<< 富士山  なつかしいひと >>
東京駅
あと一週間もしたら11月なのですね。 
非公開にしたまま画像だけがたまっていきます。急いでアップ。

a0029889_2131796.jpg
10月の始め、家族で東京駅に行ってきました。
普段は乗り換えで東京駅に来ることはあっても、こうやって外からゆっくり眺めるのは初めてです。

10月1日に復原工事を終えて、1914年(大正3年)の竣工当時の姿でよみがえった赤レンガ駅舎、こんなに素敵な建物だったんだ、と感激。
終戦間際(1945年)の空襲で一部壊されたものの、1923年の関東大震災ではビクともしなかったそうです。
歴史的にも技術的にもこんなに素晴らしい建造物を、途中、高層ビルへ建て替えようという話が何度か出たとか・・・ とんでもないこと。壊されないでよかった。


a0029889_2131169.jpg
八重洲北ドームの内側。
黄色と白のコントラストがお洒落。内側には鳳凰や方角を示す干支のレリーフが施され、人が溢れていて床面の写真を撮ることはできませんでしたが、モザイクのタイルと柱が大正ロマンを醸し出していました。


a0029889_21313564.jpg
建物の設計をしている夫は私たちとは見たいところが違うようで、落ち合う場所を決めて一人で別行動。

遠くの方に夫の姿を見つけたのですが、なにやら真上を眺めたり、外壁をペタペタ叩いたり、していた(笑)。

写真は娘が携帯で撮ってくれました。皇居へ通じる広場から見た駅舎は、まわりの無機質な高層ビルの中でひときわ威厳をもっていました。青空に赤レンガが映えて、温かくほっとする風景です。

2014年には100年を迎える東京駅。2003年に国の重要文化財に指定されたわけですから、このままの姿で、これからもさらに100年200年と残っていくことを願います。
[PR]
by soleiljap | 2012-10-23 22:49 | ◇ 風 景
<< 富士山  なつかしいひと >>