<< 心揺さぶるもの 雑誌に掲載されました。 >>
ふんわり どら焼き
a0029889_1754531.jpg
本格どらやきの第二弾。

その前に、物にはその名前の語源や由来があり、その歴史をひもとく楽しさがあります。
鐘の銅鑼に形が似ていることから、その名がつけられたというどら焼き。以前、『芋きんつば』を紹介しましたが、なんと『きんつば』と『どらやき』のルーツが同じらしいです。

徳川5代将軍綱吉の時代、京で「ぎんつば」と言う名前で庶民に愛されていた「きんつば」。江戸に渡って銀よりも金の方が上と言う理由から「きんつば」となる。形を変え、今のどらやきとして世に出てきたのは、大正期で、“うさぎや”という和菓子屋が最初に作ったそうです。形こそちがうけれど、どら焼きはもともときんつばだったなんて・・・・・。しかし、きんつばというお菓子も存在するけれど、これはどんな流れて出来上がったのでしょう。(いつか調べてみます)



a0029889_18211358.jpg初回のどらやきの皮 も美味しかったのですが、更にソフトな生地を目指しレシピを探していたら、見つけました、絶品レシピ。
和菓子の【宇治駿河屋さん】のHPのもので、こちらのサイトは和菓子作りの基本から科学的な説明まで、素人にもとても分かりやすく説明されています。特に質問箱のコーナーは今まで持っていた疑問の答えがそこかしこに隠れていて、読んでいてもとても楽しい。

最初に焼きあがった生地をつまみ食いをしたら、あまりの美味しさに続けて3枚も食べてしまいました。(笑) 生地はキメが細かくとてもソフト。最初の泡立て方でソフト感もかわってくるみたいです。どらやきって必ず水分が欲しくなるのですが、こちらはしっとりしているのでそういうこともなくどんどん入っていきます。(←こわっ)でもとっても美味しいです。
<Note:レシピの材料で14枚焼ける。小1時間寝かせたあと、生地を上下混ぜてなじませる。油の良く回った厚手のフライパンでパンケーキの火加減で一枚ずつ焼く。>

※参考にしたどらやきのレシピは→こちら





かのこ…こちらはお正月に作ってアップしそびれたもの。
a0029889_18154416.jpg
おせち料理の栗きんとんの残り物で、回りに甘納豆をまぶして『かのこ』風にしました。
目先が変わるとまた美味しくいただけるものです。
a0029889_1839289.jpg

[PR]
by soleiljap | 2006-04-04 08:31 | ◆ Sweets | Trackback(2)
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/3431929
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from またたびダイアリ at 2006-04-05 11:23
タイトル : どら焼き
先日の粒あんで、どら焼きを作ることにする。 御菓子処・宇治駿河屋さんのレシピを参考にしてみた。 宇治駿河屋さん、どうもありがとうございました。 * A タマゴMサイズ 1コ(56g) グラニュー糖 56g 水あめ      5g ハチミツ    10g B 薄力粉 50g 強力粉 25g C 重曹 小さじ1/2(少量の水で溶く) みりん 22g Aを湯煎しつつ5~6分目に泡立て、よくふるったBをいれて さっくり混ぜる。Cを加えてボウルにラップをかけて室温で1時間おく。 1時間経ったら軽く...... more
Tracked from r_decoの発見! at 2006-04-08 22:21
タイトル : 作っちゃいました♪初どら焼き~!
いつもとっても素敵なBlogで楽しみにしているSoleilさんのところで紹介されていた”ふんわりどら焼き”を見てから、とっても作りたい気持ちがムクムク・・・。 で、早速チャンレンジしてみたら・・・・シイタケの行列!? 笑) 餡子があまり得意じゃなく、お羊羹は最近食べれるようになったけど1mm位に切って食べる位。でも、どら焼きの皮は好き♪鯛焼きも餡子少な目で皮が好き! 早速生地を作ってみると、味醂を最後に加えたからなのか「ふわ~ん」とどら焼の香りがしてきます♪ 1時間生地を寝かしてから焼...... more
<< 心揺さぶるもの 雑誌に掲載されました。 >>