<< 信なくば立たず。  思いっきり遊んだ後は >>
喜寿のお祝い♪
今回の鹿児島への里帰りにはある目的がありました。
a0029889_20532428.jpg

a0029889_20484114.jpg
それは、9月に77歳なる母の喜寿のお祝いを皆で計画していたのです。
この日は夫も夕方の便で東京から鹿児島入り、向った先は、薩摩藩 第29代藩主 忠義の父、島津久光公の別邸で今は結婚式場(レストランも利用できる)として利用されている“マナーハウス島津重富荘”です。
築150年という古い歴史ある建物は、数年前、一部改築が入り、古典と近代が融合した落ち着いた雰囲気で日本庭園から望む桜島も、その雄大さに感動します。

今回の喜寿のお祝いには主賓の母、姉妹三人、孫5人、お婿様2名、そして家族のようにお付き合いしているM夫妻の総勢13名、それはそれは和気藹々とした楽しいお祝いの会になりました。
a0029889_20501042.jpg
主賓の母、ピースサイン♪

a0029889_20591311.jpg
孫5人からの花束贈呈。おばあちゃん、おめでとう♪


a0029889_3315914.jpg
♪ハッピ~バ~スデ~おばあちゃん~~♪♪みんなで大合唱♪


a0029889_211185.jpg小3の孫のちゅ~におばあちゃんの顔もゆるゆる~

a0029889_0393157.jpg

a0029889_053517.jpg
男三人のちゅーにはおばあちゃんもビックリ!心臓に悪かったかも。(笑)




a0029889_0454679.jpg
中庭からみた建物。この奥の部屋で食事をする。
a0029889_0404454.jpg
この部屋は当時何に使われていたのでしょう。レトロな空気いっぱいの個室「段の間」は、壁の掛け軸や屏風、障子や廊下まで全て当時のまま。落ち着いた雰囲気でとても心地よかったです。

a0029889_2253425.jpg
奥のテーブルは子ども達+妹。こちらは主賓の母とMさん夫妻と私たち。M氏は鹿児島大学の先生(教授)。初めてお会いした時からウン十年、ずーっと変らない方々です。(ほんと素敵)
お料理は、一品一品丁寧に説明をして下さいました。お箸でもいただけるという心配りも嬉しい。こちらのお料理は定番のソースや素材でいただくアカデミックなフレンチとは違い、料理長のオリジナルの創作フレンチで、いただくもの全て未知のお味。初めて聞く素材にスタッフの説明に毎回目と耳が離せない。(コリンキー、パティパン、エスプーマ・・・・等など聞いたことあります?・・・)
食べている時以外は、みんなよく喋る喋る!↑の名前は何度スタッフの方に聞いたでしょう。覚えられなくて、、(笑) 

ちなみにこちらのレストランは「料理の鉄人」坂井宏行氏のプロデュースで、総料理長は、坂井氏の弟子だった宮元伸一郎氏。地元の食材を使って気取らない、でも上品なお味は全て大満足。自家製のパンも忘れられない美味しさ。オリジナルのデザート、ケーキは勿論専属パティシエの最高のお味!!




※お料理はメモしてないので画像だけ。順番に載せます。
a0029889_111271.jpg

a0029889_1115493.jpg

a0029889_1122844.jpg

a0029889_1124769.jpg

a0029889_113024.jpg

a0029889_1132055.jpg

a0029889_1135577.jpg

a0029889_114243.jpg

a0029889_310264.jpg


a0029889_115630.jpg

a0029889_1234510.jpg
突然予定外のデコレーションケーキに皆びっくり♪レストラン側の心遣いに感激!
a0029889_1152370.jpg
最後まで全て美味しかったです!また是非来たいです。


a0029889_050348.jpg
最後に母の挨拶。


a0029889_2191776.jpg
お開き♪今日はみんなお腹も心も大大大満足!

今から丁度7年前、父の喜寿のお祝いも同じ顔ぶれでした。7歳違いの父と母はその時一緒に母の古稀のお祝いもしました。
あれから7年、子ども達はみんな大きくなって、大人達はみんな年取って、そして何より母も元気でこの日を迎えることができました。今年、父はいませんでしたが、天国からきっとニコニコ笑いながら見ていてくれたはずです。

お母さん、これからもずーっと元気でいてくださいね。そして、この世でご縁あって家族になれたみんな、これからも笑顔を絶やさず日々を楽しく大事に過ごしましょうねー♪よろしく~!
[PR]
by soleiljap | 2007-09-10 00:34 | ◆ Party | Trackback
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/6121623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 信なくば立たず。  思いっきり遊んだ後は >>