<< ミニ パウンドケーキ型 Smoothy Classic... >>
Bavarois
a0029889_030831.jpg
blogを始めて6月で早2年になろうとしています。お陰で料理やお菓子のレパートリーが増え、さらに体重も増えました。(笑)

さて、この2年間のblogでレシピや体重以外に増えたもの。それはカタカナ!料理やお菓子に限らず海外から入ってきたものは数知れず、その時にぶつかるのがカタカナ表記。
外国語と日本語では、本来の発音形態も、それを表記する言語形態にもギャップがあるので中々簡単な問題ではないのですが、時々、こんな使い方をしていいのとか、またカタカナだけ読んでいると、何をさしているのかまったく分からないものがあったりしますよね。

今日紹介する『Bavarois』もそうです。これはフランス語ですが、アルファベットを追っていくと「バヴァロワ」。しかし多くのレシピ本には「ババロア」と記されています。私も疑問を持ちながら、マジョリティー(←出た)を優先してババロアと書いていましたが、頭のどこかで、違うんだよねとつぶやいているのも事実。

Bavaroisの記事を書きたいが為に前置きが長くなりましたが、これは喋り出すと長くなるテーマです。先日nasukaさんが「カタカナ語」について面白い記事を書いていらしたので、コメントの欄も合わせて是非ご覧下さい。

これから益々海外との関りが大きくなり、英語ばかりではなくフランス語やイタリア語、中国語、韓国語といったカタカナで表記する外国語が氾濫していていくのは周知のとおりです。へんてこな和製外国語や間違った表記をなるべく少なくしたいですね。(自戒も込めて)

さてそのBavarois、汗ばむ季節になると必ず作るデザートです。基本のレシピをアレンジしながら、アレンジがアレンジを呼んで、まったく違う味わいになる事もしばしば。きっとこれはどうにでも変えられるお菓子なのです。そういう意味でゼラチンで固めるお菓子は失敗が少ないので楽ですね。

まずはオレンジ・ソースをかけていただきました。これは昨日の子どものおやつです。
ソースはオレンジの絞り汁を暫く煮てコアントローをたらし、ちょっと大人の味にしました。最近オレンジをよく使うのですが、この香りはいつでも癒されます。

恒例の             『はい、あ~~~~ん♪♪』
a0029889_151992.jpg


そして、必ずお替わりをする息子。今回も 「お替りないの??」 と言ったので。



a0029889_1142445.jpg
キウイソースをかけました。フレッシュをつぶしてガムシロップと混ぜました。レモン汁が沢山入って甘酸っぱいです。息子はこちらのほうが気にいったよう。



a0029889_1252834.jpg
パリにいた頃、よく蚤の市に行って銀製品(小さいもの)を見つけては買っていました。どうしてもキッチンで使うものばかり集めていたような。このスプーンもそう。ソース用だと思うのですが、平べったくて片方(垂らす部分)が薄くなってて、液体がいい感じに落ちるのです。さすが食の国フランスです。


a0029889_12293480.jpg


***********************
またコメント欄を再開します。お返事が遅くなるとおもいますが、気長にお待ち下さい。
また皆さまのところへも中々伺えずにいます。こちらもゆっくりになると思いますが宜しくお願いします。
[PR]
by soleiljap | 2006-05-30 14:34 | ◆ Sweets | Trackback
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/3670995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ミニ パウンドケーキ型 Smoothy Classic... >>