<< 黄色が咲いた♪ 梅雨の楽しみ >>
ウエルシュ・ケーキ

a0029889_107075.jpg
とある日曜日の朝、久々にウエルシュ・ケーキを焼く。フライパンで焼けるお手軽ケーキである。
型で生地を抜いたところで、オットの、今日は午後から雨が降るよ、の言葉に反応。
いつもは日曜日のジョギングはのんびりスタート(走らない場合もあり)。しかし、雨と聞くと、走らねばと脅迫観念にかられるから困ったもんだ。

この日はオットも走ると言い出した。普段はジム派の彼。ランニングマシーンの上を1時間ただひたすら走るのを苦ともしない。
アウトドア派の私は、風を感じ、風景を楽しみながら汗をかくから心も身体もリフレッシュすると思っている。モルモットのようにベルトの上をひたすら壁を相手に走るなど私には無理。我がオット、これが15年以上続いているからスゴイ。

いつものように最初は速歩でスタート。ほどなく横についていた夫が、これは時速7.5キロだなーと言った。
(へーそうなんだ) 
少しペースダウン。すると今度は、これは時速5キロだなーと。
(だから・・・)

折り返し地点は公園。季節の花や木が所狭しと植栽してある、私にとっては息抜きの場所。日々表情を変える花達を見ながら一周すると、復路はジョギング。

公園を出た途端、オットはダッシュ。後姿は見る見るうちに小さくなり、いつの間にかいなくなった。きっと、タイムと速度を体内メーターで計りながら走っているのだろう。
彼にはスロー・ライフなんて言葉はないだろうな。

まったく、肩を並べて走れないなら、一緒にでた意味がないじゃないの。

玄関前に着くと、鍵を忘れた夫が汗だくのシャツでぽつねんと立っていた。兎と亀、結局ゴールは一緒になったね♪(V)

汗を流したら、冷蔵庫で寝かせておいたウエルシュ・ケーキを焼いて、ブランチにしました。
[PR]
by soleiljap | 2008-07-11 11:10 | ◆ Sweets | Trackback
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/7294215
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 黄色が咲いた♪ 梅雨の楽しみ >>