<< 黒ごまのパンナコッタ (豆乳仕立て) 扁炉(ピェンロー)&じゃがいも... >>
かぼちゃのムース
a0029889_17225264.jpg
ずっとチョコレートが続きましたので、ちょっとお口直しにクールデザートはいかが♪
昨日のロールケーキで、たくさん残ったプラリネ入り生クリーム。冷蔵庫にあったかぼちゃでムースを作りました。
この季節、店先に必ず並ぶ野菜のかぼちゃ。和風から洋風、デザートまで大活躍してくれる万能野菜ですよね。カロチンなどビタミンの宝庫というから嬉しい。またこの時期のかぼちゃは甘いのでデザートにもぴったりです。
a0029889_1724574.jpg
最近豆乳を飲もうと一大決意して冷蔵庫に常備しています。今回レシピの牛乳を豆乳にかえて作ってみました。プラリネ入りの生クリームも入るのでお砂糖を極力控え、かぼちゃの控えめな甘さとフワフワの泡のような食感の美味しいムースが出来ました。昨日作ったのですが、一日たった今日の方が味が落ちついて美味しかったです。ピアノの先生が見えたので一緒にいただきました。

今日は朝から娘のお友達2人がきて、バレンタインデーのチョコレート作りが始まりました。去年もお友達と作ったのですが、昨年よりずっと動いていました。blogのアシスタントの成果かな・・・



a0029889_1149142.jpg
かぼちゃのムース 
※画像はプラリネの生クリームを使いましたが、レシピは生クリームで作る時の分量です。
<材料>
・かぼちゃの裏ごし・・・180~200g
・砂糖  ・・・・・・・・・・・50g   (今回はプラリネがはいったので30gにする)
・牛乳 or 豆乳・・・・・200cc (今回は豆乳200でしたが、半々にしたり割合はお好みで)
・バター・・・・・・・・・・・・・20g

・バニラエッセンス&シナモン 少々 (シナモンがなければいれなくてもよい)
・卵黄 ・・・・・・・・・・・・・1個分
・生クリーム・・・・・・・・・100~150cc(今回は100ccで作りましたがもう少し多くてもOK)
・卵白・・・・・・・・・・・・・・1個分
・板ゼラチン(1.5g/1枚)・・2~3枚 (固さはお好みで・・今回は2枚)
<作り方>
下準備・・・板ゼラチンを水にいれてふやかしておく。
①かぼちゃを皮付きのままラップをして電子レンジで柔らかくして、皮と種を除き裏ごす。
(※皮と種を除くのでその分多めにレンジにかける)
②鍋に①を入れ、牛乳(豆乳)を少し加えゆるくのばして、更に残りの牛乳(豆乳)加え、砂糖、バターを入れ、中火で火を通す。
※83℃までが目安、これ以上になると卵黄が固まるので注意。
③火からおろし粗熱をとって、シナモン、バニラエッセンス、卵黄を加え手早く混ぜ、ふやかしたゼラチンも加え混ぜる。鍋底を水にあてながら冷ます。
④6~7分立てにした生クリームを加え混ぜ、固く泡立てた卵白も加え全体をすばやく混ぜ合わせる。容器に入れてれ冷蔵庫で冷やし固める。

※写真のガラスの器に4個とココット皿小(写真)に4~5個出来ました。サイズ計っときます。
※※サルモネラ対策:卵は75℃以上で1分以上の加熱が必要とのことです。
[PR]
by soleiljap | 2005-02-11 23:01 | ◆ Sweets | Trackback(1)
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/1643230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ころころコロラド☆おいし.. at 2005-02-26 06:39
タイトル : かぼちゃのムース
かぼちゃには本当にお世話になっています。料理はもちろん、お菓子の材料としてよく登場します。この2年間を振り返っても、パウンドケーキ、パン、マフィン、パイ、アイスクリーム、クッキー、ショートブレッド、蒸しパン、だんご、などなどかぼちゃを使って作りました... more
<< 黒ごまのパンナコッタ (豆乳仕立て) 扁炉(ピェンロー)&じゃがいも... >>