<< お久しぶりです。 ウェルシュ・ケーキ (Wels... >>
暑中お見舞い申し上げます。
a0029889_1232193.jpg
毎日暑い日が続きますね。皆様お元気ですか。あまりの暑さに梅雨はまだ明けていませんが、暑中お見舞いです。最近バタバタしていて更新が滞っています。少し前に焼いたマーブルシフォンを待機させていましたが、この暑さでタイミングを逸してしまいました。

最近出かけることが多く、連日の亜熱帯気候のような湿度と暑さに、南国で生まれ育った私でさえ、コンクリートの上をしばらく歩いているだけでバテそうです。
こんな暑い日に外で小さいお子さんの姿を見かけると思い出すことがあります。息子が小さい頃、夏の猛暑にベビーカーに乗せて炎天下をしばらく歩いた時、ぐずりだしたことがあります。最初はぐずっている理由がわかりませんでした。それが暑さのせいだと分かったのは、その夜のニュース。
ホロの付いたバギー、日陰を作っていても地面から一番近い位置に座っている子どもにとって、コンクリートの照り返しは大人以上に暑いのです。ただでさえ体温の高い赤ちゃん、大人が想像している以上に暑かっただろうと思います。小さいお子さんをおもちのお母様、お子さんへの水分補給と日射対策で暑さを乗りきってくださいね。

遠くで蝉も泣き出しました。夏祭りの練習でしょうか太鼓の音も。 いよいよ夏も本番!
皆様、どうぞお疲れになりませんよう、お身体ご自愛くださいませ。

※画像は以前も載せた事がある、タスマニアの写真。
******************
※暑中見舞いを出す時期・・・梅雨が明けて8月の立秋(今年は8/8)前の土用の期間。
【2006年の土用の入り…7/20  明け…8/7】
ちなみに残暑見舞いを出す時期は、立秋を過ぎてから8月中に。
(おまけ)お中元は7月始め~土用の入り前までに。それ以降に出す場合は『暑中見舞い』『残暑見舞い』として贈る。
[PR]
by soleiljap | 2006-07-14 16:22 | *ご挨拶&お知らせ
<< お久しぶりです。 ウェルシュ・ケーキ (Wels... >>