<< 今宵はファウスト 懐かしいカルピス味のアイスクリーム >>
ザッハ トルテ
a0029889_1421071.jpg
漆黒の闇の中で孤高に輝く優美なお菓子、ザッハトルテ。
ウイーンを代表するこのお菓子、200年近い歴史があるという。長い歴史の中で翻弄されながら、今も伝統を守り続けてきた。まさにチョコレート菓子の王様といっても過言ではなかろう。

作るのは今回で2度目です。大昔、あまりの甘さに頭が痛くなったことを思い出します。
食べるのは、今回で3回目かな。以前ウィーンへ旅行した時に本場のをいただいたのですが、やはりかなり甘かったのを覚えています。
今回も覚悟してかかりました。仕上げにかけるグラズールにチョコレート+かなりのお砂糖を使う為、どうしても甘くなるのは避けられないようです。今回はレシピ通りに作りました。スポンジにもしっかり洋酒とあんずジャムを染み込ませ、真中を半分にスライスして杏子ジャムを挟みました。ここまで読んでても口の中が甘くなりますね。
直径21cmのホールを12等分して、私と娘が食べただけです。
召し上がりません?甘いけど・・・。

ザッハトルテの歴史について書かれているサイトがありました。→こちらから
a0029889_1422694.jpg

[PR]
by soleiljap | 2005-01-28 23:37 | ◆ Sweets | Trackback(2)
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/1594718
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ハンブルク日記+ドイツ音.. at 2005-01-31 07:33
タイトル : ウィーンのカフェーハウス
ウィーン滞在の記憶が鮮明なうちに今回訪問したカフェーハウスについて少し書きたいと思います。ちなみにウィーンでもドイツ同様に「カフェ」とはいいますが、敢えて「カフェーハウス(Kaffeehaus)」と呼ぶと、いかにもウィーン独特の世紀末的な文学的な空間が思い浮んできます。 さて少々強引ですが、カフェーハウスを二つに区分してみましょう。 1)皇帝ご用達、ケーキの美味しいコンディトライカフェ: ザッハー、デーメル、ハイナー、ゲルストナー、ラントマン、モーツァルト、オーバーラー、スルカ、etc. 2)...... more
Tracked from 神戸美味しいもの日記 at 2005-03-03 14:44
タイトル : スターアニスのブラン・トルテ
今日のお届け物は、御影のお嬢様用 バースデーブラン・トルテ♪(特注品) BRU... more
<< 今宵はファウスト 懐かしいカルピス味のアイスクリーム >>