<< 1月11は鏡開きの日  ※追記あり 軽井沢スキー 足跡編 >>
軽井沢 白糸の滝
a0029889_1031788.jpgチェックアウトを済ますと、いつも、もっと滑りたい夫は嬬恋のスキー場へ行こうと言い出す。
今回は子どもたちも大きくなり付き添いがなかった分、本人も子どもたちも十分滑ったという思いがあるからか(いや、年のせいか?笑)、「嬬恋」の二文字は出てきませんでした。

時間もあるし、白糸の滝へ寄ることに。
北軽から市街地へ抜ける「白糸ハイランドウェイ」(有料)の途中にある「白糸の滝」。以前、訪れた時は道路に出店などなかったのに、今回は観光客目当てのお店が数件建っていました。

露店の焼き鳥屋さんから、大音量で演歌が流れていたのにはがっかり。訪れる全ての人が演歌を好きなわけはなく、静かな景色に大音量の演歌。どうにかしてほしい!


a0029889_10351880.jpg
軽井沢は駅周辺と北のほうでは雪の量が違います。30分も走らないうちに、景色から雪がなくなります。
ここは北に位置する場所。車を置いて雪景色を堪能しながら歩いて滝へ向かいます。(画像は帰り道)

a0029889_10322078.jpg
白糸の滝はその名の通り、山に蓄えられた水が岩肌から細い糸状になって幾重にもその筋をつくって流れ出ている静かな滝。高さは3メートル、幅は70メートルほどですが、湾曲になっているので見る角度で表情が変わります。

a0029889_10342226.jpg

a0029889_11181685.jpg
気温は氷点下、氷になっている部分も見られ、さぞ水も冷たいかなと思いきや、ぬるいという印象でした。
(※追記:水は伏流水(=地中で自然のろ過が行われている)なので、温度が一定で濁りがないそうです。)
白糸の滝を後にした私たち、一度も行った事がない「アウトレットショップ」に寄りましたが、大自然の中で物欲は遥か遠くに押しやられ、というか目的がないので、建物をひと通り見ただけでそそくさと出てきました。

今回の2泊3日のスキー旅行は大自然のなかで思いっきり身体を動かして、美しいものを見て触れて心身ともにリフレッシュできた旅でした。怒涛の年末年始も滞りなく終え、また新しい年に向かって気持ちよく前進できそうです。
楽しい旅行をアレンジしてくれたパパありがとね。

***************************
※関連記事  【お正月スキー】 ・ 【軽井沢スキー 足跡編】
[PR]
by soleiljap | 2008-01-10 13:15 | ◇ 風 景
<< 1月11は鏡開きの日  ※追記あり 軽井沢スキー 足跡編 >>