<< 「失敗をおそれない」ということ 残暑の候 >>
8月23日の富士山
a0029889_10504823.jpg
昨日8月23日は二十四節気では「処暑」。夏の暑さも落ち着くころだそうですが、そう簡単には涼しくなってくれそうにありませんね。

自宅から会社への道すがら、日陰を探して歩いています。コンクリートの照り返しがこたえます。
娘と日焼けした足にできたサンダルのラインを比べっこしています(笑)。

a0029889_105412100.jpg
そんな処暑の夕刻(18:30頃)、富士山を望みました。最近、朝晩少しの間ですが、富士山が見えます。(画僧はクリックで拡大)


冬の凛とした空気の中に稜線を際立たせて悠然とそびえる富士山も素敵ですが、靄のなかで幻想的に浮かぶ姿も美しい。

自然や芸術はとても正直。人間の手の届かないところに神が宿るのでしょう。だから、人は叡智で人間が踏み込めない世界に感動するのですね。
心が美しいものを欲しているのかな・・・・・・。
[PR]
by soleiljap | 2012-08-24 11:21 | ◇ 風 景
<< 「失敗をおそれない」ということ 残暑の候 >>