<< バターチキン 娘の料理 >>
チャパティーとナン
a0029889_11501916.jpg
一年以上前に、一度ナンを紹介したのですが、その時はナンかチャパティーなのか分からない代物でした。今回、作り方から形状まで、そのものと分かるように同時に2種類作りました。勿論粉にもこだわってみました。

チャパティー・・・インドでは一般家庭でごく普段の主食として食べられているパンで、チャパティが作れないとお嫁に行けないとか・・・。
粉と水で作るので手間としてはととても簡単。薄焼きパンといわれるように、麺棒で薄く丸く延ばして、フライパンで一枚ずつ焼きます。
粉は全粒粉(ATTA)を使いました。全粒粉はご存知のように、小麦の表皮も胚芽も全て一緒に粉にしたもので、ミネラルや栄養が豊富に含まれています。パンは勿論お菓子にも使われますね。独特の味わいがあって美味しいです♪(あくまでも個人的嗜好)
a0029889_121976.jpg


さて、次に作ったものがナン、日本ではインドカレーといえばナンですよね。
a0029889_11284149.jpg
ナン・・・本場インドではタンドールという石釜で焼かれる。一般家庭にはこのような釜はなく、ナンはレストランで食べるものだそうです。
今回フライパンで焼きました。インド式パンと言われるように、ドライイーストを使い、捏ね→発酵→ベンチタイム→形成とちょっと手間がかかりますが、本格インド料理を作ったらやはり手作りのナンを作りたいものです。ナンの形は片方がちょっと伸びた感じの楕円形が多いとおもいますが、これはタンドールという石釜の壁にぺたっと貼りつけて焼く時、このような形になるのでしょうか・・・。
粉は勿論ATTA(全粒粉)を使いました。(ATTA(アター)=ヒンドゥー語で全粒粉)

a0029889_11311169.jpg様々な香辛料を使い時間をかけて作った本格カレーには、日本の粘りのあるお米は合わないので、やはりここはナンかチャパティーでいただきたいものです。

今回、チャパティーとナンを作ったのも、手作りのカレーと一緒にいただきたかったからですが、それは次回にアップ致します。


---------------------------------------------------
追記:疑問に思っていたナンのあの独特な形状は、日本だけのものらしいです。
詳しくは→こちら





チャパティーのレシピ
<材料>
・ATTA(全粒粉)・・・100g
・小麦粉・・・・・・・・・・200g
・ぬるま湯・・・・・・・・200cc
・塩・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
・サラダオイル・・・・大さじ2 (オリーブオイルでもok)
<作り方>
① 容器にぬるま湯、塩、油を入れる。
② ボールに粉(全粒粉+薄力粉)を入れ、混ぜたら①を加え、混ぜながらひとまとめにする。
③ まな板の上で滑らかになるまで良くねり、丸くして固く絞った濡れ布巾をかけて30分置く。
④ 10等分に丸くして、打ち粉をした台の上で直16cm前後の円形にする。
⑤ フライパン(鉄製)で油を引かず、両面程よい色に焼く。(ボツボツを気泡ができる)

※お好みですが、焼き上がりにオリーブオイルを薄く塗って(かけて)いただく。
※今回は薄力粉と全粒粉を2;1の割合で混ぜましたが、割合はお好みで。
※フライパンは空焼き状態で焼くのでテフロンは避けたほうがいいです。また鉄のほうが熱がじっくり回るので美味しくできます。

ナンのレシピ
<材料>
A
・ATTA(全粒粉)・・・・・100g
・強力粉・・・・・・・・・・・・200g
・砂糖(三温糖)・・・・・大さじ1/2
・塩・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1
B
・ぬるま湯・・・・・・・・・160cc
・卵・・・・・・・・・・・・・・1/2個 (28g)
・ヨーグルト・・・・・・・ 大さじ2 (すりきり)
・ドライイースト・・・・・小さじ 1と1/2

<作り方>
① Aをボールに入れ、泡だて器で数回空気を入れるように混ぜる。
② 別容器にBの材料を全ていれ良く混ぜ、①に加える。
③ ひとまとめにして台の上で10分ほど捏ね、45~1時間ほど、生地が2倍位になるまで発酵させる。(季節によって異なる)
④ ガス抜きをして6等分(大きさはお好み)にして、固く絞った濡布巾をかけて10分ほど休ませる。
④ 麺棒で2㎜くらいの厚さの楕円形に伸ばし、十分温めたフライパンに油を薄く引いて、両面色よく焼く。(イーストを使っているのでブクーっと膨れる)
⑤ 熱いうちにバターを表面に塗る。

※今回はフライパンでしたが、オーブンや魚焼きグリルで焼くのもいいですね。
※冷めたらアルミホイルに包んでオーブントースターで温めるといいです。
※卵の大きさで水分量が変わると思います。今回の卵は1/2量で28g。
※ナンも強力粉と全粒粉を混ぜて作りましたが、合計300gなれば割合はお好みでok。
a0029889_15235379.jpg

[PR]
by soleiljap | 2005-10-24 15:02 | ◆ 料  理 | Trackback(1)
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/2385902
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from Natural swee.. at 2005-10-24 21:43
タイトル : 全粒粉ピタパンのきんぴらサンド
全粒強力粉を使ってピタパンを焼いてみました。 具材は、蓮根 人参 ブロッコリーの茎で作ったピリ辛の金平です。 他はカウボーイさんのカチョカバッロ、トマト、クレソン、紫キャベツ、ヤングコーン。 可愛いポケットの様です。 ソースは味噌と豆乳で作ったマクロビマヨネーズ風、すっかり我が家の定番ソースに なりました。 息子が今日から試験期間なので、ランチはゆったりたっぷり召し上がれ♪... more
<< バターチキン 娘の料理 >>