<< 手作りチョコ・フレーク アンジェリックのお菓子 >>
苺のミルフィーユ
a0029889_13584176.jpg
あのサクサクっと層になった生地、フォークを突き刺した瞬間、中から柔らかなカスタードクリームがはみ出す感じ、たまりませんね。

今回のこのパイ生地、実は市販のもの。先日、フランスの友人からお土産にいただいた冷凍のものが残っていたので使いました。
千葉好男先生のパイ生地を是非作りたかったのですが、行程がよく分からなかったのです。ちょっと勉強しますね。

a0029889_17142073.jpgミルフィーユの生地は数分焼いたあと、再び天板を挟んで焼くのですが、ちょっと実験して、焼き時間を変えてみたので、下2枚と1番上の生地の厚さが均等ではありません。

クリームは本のレシピ通り。カスタードクリームとバタークリームを6;1で合わせて、苺を挟みました。(本だとゼラチンを使ってカスタードクリームを冷やし固めてある)

実は私“Mille‐Feuille”の発音がすごく苦手でした。
気の小さい私は(蹴り)、あの当時お店に行って「ミルフィーユを」といえず、パン・オ・レザンばかり買っていたような・・・残念無念。





a0029889_13595063.jpg
ここ最近富士山の南側の雪が解けていたのですが、先日の寒波でまた真っ白に!

a0029889_1815133.jpg
右(北側)には、更に真っ白な山並み。夫は南アルプスの北岳だと言うのです。(夫)

a0029889_1442221.jpg
部屋の中ではハイビスカスが咲いて・・このアンバランス。(笑)
[PR]
by soleiljap | 2005-01-18 23:55 | ◆ Sweets | Trackback
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/1559045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 手作りチョコ・フレーク アンジェリックのお菓子 >>