<< 私たちが住む“青い地球” 静かな夜に >>
タルト・タタン

a0029889_10113178.jpg
先日、タルト・タタンを2回焼いたという話しをしましたが、このお菓子は一筋縄じゃいかないお菓子という事がわかりました。これからまた暫くタルトタタンの日が続きそう。(笑)

まず、焼き上げるタイミングが難しいですね。表面をキャラメル色に仕上げて、中身は丁度いい火の通りといった状態は、何度か作るうちに分かるものかなと。
1回目の林檎がかなりやわらかくなったので、2回目はフライパンでカラメルをつくり林檎を最初に飴色にソテーしてからマンケ型に入れ、オーブンで焼きました。
甘さは2回目にかなりお砂糖を減らしていい感じになりました。ただ、減らしすぎるとキャラル色になりづらいという問題もあります。
↑は2回目の画像ですが、表面のキャラメル色を見たいですよね。しかし、この後に問題がおきてしまいました。林檎に隙間ができて、ひっくり返した時にまとまらなかったのです。林檎をしっかり詰めていくのも大事なポイントでしたね。
a0029889_10114771.jpg
今回、台にもこだわってみました。いろいろレシピを見ましたが、練りパイ生地、折りパイ生地、市販のパイを使ったものもありました。
両方つくりましたが、私は折りパイ生地のほうが好みかな。まったりとした林檎の食感にはサクサクの層になった生地が合うような気がします。

画像はオーブンにいれて15分ほど焼いて膨らんだ所で軽く重しをかけて、更に焼いたものです。食べるとサクサクと音がします。

a0029889_10162238.jpg
こちらが1回目に作ったもの。ネットで見つけたレシピだったのですが、砂糖の量が多すぎたようで、家族全員から「相当甘い」の声。
林檎も皮をむいたものをそのまま型にいれて最初からオーブンで焼いていきました。キャラメリゼに時間がかかり、出来あがった時は林檎がジャムのようにクタクタ状態でした。

取り合えず、3回目も焼きます。(その為にりんごも買ってあるし) 改善すべきところを次に繋げなければ納得いくものは作れない。(笑)
[PR]
by soleiljap | 2007-11-14 01:42 | ◆ Sweets | Trackback(3)
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/6432486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from inariwan's b.. at 2007-11-14 07:39
タイトル : 焦げこげTarte Tatin(タルトタタン)
peauさんのTarte TatinにTB! 紅玉をたくさん手に入れたので、peauさんにレシピを教えてもらって、家内が作りました。 peauさん!レシピをありがとう! だけどねぇ… やっぱり焦げた…orz 気をつけてはいたらしいんだけど… (t酔っ払って写真を撮ったので、WBも露出も少し変です) 美味い!美味い!美味い! ちょっとカラメルが焦げた感じの苦味があるけど、気にしない! これは皿にあける前。 みんなで夕食後のデザートに。 ランニング・ヒロシはあ...... more
Tracked from Azumi'sDiary at 2007-11-15 13:49
タイトル : やっと成功(汗) タルトタタン♪
ここ数年、紅玉が出回ると必ず作っていたタルトタタン。 フランスのマドモアゼル・タタンが型に生地を敷かずにリンゴを入れたため、慌てて上からタルト生地を乗せて焼いたところ、すっごく美味しいタルトが出来たという面白いエピソードが伝えられているこのタルト。簡単そうに見えて、案外難しいんです。 今まで何度も作ったのですが上手くいった試しがなかったのです。 キャラメルが焦げすぎたり、りんごが煮崩れたり・・・・ 今年も紅玉の季節到来! 先日、VIRONのカフェで食べたタルトタタンが美味しかったので...... more
Tracked from Ricette the .. at 2007-11-22 08:21
タイトル : タルトタタン♪
「食卓から愛をこめて」のsoleilさんが3回目にチャレンジ、なお完璧を目指して挑戦され続け、 「Azumi's Diary」のAzumiさんに、「やっと(!)成功」と言わしめるタルトタタン。 タルトタタンとは、フランスのタタン姉妹がりんごのタルトを作っているときに 慌ててりんごと生地を逆にして焼いてしまい、ひっくり返した。 これが美味しくて評判となり、この名がついたと言われ、 アメリカではアップサイドダウンケーキと呼ばれています。 以前、料理教室でご紹介したタルトタタン。 「簡...... more
<< 私たちが住む“青い地球” 静かな夜に >>