<< マンゴープリン 四半世紀の時を経て >>
憂いの先に
a0029889_01205158.jpg

2月1日に描いた一日描き(2.5h×1)のパステルです。この日の朝、とても悲しいニュースが流れ、日本国中が悲痛の中にいました。
この日のモデルさんはとても溌剌として、笑顔の美しい方で、描きながら元気をいただいていたのに、何故か描きあげた絵の目は憂いのまなざしでした。
(今まではモデルさんの雰囲気や印象からイメージを作って進めてきましたが、今回は何も考えずに描いていたのかもしれません)


a0029889_02053631.jpg



先日、ホイッスラーやパスキンの素晴らしい絵に触れ、刺激をうけ、美しい音楽に心癒されることが、こんなに大事なことなのかとあらためて感じます。
ほんの一瞬でも心を休めることができればそれだけで幸せを感じていられるのだから。


世間は断末魔の叫びのようなニュースばかり。見たくないものもこれでもかと見せられ、世相はますます歪んで行くばかりのように思えてなりません。

リーダーが間違うと国全体が間違うとは、よく言ったもので、何一つ私たちは安心できる要素がないまま何年も過ごしているように思います。
リーダーの条件とは何でしょう。責任ある言動、そして、最後まで責任を取りきることなのでは。
今、日本に信頼できるリーダーはいますか。

今起きている恐ろしい事件や悲しい出来事、全ては今までのつけが廻ってきたのでしょう。すべては因縁果といってしまえば、それまでですが、このままだともっと酷くなる。

憂えてばかりでは、悲しさが増すばかりです。

昔、ある方のコラムかエッセイにこんなことが書かれてありました。
「恨み、憎しみは片寄ったナショナリズムや原理主義を生む。 だから、幸せであることは大事なこと」 だと。

お母さんの慈愛、お父さんの逞しさ、教師の平等公平さ、子どもたちの根っこになるところを責任を持って育てることが大事なのですよね。
責任を持つ、個々がリーダーになる、ことなのではと。


私にとって美しい絵や流麗な音楽はなくてはならないもの。 
元気で育ってくれた子どもたちもかけがえのない存在。
絵を描ける幸せも感謝の念を忘れてはいけませんね。

幸せの数を数えよう。 そう、「足るを知る」ことを。





[PR]
by soleiljap | 2015-02-07 00:32 | ■ 私の絵 | Trackback
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/20838813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< マンゴープリン 四半世紀の時を経て >>