<< もっと喋りたかったオフの日 喜寿のお祝い♪ >>
信なくば立たず。 

信なくば立たず。               

論語の顔淵第十二章。

国民が政治家を信頼する気持ちがなくなったら国は滅びる。
中国で2500年前に書かれた論語は、時代を超えてもなお生きています。

安倍首相の辞任の話題でマスメディアはどこもかしこもいっぱい。好き嫌いは別として、自民党惨敗にも屈せず、続投を訴えた安倍首相に「よう言った、頑張れ!」と応援していた。今更、この時期にこんな形で?!という気持ちである。腹がたつより情けない!!
やるべき事は山積しているのに、肝心の政治が見えてこない。これだけ沢山の議員がいるのに国民の為に政治をやっている人間が見えない。
党利党略はもういい!派閥を超えてこの国を立てなおすべき。

blogにはマイナスの事は書きたくないと思っていたのですが、今回は書きます。
どんな状況にしろ、絶対弱音を吐かない。リーダーに求められる最低の条件。
[PR]
by soleiljap | 2007-09-13 08:56 | Trackback
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/6158989
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< もっと喋りたかったオフの日 喜寿のお祝い♪ >>