<< ガトー・ショコラのセミ・フレッド リベンジのマカロン >>
抹茶のマカロン
a0029889_18165022.jpg
連日のサッカー観戦で寝不足です。

さて、お待たせした魅惑のマカロン特集もいよいよ最後となりました。トップ画像のマカロン、ツヤツヤの肌(マカロンリス)に美しい足(ピエ)。私自身はかなり満足しているのですが。

アーモンドプードルと粉砂糖、そして卵白、たった3つの材料で作るマカロンは、単純な材料だからこそ腕が試されるのかもしれません。久々に材料を量る目も真剣でした。
思い起こせば、初めて焼いた時、それは“マカロン・パリジャン”なんて代物ではなく、”マカロン・イナカッペ”でした。(笑うな~) お陰で、家族のおやつは連日マカロンでした。もう食べたくないといわれた矢先、理想のマカロンが出来たのでした。

a0029889_18495684.jpgリス(ツヤ)とピエ(足)の問題は前回お話したように、メレンゲを適度に打ち消す事で生まれるのですが、最初だとこれがまた加減がわからない。しかし、何度か繰り返すうちに見えてくる。だんだんとコツが掴めてくるのですね。 理屈では、「ゴムべラから生地を落として線がのこるくらい」なのですが、こればかりは何度も作りながら自分で見つけていくしかないようです。

今回は生地を焼くことに専念したので、ずっと中身はいれてなかったのですが、次回はクリームかジャムを挟んでみたいです。でも正直、暫くはマカロンは食べたくないわ。
[PR]
by soleiljap | 2006-06-16 01:07 | ◆ Sweets | Trackback
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/3730260
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< ガトー・ショコラのセミ・フレッド リベンジのマカロン >>