<< 夏休みの冷たいデザート 残暑お見舞い申し上げます。 >>
息子の料理
本文の前に。
連日、悲鳴がでそうな暑さですが、地球はもっと悲鳴をあげています。
アメリカの元副大統領、アル・ゴア氏が温暖化の危機を訴えるドキュメンタリー映画「不都合な真実」をご存知ですか。
今朝の新聞(毎日)に、北極の氷の減少についての記事が1面に載っていましたね。温暖化で地球の自然体系は確実に変化しています。温暖化が引き起こす問題を目の当たりにする度に、夫と「このまま行くと、子ども達の時代は大変なことになっているよ」と話します。

でも、ゴア氏が言っています。
しかし、私たちが日々の暮らしの中で小さな努力を重ねることで、地球を変えていける。それぞれの問題は日常生活の中でつながっており、車の排気ガスを減らしたり、自然エネルギーを取り入れることで、事態は確実に改善されていく。
不都合な真実 about the film~Introduction 1~より>
と。

子ども達の未来のためにエコしようね!(このところの猛暑に危機感を感じています。)そう言えば今年の冬にも。
a0029889_15232096.jpg
ここからが本文。
最近、息子がよく料理を作る。
先日、仕事が遅くなりそうだったので、出かける前に息子に 
「カレーの材料あるから、カレー作っててね」 と言って出かけた。
夕方、部活から帰ってきた娘がオフィスに電話をかけてきた。
「今、お兄ちゃんがカレー作ってるんだけど、私、サラダつくるね。ママ、今忙しい? ドレッシングのレシピ教えて欲しいんだけど。」
電話口でドレッシングの配合を言うと、必死でメモをとっていた娘。

帰宅すると、テーブルは綺麗にセッティングされ、あとは盛り付けるだけになっていた。二人とも、ありがとう。とっても美味しかったよ!!

画像のゴーヤチャンプルは夏休み2回目の料理。
早くから興味を示した娘とは対極に、作るほうにはまったく興味を示さなかった彼、包丁の使い方からスタートでした(笑)。

ゴーヤを斜に切るのに、「こういう場合、包丁って押すんだっけ、引くんだったけ?」
やっと切り終えた彼が 「指に“包丁ダコ”ができてる?!」 私に指を見せた。


この日のメニューはマグロ丼、出汁巻き卵、ゴーヤチャンプル、お吸い物。酢飯もゴーヤチャンプルも卵焼きも、実家の母から伝わる味。懐かしい(私が子どもの頃の)話を交えながらの料理。普段の数倍のコミュニケーション、楽しくないはずがないですよね。


高校の友人宅へ泊まりに行くと、皆でキッチンに入って夕食を作るらしく、息子曰く、『俺以外みんな上手いんだ』 と言っていました。そんな事が影響してか、料理を覚えたいと思ったのでしょうか。

その後も、手伝える日は夕食のメニューを聞いてきて、自分が作りたい料理は率先して手伝ってくれます。(お買い物も自ら行ってくれるのよね、、、反抗期脱出かな・・・)
[PR]
by soleiljap | 2007-08-17 17:51 | ◆ 料  理 | Trackback
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/6008341
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 夏休みの冷たいデザート 残暑お見舞い申し上げます。 >>