<< 苺ジャム 油絵 途中 >>
ヴィクトリア・サンドイッチケーキ
久々に予定の入ってない休日。 同じく、珍しく家にいる娘。 朝からまったりと過ごしていましたが、急にお菓子が作りたくなって・・・
a0029889_202469.jpg
昨日教えていただいたばかりのヴィクトリア・サンドイッチケーキです。

昨日は紅茶のレッスンに参加。 テーマはアフタヌーン・ティーの為のティーフーズ。 
スコーンとヴィクトリア・サンドイッチケーキはデモンストレーションで、レッスンの終わにサンドイッチと、焼き立てのスコーンとケーキをいただきました。紅茶はティンブラ。

a0029889_2162782.jpg
イギリスのお菓子は、作るたびにその作りやすさに驚き、更にはその美味しさに感動し、またその歴史を知ることで、ついには、菓子だけにとどまらず、紅茶の歴史、お茶の文化、そこから派生する銀器やそのスタイル、技術など、知れば知るほど興味は尽きることがなく、今日に至っています。


a0029889_20532475.jpg
ヴィクトリア・サンドイッチケーキは以前も一度作っていますが、サンドイッチ・ティンを持っていないので直径18cmのセルクルを使用。
普段バターケーキはフワフワより、しっとりほっくり系が好きで、材料はホイッパーで混ぜ込んでいくのですが、今回はハンドミキサーを使うフンワリ生地。 でも、イギリスの粉で作ると、こんなにフワフワにならないとか。 

a0029889_20542556.jpg
間に挟んだものはレッスンと同じくレモンカード。 上品な生地と甘酸っぱいクリームが口の中で溶け合います。
生地は断面からも分かるようにキメが細かく、フワフワの食感です。 

少しだけテーブルもお洒落して、久々に娘と二人で過ごしたティータイムは至福の時間でした。

a0029889_218116.jpg

[PR]
by soleiljap | 2015-03-14 23:45 | ◆ Sweets | Trackback
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/21001322
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 苺ジャム 油絵 途中 >>