<< ガトー・ウィークエンド (レモ... 父の日ケーキ >>
Brasserie Gus (ブラッスリー・グー)@神楽坂
久々のレストランの記事です。
ひと月前に、友人から一本の電話。 「○○ちゃん、レストラン予約したんだけど、○日空いてる?」
予約と誘いの電話が逆になったのは、 予約が中々取れないレストランなので、取りあえず先にレストランの席を押さえてから電話したとのこと。 Rからの電話の後、さっそくネットで調べると、サラッと読む限りでも良い評判ばかり。中でもコストパフォーマンスの高さには定評があるようです。

楽しみにその日を待ちました。 場所は神楽坂、 新潮社の通りを抜けたところにある小さなお店には、11時30分開店前には予約の人の列が。 

a0029889_1205150.jpg

小さな扉を入ると大きめのチェックのクロスが目に飛び込み、席に着くまでの数メートルの間に、もうすっかり気持ちは寛いでいました。 雰囲気のいいお店は、つくりや内装だけではないですよね。 そこで働くシェフやスタッフの雰囲気もとても大事。 お喋りしながら料理が運ばれてくるのが楽しみで仕方ありませんでした。

私たちがいただいたランチメニューは、前菜と主菜を一品ずつ選ぶ(1,050円)Aコース。そして、別料金のデザート&コーヒーをそれぞれに。

Rは : お肉のテリーヌ&子羊の煮込み。そしてデザートにパンナコッタ
私は : パルマ産生ハムと小海老のサラダ & 鴨モモ肉のコンフィ 粒マスタードソース。デザートはガトーショコラ

参考のためにお値段を書きますと、一人分、なんと1,680円! 

手の込んだ料理は盛り付けや味、全てに心が込められている。 画像からも分かるようにボリュームもあります。 デザートにも思わず笑みが。 行き届いたサービスも素晴らしく、美味しいものを提供するシェフのこだわりや矜持を確信したのでした。

味、サービス、コスパ、全てにおいて感動しました。  ごちそうさま。美味しかったです。

食事が終わると神楽坂をぷらぷら散歩しながら、駅近くのカフェでお茶。 
親友Rとは大学時代からの付き合い。 会うとすぐにあの時代に戻れるからスゴイ。 沢山の良いこと悪いこと、若さゆえのおバカな行動も、あの頃真剣に悩んだこと、今思い出すだけで笑えてしまう。 
親元から離れ一人で暮らす東京は刺激的だったな~ 楽しかったな~ 青春だったな~ (笑)。
 

R、素敵なレストラン教えてくれて ありがとね♪  また美味しいもの食べに行こうね!
[PR]
by soleiljap | 2013-06-19 00:07 | ■ お気に入りレストラン
<< ガトー・ウィークエンド (レモ... 父の日ケーキ >>