<< 我が家の雛人形 豆乳アイス3種 >>
Bianco Mangiare (ビアンコ・マンジャーレ)
a0029889_15233266.jpg
先日、夫の誕生祝いの食事会でいただいた杏仁豆腐、それはそれは魅惑的な美味しさでした。本格的に作るには、南杏や杏仁霜が必要、手元にないものばかり。そこで以前メモしておいた簡単に作れるアーモンド風味の冷たいデザートを思い出し、作ってみました。

名前は、Bianco Mangiare (ビアンコ・マンジャーレ)と書いてありました。私はイタリア語は出来ませんが、以前作ったフランスのお菓子、“Blanc Manger(ブラマンジェ)”と同じ意味かな?・・・。得意な本屋の立ち読み、イタリア語の辞書で調べました。やはり意味は、『白い食べ物』。フランス語と同じですね。お隣同士の言語のルーツはラテン語、似ています。

a0029889_15251745.jpgブラマンジェはコーンスターチで固めましたが、こちらはゼラチンで固めます。水も加え、どちらかというと杏仁豆腐の作り方に近いです。ローストしたアーモンド・スライスを牛乳で煮て香りを出すのですが、今回はそれもやらず簡単にアーモンド・エッセンスで香りをつけました。アマレットの香りが思いのほか美味しくしてくれます。
ソースは、苺とラズベリーの二種類をつくりました。画像はラズベリーソースです。どちらかというと、私はアーモンドの香りを消さない苺のソースの方が好みかな。

はい、あ~~~ん♪

a0029889_15243881.jpg




a0029889_145040100.jpg
ビアンコ・マンジャーレ風(グラス4個分)
<材料>
・板ゼラチン・・・・・3枚(4.5g)
・水・・・・・・・・・・・・50cc
・グラニュー糖・・・40g
・牛乳・・・・・・・・・・320cc
・生クリーム・・・・・50cc
・アーモンドエッセンス・・・7ダッシュ
・アマレット・・・・・・大さじ1
<作り方>
①板ゼラチンを水にもどしておく。
②鍋に水と砂糖を入れ火にかけ、グラニュー糖が溶けたら、牛乳を加え温める。
③火からおろし、水気をとったゼラチンを入れ溶かす。
④鍋底を水に当てながら冷ましアーモンドエッセンスとアマレット、生クリームを加え混ぜる。
⑤グラスに等分に入れ、冷蔵庫で冷やし固める。
※アーモンド・エッセンスは必ず入れてください。アマレットもできれば使って欲しいのですが、ない時は他の洋酒で代用も可。

苺ソースやラズベリーソースをかけていただく。※ソースは苺のパンナコッタ参照
[PR]
by soleiljap | 2005-02-25 21:57 | ◆ Sweets | Trackback(3)
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/1685355
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from arinco's kit.. at 2005-06-20 13:56
タイトル : 「杏仁風豆腐」050615
そろそろ夏のデザートいかが?。。。●今もあるのかどうか?...昔々...その昔!...神戸の「香港茶楼=ホンコンチャロウ」というお店の杏仁豆腐に出会い、衝撃を受けました。シロップなし...柔やわとした口溶け!。ブッチャケ...30年前のことです。ちょうど...その頃、真夏のひと月ばかり、うちの留守番役を演じたことがあります。つまり...妹と自分の二人生活の炊事当番だったのね。もう若きari!...誰が止めようったって無理無理...。どこまで水分を増やせば「香港茶楼のような」杏仁豆腐ができるんだろう?....... more
Tracked from ひとり琴 at 2005-07-12 15:30
タイトル : Bianco Mangiare
... more
Tracked from いろいろ。 at 2005-08-02 05:49
タイトル : ビアンコ マンジャーレ
今日も一日フリーなのに、朝8時半には起床。彼はもう仕事へでかけてたので、一人朝ご飯。するとマエストロから電話が。朝早くにどうしたの?と思ったら、レッスンの日時についての電話でした〜。なんとなくびっくりした。そして、知人に借りているDVD「東京タワー」をみました。な... more
<< 我が家の雛人形 豆乳アイス3種 >>