<< 焼き肉の達人になれる“タレ” バターチキン >>
芋きんつば
a0029889_18293942.jpg
きんつばが好き。それは艶やかで上品な小豆餡を固めたお菓子。小豆餡は爽やかな甘さを残し、滑らかに溶けていくものがよい。できれば手で裂いたその断面に、丸い小豆の形がさりげなく残る粒餡が望ましい。

きんつば、今その姿を想像してほしい。あらゆる色彩に身を包み、その美しさを誇示する他のお菓子にくらべ、それはただ、薄皮に包まれただけの何の変哲もない四角い菓子である。
この地味なお菓子が時代をこえ形をかえず生きつづけてきたのは、その中身の良さにあるだろう。職人のこだわりと熟練で磨かれ続けてきた餡は、時代を超え、常に我々日本人の嗜好に応えてきたのである。

唐突だがこれを生き方にたとえてみよう。今日日(きょうび)、派手や豪奢がもてはやされる時代において、このような存在は希少である。多くを語らずしてその内に秘めたる英知はいつの時代も色あせることはなく、益々胆力を鍛え、我々に勇気を与える。
我が人生もかくありたいと思う。 (今回ボケなし・・笑)

きんつばで人生観を語る女も珍しい・・・。(爆)

a0029889_1830185.jpg
さて、今回我家で作った「きんつば」は、さつま芋に餡を挟んだもの。庶民的きんつばです。餡は先月の十五夜に作ったものを冷凍していたので、そちらを使いました。

和菓子屋さんの芋きんつばはきっと芋羊羹がベースだと思うのですが、家庭ではなるべく気軽に作りたいので、さつま芋を蒸かして潰しただけ。さつま芋の甘味を生かし、お塩を少々、餡がアクセントになっています。

a0029889_18302861.jpg
押して固めただけのお芋なので、手で裂いたらこんな感じになりました。ナイフで切ったものは↓にあります。甘さも丁度よく、夫も子どもも美味しいといって食べていました。





a0029889_18304263.jpg
芋きんつば
<材料> (12×16cmのタッパー)
・さつま芋(皮付きのまま)・・・550~560g
・上白砂糖・・・・・・・・・・・・・・・20g
・塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・小さじ1/2
・水あめ・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ2
・餡 (固め) ・・・・・・・・・・・・・120g
<皮>
・薄力粉・・・・・・・40g
・水・・・・・・・・・・・100cc
<作り方>
①さつま芋を蒸器で蒸かす。(又はレンジ強で♪チン)
②皮をむいて熱いうちに、砂糖・塩を加え良く潰し、さらに水飴を加え混ぜる。(正味約520g)
③タッパーにラップを敷き、②のさつま芋を半量敷き詰め良く押さえる。
④固めの餡をその上に均等に敷く。
④残りのお芋をかぶせ、しっかり押さえ、冷蔵庫で冷やす。
⑥皮を作る・・・薄力粉を水で溶く。(ダマがないように)
⑤型からだし、お好みの大きさに等分して、一面ずつ⑥につけてテフロンのフライパンで焼く。

※追記(11/25)
失敗なく焼くために、フライパン(テフロン)に薄く油をひいて焼いてください。

a0029889_23442614.jpg
[PR]
by soleiljap | 2005-10-28 12:37 | ◆ Sweets | Trackback(2)
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/2413318
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 小さいしあわせ at 2005-11-11 22:54
タイトル : 小春日和
陽の光が貴重なものに思える季節になってきました。 この間の土曜日に、ビオラもひとつ植えてみました。 玄関先に置きました。 こういうお天気のいい朝、陽の光を浴びるお花は影までいとおしい(微笑) 木曜日は大体がアルバイトもお休みで、朝少しゆっくりできます。 普段はもう焦って焦って。 6時くらいに起きるのですが、洗濯物を干したり、朝食の準備、パパのお弁当、自分のお化粧… なんで焦るのか考えてみると、朝食がそれぞれ時間差で来るから。 わたしの次に起きてくるのは、息子。大体、彼と...... more
Tracked from 日々珍道中★ at 2005-11-25 16:19
タイトル : 芋きんつば♪
えへ。。。やっとUPできました~。。。ぢつは、結構前に作って食べちゃったのですが・・・・更新がなかなか追いつかず。だらだら今日まで延び延びになっておりました。芋金つばです♪これ、焼くのが難しかった~。。。「ソレイユさんの芋きんつば」をお手本に作ってみたのですが・・・・こんなに上手にいかなかった☆(当たり前って言えば、当たり前か・・・笑)。harumakiさんも、皮が破ける。。。っておっしゃっていたように、ワタシも例外なく皮がぼろぼろ破けておりました。(この写真は、上手に焼けたモノを選んで撮影☆) 蒸し...... more
<< 焼き肉の達人になれる“タレ” バターチキン >>