<< とても逢いたかった人たち 十六夜に聴いたクラシックと富士山 >>
『あまんだれ』 ってご存知ですか?
いつも美味しい物を届けてくださるご近所のK氏が、ご実家の新潟から届いたという、珍しいきのこを持ってきてくださった。

a0029889_11431265.jpgその名は“あまんだれ”。
 はじめて聞く名前に、急いで新聞紙を開いて現れたのがこちら。
いしずきが長くて笠がひらぺったい、なめこを大きくしたような形である。封を開けた瞬間、湿った独特なきのこの香りが広がる。

検索してみると「ナラタケ」というきのこで、“あまんだれ”とは新潟(妻有)地方の呼び名らしく、他の地方によっては「くずれ」「もとあし」「もぐら」とそれぞれの呼び方があるそうな。
同じものでも、その土地どちで呼び名も変わり、調理方法、味付けも少しずつ違ってくる。食べ物って本当に奥が深い。

さて、その調理方法も丁寧に教えてくださった。
軽く水洗いして塩水に1~2時間つける。→ 沸騰したお湯に塩を少々入れ、さっと茹でる。→ 水気をとったあと油で炒める。
お醤油じたてのスープに入れると美味しいという事なので、さっそく、昨夜けんちん汁を作り、油で炒めた”あまんだれ”を入れてみた。

a0029889_21215828.jpg
栽培が出来ないらしく(検索によると)、野生のきのこのしっかりとした出汁がでて、とても深い味。大きなお鍋に沢山つくったのですが、みんなお替わりしていました。夫は夜中にも食べていたみたい。(朝お鍋が空になっていた)

Kさん、今回もとっても美味しかったです。いつも珍しいものをありがとうございます。(以前アップした珍しいもの→こちら

*********************************
追記: 皆さんのお住まいの所では?

koroさん(下北半島) → 「さもだし」 「ぼりぼり」 「はばきだけ」
mikiさん(故郷岩手)  → 「ぼりめき」

と教えて下さいました。
[PR]
by soleiljap | 2006-10-12 10:37 | Trackback(3)
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/4481616
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from まさかり半島日記 at 2006-10-12 14:36
タイトル : きのこきのこ
久々大画面で失礼します^^; このきのこ「さくらしめじ」と言いますが、この辺りでは「のどや」と呼ばれています。 「兵隊きのこ」と呼ぶ人もいるそうです。 それは一本生えてると、その後にチョンチョンと兵隊さんのように列をなして生えているからとか。 日曜に、今年初めて家人が採ってきたきのこでした。 夕方間近の時間だったので、家の中で撮ったら、色がいまいちピンときませんでした。 なので急いで外で撮りました。 う~ん、自然の秋色は素敵ですね!!! と言うわけで、大画面upです♪ このきのこ...... more
Tracked from まさかり半島日記 at 2006-10-12 14:38
タイトル : さもだしの味噌汁
今日は一日雨でした。 九州は記録的な暑さだったみたいですが、こちらもそんな気温は下がってないです。さっき外に出たのですが、半袖でも寒くなかったですよ。 夕方「さもだし」を頂きました。ならたけが学名らしいですが、ここでは「さもだし」「ぼりぼり」「はばきだけ」と呼ばれることが多いです。 今日頂いたのは、小さくて可愛いさもだしでした。 早速味噌汁に。 出し汁でさもだしが煮えた頃に、大根おろしと茗荷を入れました。 こんな味噌汁、食べさせたいな… この他には、さもだしに大根菜っ葉を茹で...... more
Tracked from まさかり半島日記 at 2006-10-12 14:39
タイトル : 品川汁です!
変った名前でしょう?このいわれは二つ有ります。 これをどうぞ。 そして作り方は少し違うのですが、「青森県の食の伝承隊」に記載されているのはこれです。 これに絶対欠かせないものは、ならたけの塩漬けです。食べたいと思っていたけど、この塩漬けが無くて作れなかったのですが、先日いとこが持ってきてくれました。 昨秋収穫したものを茹でて、塩漬けしたものです。それを塩抜きして使うのですが、もらったのは既に塩抜きしてあったので、すぐ作ることが出来ました。 これです。 このきのこ、この辺りでは「ぼりぼり...... more
<< とても逢いたかった人たち 十六夜に聴いたクラシックと富士山 >>