却現象で抜けるような青空です。今朝、真っ青な空に白く雪化粧した富士山がぽっかり浮かびあがっていました。手前の、いつもはぼんやりとした丹沢が、山肌をくっきり映し出して、幾重にも重なる山並みはグラデーションになって、遠近感をしっかりだしています。
富士山のシルエットはいつ見ても美しいです。海外では日本の象徴ともされている
FUJIYAMA、ごみの多さに世界遺産に登録されなかったようですが、最近では美化も強化され綺麗になったので、是非世界遺産にして欲しいですよね。

話しは変わりますが、クラシックが好きでよく聴きます。クリスマス・シーズンになるとあちこちで開催されてるクリスマス・コンサート。行きたいと思いつつ、時間がなく中々行けない状態です(悲)。
昨夜、夕食の時にお気に入りのCDをかけようとしたら、息子が『幻想(幻想即興曲)かけて』と、自分のMDを持ってきました。それから音楽の話になり、いい音楽を聴くと感動して鳥肌がたつよね、という話しになって、
『ママは、梯氏の”熱情”を聴いた時、背中から後ろ首のあたりがぞわっとしたことある』と話すと、今度は息子が、
『僕は至近距離でピアノの演奏を聴いた時、左半身がゾワゾワってなるんだ。』
すると、娘が、
『私は、いつも熱いお風呂にはいると、お尻のところがゾワーっと鳥肌がたつの』

・・・そんな話しだったんかい!?(大笑い)

a0029889_10131719.jpg

[PR]
by soleiljap | 2004-12-06 11:21 | ◇ 風 景 | Trackback(1)
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/1401700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Feeling...感じ.. at 2004-12-06 15:32
タイトル : 「富士山の夕焼」其の壱
全開の窓から通り抜ける風が柔らかかった 穏やかな夕暮れが すべてを温かく包み込んでいった Photo2004.12.05 16:17 やっとで見える季節になりました 都内でしかも夕焼けで こんなに美しく眺められたのは久しぶりでした... more
<< かるかん オニオン・グラタンスープ >>