<< お正月のおもてなし ~おせち料... 謹賀新年 >>
2008年元旦のおせち

a0029889_20462947.jpg
お正月用に活けた花、大晦日にはまだ蕾んでいた梅の花が、今朝ぽんと弾けるように3輪開いていました。夕方には更に3輪。富士山を望み、梅を愛で、家族でおせちをいただく。元旦の小さな幸せ。

a0029889_20461759.jpg
2008年のおせちもいつもと変わらぬ手作りです。今年はちょっと趣向をかえて、一人ずつプレートに寄せ盛りにしました。2日にお客様がみえるので、お重にはその時に盛り付ける予定。
いつも手作りする伊達巻は今年は買いました。やはり市販のものは甘いですね。夫が、黒豆より、栗きんとんより伊達巻が一番甘かったと申しておりました。

家族いわく、今年のおせちは例年になく美味しかったそうです。(嬉) 
多分、その理由は二つ。
一つは、最初から元旦は寄せ盛りにするつもりだったので、ぶりの照り焼きと八幡巻きは食べる直前に調理。なんといっても焼き物は作ってすぐが美味しいです。

二つ目は、素材もですが、今年はお醤油が違うんです。暮れにいただいたお醤油のおかげだと思うのです。
食通で美食家の友人が、無添加、無着色のお醤油をくださり(一升瓶3本)、おせち料理から使い始めました。いつも作るぶりの照り焼きやおすまし(お雑煮)、昆布巻きにも味の違いがはっきり。素材の味を消さないやさしい上品な味です。無添加なので開封後は冷蔵保存。
頂いたお醤油で、お餅を磯辺焼きにしたのですが、これがまた美味しい!
ちなみに、お餅は新潟の食通の友人にいただいたもの。あまりの美味しさに続けて2個食べてしまいました。
美食家のお二人様、いつもいつもありがとうございます。

a0029889_21483582.jpg
太陽の光がかなり強いでしょう。食べ始めたのがお昼の1時過ぎでしたから。(笑) 
昨夜、みんな寝たのが夜中の2時~3時。例年は元旦の朝、おせちを食べてから初詣に出かけるのですが、今年は除夜の鐘がなる頃行こうということになり、年がかわる少し前に初詣に出かけました。
息子は親友と出かけるからと少し早めに出たのですが、神社の境内で参拝の列の私たちの数人前に並んでいました。

恒例のおみくじ。引く前に、今年は凶がでても真摯に受け止め、おみくじのハシゴはしないことを約束し(させ)、いっせいに開封。
娘が大吉、あとは息子のお友達もみんな吉でした。(ほっ) 

a0029889_21485374.jpga0029889_2149621.jpg
お雑煮は少し食べた後、写真を撮るのを忘れたことに気づきあわてて撮る。筑前煮はサヤインゲンを散らすのを忘れる。
お雑煮のお餅は、以前どっちの料理ショーにでたという、お煎餅屋さんのお餅を入れました。これも絶品!お雑煮のお餅二個食べた人! ( ̄ ^ ̄)ノ ハイ (ホントは3個よ)
[PR]
by soleiljap | 2008-01-01 23:18 | ◆ おせち料理 | Trackback
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/6629566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< お正月のおもてなし ~おせち料... 謹賀新年 >>