<< いちじくのパウンドケーキ 我が家でティータイム >>
娘の成人式・・・もう夏ですが。
今年一月の成人式から、季節はすでに夏になってしまいました。
ブログは、すぐに手にとれるアルバムのようなもの。 スクロールしながらページをめくると、そこは思い出の宝庫。
料理やお菓子を記録するツールとして使い始めたのが、いつしかアルバムになっていました。 季節の行事やお祝い事の食卓、おやつのお菓子、嬉しかった事やハラハラしたこと、今は亡き父や母の思い出も、その時々の事が生き生きと甦ってきます。 
成人式の写真も季節外れの思い出の一つとして綴らせてください。

a0029889_0462968.jpg
1月13日朝 参道を満面の笑みで歩く娘。 私のお気に入りの一枚です。

実家の母は、娘三人(三姉妹)の私たちにそれぞれ振り袖を作ってくれました。 母曰く、三人とも身長や体型、性格も違うので、個性に合わせて作ったそうです。 今思えば、当時父のすねも細くなっていたんだろうなと思います。 

娘に着せたのは姉の中振り袖。 私の振り袖は、私と娘は身長差が12,3㎝(娘が小さい)もあり袖を引きづることは間違いなく、一番身長の近い(それでも3,4㎝娘が小さいのですが)姉の中振り袖を着ることになりました。 ライトグリーンが鮮やかな絞りの蝶々柄です。

娘が17歳の時、母は自分が元気な時にと、長じゅばんと、Rの雰囲気に合わせて帯を新しく作ってくれていました。 帯をみたてたのは母と姉、そして妹。 みんなが心待ちにしていた成人式でした。

a0029889_1142017.jpg
早朝美容院でメイクから着付けまで全てやってもらって、すぐに予約していた写真館へ。 撮影が終ると、その足で、近くの神社(うぶすな様)へご報告に。 節目節目にお参りしている氏神様です。 道すがら知らない方から、おめでとうございます!と挨拶され、本当に嬉しかったです。

私の着物は、お嫁に行く時母が持たせてくれた薄紫の付け下げ。 結婚後何度か着ましたが、何となく地味な感じがしていました。今回すんなりと着れて、あぁ、歳とったんだなと。 着つけは、久しく着てなかったので前日予行練習して当日何とか時間内に着ることができました。

a0029889_19465110.jpg
息子の成人式も写真館で記念写真を撮りました。着物も着ましたが大変だったという思いはなく、男の子と女の子の成人式はこんなにも違うのかと。 娘のはその数倍忙しく大変でしたから。 
でも経済面では私が準備したのは足袋と刺繍の半襟くらいですから、母には本当に感謝です。

沢山撮った写真は、娘から皆様に手書きのお礼状と一緒に郵便で送っていました。

鹿児島の姉や妹、そして私は、母が準備してくれた、そして40年前に姉が袖をとおした着物(小物まで)を、Rが着て成人式をむかえられた事を心から嬉しく思っていました。

母は成人式の二年前になくなり、娘の晴れ姿を見ることはできませんでした。 でも、当日、父と二人で娘のそばで嬉しそうに見ていたんだと思います。 その感覚はずっとありました。 


半年以上前のことなのに、書きだすと昨日の事のように思い出していました。 書き足りないことはあるけれど、長くなりそうなので終わりにします。
母として娘がここまで元気で素直に育ってくれたこと、感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとう。
これからはお世話になった方々に感謝の気持ちを忘れず、あなたがもらった愛情を、今度はたくさんの人にお返ししていけるようにね。 大人の女性として沢山の経験を積んで素敵な人生を歩んでください。

[PR]
by soleiljap | 2014-07-20 00:53 | ◇ きもの熱
<< いちじくのパウンドケーキ 我が家でティータイム >>