<< Christmas is co... パドヴァ・トリオ コンサート@... >>
錦秋の京都
a0029889_11554379.jpg
可愛い姪っ子の結婚式のため、一泊2日京都へ行ってきました。

錦繍彩なす京都の秋を期待したのですが、紅葉にはやはり少し早かったようです。

今回時間がなく、京都到着後、ホテルから歩いて八坂神社、丸山公園、近辺のお寺を巡りながら清水寺への散策へでたのですが、予想以上の人出で、最後の坂では地面が見えないほどの混雑。牛歩のごとく止まっては少し動き、また止まっては数歩あるくという状態で、清水寺は手前で断念。 その後、四条通りでお買い物でもと考えていたのですが、ここも人人人。

やはり、紅葉は清貧な空気の中で世俗をはなれた静かなお寺でゆっくりみるのが理想ですね。と言っても、今そのような場所があるのかな?

翌日乗ったタクシーの運転手さんの話しだと、ここ数年で紅葉の色が変わってきたそうです。穴場だった場所も、人でいっぱいだとおっしゃっていました。インターネットやTVの情報の影響でどっと人が押し寄せるのでしょう。加えて、自然の生態形の変化という悲しい現実も忘れてはいけません。日本の情緒は確実に人間の手で削がれていっていますね。

次回は連休をはずして人出のない時に来たいね、と夫とも話しました。
画像は枝垂れ桜で有名な丸山公園のもみじ。

a0029889_11585350.jpg
そして、今回の京都のメインである結婚式。抜けるような青い空に小春日和の本当に素晴らしいお天気で、式は世界遺産の上加茂神社でとりおこなわれました。

青空に真っ白の綿帽子。紋付袴の新郎が持つ朱の唐傘。紅葉をくぐりながら見渡す歴史ある建造物の数々。お留守番の子ども達にも見せたかったです(娘は期末の真っ只中でした)。
スラッとして、美人さんのTちゃんの花嫁姿はとても美しかったです。(感涙) 背の高いSさんの紋付袴も素敵。
お式の後は、料亭「あと村」で両家の親、兄弟夫婦家族だけの30名ほどの披露宴。新郎、新婦の人柄を表す本当に素敵な宴でした。幸せのお裾分けをいっぱいいただきました。ありがとう♪
大坂に嫁ぐTちゃん。これからお二人で末永くお幸せに♪
a0029889_11414653.jpg




a0029889_1157840.jpg着物は、深い茶の色留(一つ紋)を着ました。(姿は適当な写真がなかった)
今回の結婚式で新たに気付いたことは、今まで(式の参列は九州、東京がほとんど)、黒留は新郎新婦の母親が着るものとばかり思っていましたが、今回、新郎側の既婚の女性の方は皆さん黒留を着ていらっしゃいました。地方によって違うんですね。
あまり出番のない黒留と思っていましたが、何度も着ることができそうですね。
まだ、黒留をつくっていない私、そろそろ考えないと・・・ でもその前にもう一枚、色留めが欲しい・・・(!)
[PR]
by soleiljap | 2007-11-27 11:51 | ◇ きもの熱 | Trackback
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/6494020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< Christmas is co... パドヴァ・トリオ コンサート@... >>