<< かぼちゃ饅頭 ランチの後は コーヒー マーブ... >>
2層ババロアの謎
a0029889_1953797.jpg
二層のババロア。本来ならゼリーとババロアを時間差で固めるのが正統な作り方。
しかし、今回は同時に作って自然に層をだそうと思ったものだから、結果何度も作るはめに。

ババロアは、アングレーズソースに泡立てた生クリームを加え、ゼラチンで固めるお菓子。あのふわっとした滑らかな舌触りは、アングレーズソースをトロミが出るまで、鍋底を水にあてながら冷まし、そこに7分立ての生クリームを加える。二つを同じくらいの濃度にして合わせることが、滑らかなババロアを作るコツなのだけれど、ただ性急に合わせてしまうと分離してしまう。

今回も同時に流して層を作りたく、その性急な混ぜ合わせに挑戦してみた。
花びらにしっかりと半透明なオレンジのゼリーが沈むはずだったけれど、二層に綺麗に分かれてくれない。縞模様に剥がれたようなババロアの線がはいる。何故だろう。

分かりました!同時に流して綺麗な層になるのには、そもそも作り方も、また材料も違っていたのです。こちらの作り方、簡単であっという間にできてしまうから嬉しい。




全卵を使うオレンジジュースのババロア(ゼリー?)
a0029889_12193763.jpg
ほら、こんなに綺麗に分かれました。味はオレンジの爽やかさとミルクのまろやかさがあいまって簡単な割には中々美味。

今回、このレシピをみて驚いたのが、全卵を使うこと。ババロアは卵黄を使いアングレーズソースをつくるのですが、こちらは全卵を混ぜ込むのです。卵がミルクを抱え込んで分離させるのでしょうか、お菓子つくりの不思議、まさに科学ですね。(理論が分からないのが悔しい)
ババロアというより、パンナコッタのような気もしますが、ババロア素材で綺麗な層を作るためには、手間を惜しまず二種類作って時間差で固めることですね。急がば回れ!!

a0029889_11492080.jpg【材料】※1000ccほど出来ます。
・生クリーム・・・200cc
・牛乳・・・200cc
・100%果汁のジュース(オレンジ)・・・500cc
・砂糖・・・70g(お子様にはもう少し増やして)
・全卵(新鮮)・・・1個
・板ゼラチン(1.5g/1枚)・・・11枚 (やわらかめ=10枚)
・コアントロー・・・大さじ1

【作り方】
①ゼラチンを水につけてふやかす。
②ボールに卵を入れときほぐし、生クリーム、牛乳を加え混ぜる。
③オレンジジュースと砂糖を鍋に入れ、鍋肌に沸騰が見えたら火を止める。
④③に水気を絞ったゼラチンを入れ溶かし、②を加え、よく混ぜる。コアントローも加える。
⑤型に流し込み、しばらくそのままで冷まし、冷蔵庫に入れ冷やし固める。(半日以上)
[PR]
by soleiljap | 2006-09-09 23:50 | ◆ Sweets | Trackback
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/4254625
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< かぼちゃ饅頭 ランチの後は コーヒー マーブ... >>