<< Macarons au Cafe Macarons au Cho... >>
節分といえば
a0029889_10234388.jpg節分といえば豆まき。我家(実家)では昔から伝わる豆まきがあります。

お正月もおわる頃、母がせっせと小銭を集めだします。
殻付きのピーナッツの大袋が準備されると、いよいよ決戦の日。夕食後、すっかり家具類が隅に寄せられた居間に、ズボンに腕まくりスタイルで三姉妹が集結。母が大量の小銭と殻付きのピーナッツが入った大ザルを家長である父に渡すと、決戦の火蓋は切られます。

いいですかー、という父の合図で電気が消されます。「鬼は外ーーー!!」の掛け声といっしょに最初の豆(いやお金)がまかれると、暗闇の中ではものすごい地響きと奇声がいっせいに沸き起こります。と同時に何事がおこったかと吠えまくる愛犬(ロッキー)の声。(爆)

暗闇の中で、鼻息も荒くザクザクとお金を手繰り寄せる音。

「お父さん、こっちにまいてーーー!!」
「いたいっ!!」
「もー!ピーナッツばっかりダー」

うら若き乙女たちの奇声と、大笑いする父と母。そして、うろたえ、吠え続ける犬。(笑) ザルの中身がなくなるまで、この戦いは続きます。

戦いも終わり電気をつけると、髪振り乱し、息絶え絶えの女たちがお金を両腕で囲んでうずくっまっている。あぁオソロシヤ~(笑) そこら中に破けて潰されたピーナッツの残骸がちらばって。それはそれは恐ろしくも楽しい豆まき。あれだけ大笑いすれば鬼も退散すると言う訳で、この面白すぎる行事は私達が成人しても続いたのです(笑)。嫁入り前の娘3人、誰にも見せられない光景だったにちがいありません。

a0029889_12365817.jpg我家の豆まきも子供たちが小さい頃は手作りの鬼のお面をかぶり豆まきしていたのですが、最近はかぶりものなしの、お掃除しないで済むように、殻つきビーナッツを部屋とバルコニーに皆でおとなしくまいています。いつか実家風豆まきもしたいなと思いつつ年月だけが過ぎてしまいました。

さてもう一つ、豆まきといえば恵方巻き。と一部世間では言われていますが、みえみえの商業ベースに乗せられたくない私はどうもなじめません。
その年の恵方を向いて、立ったまま無言で一気に丸かじりなんて身体によくないと思います。(笑) でも夫は面白そうといってやりたがります。

皆で頂く巻き寿司もいいのですが、今日はいなり寿司を作りました。


もう一年が過ぎてしまいましたが、私の大好きなblog“takakodeli”のtakakoさんが紹介してくださった “柚子れんこんのいなり寿司”。お正月に使った柚子が冷蔵庫に2個残っていたのでさっそく作ることに。

我家の定番稲荷も甘酢に漬けた蓮根とたっぷりの炒り胡麻を加えて作るのですが、それに柚子を加えたもの。イメージするだけで爽やかな香りと味わいが口の中に広がってきそうでしょう。

a0029889_12502124.jpg
正にイメージ通り、ほんのり柚子が香って極細の千切り柚子皮もアクセントになって、とても美味しかったです。大好評でした。  レシピは→こちら
追記:もう少し厚めに切ると、柚子の香り豊かなお正月の酢れんこんに使えそうです。




a0029889_9222890.jpgそして今年の節分はもう一つのスペシャルな日でもありました。本日、結納を済ませた姪っ子(義理の姉の子)が式を終えて、家族で幸せな姿を見せにきてくれました。
初々しい訪問着姿、可愛かったです。
a0029889_9225131.jpg

おめでたい日。柚子れんこんいなりの他にいつものセイロで蒸すお赤飯でお迎えしました。鯛は塩釜焼きにする予定が時間がなくなり塩焼き。菜の花も出まわってきましたね。こちらはおひたしに。茶碗蒸し唐揚げ、そして、お刺身の盛り合わせ
a0029889_13375189.jpg

[PR]
by soleiljap | 2007-02-03 23:13 | ◆ Party | Trackback
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/5074214
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Macarons au Cafe Macarons au Cho... >>