<< アーモンドのココア・ショートブレッド 素直(?)なショートブレッド >>
男前(?)のショートブレッド
a0029889_13416.jpg「男前」という言葉は、折にふれ聞く言葉。
ハンサムで整った容姿をさして言う場合と、もう一つ、精神面に対する褒め言葉としても使われますよね。皆さんから見た「男前」のイメージはどんなものでしょう。

私にとっての「男前」のイメージは、いかなる障害にも屈しない強い信念と精神を持った男。

そんな男が周りにいるかと言えば、頭をひねるしかないというのが正直なところ。

そもそも、「男」という文字をつかった言葉に否定的な言葉はないですね。
職業においては男女の区別をするとき、それが女性の仕事であれば、必ず上に女がつきます。女弁護士、女剣士、女医・・・・ 今でこそ、保育士や看護士という言葉が作られましたが、昔は全て男中心で言葉も作られていたわけです。

随分前に読んだ新聞か随筆(著者が思い出せず)に、男の子と女の子の違いについて面白いことが書いてありました。
生まれ持つ精神面において、男の子と女の子、強くできているのは断然女の子だとか。
男が外で戦うべき時代、男の子が生まれると、弱い精神を鍛えるために、常に「男らしく」「男だから」、と言いながら育て、家に入って家庭を守るのが普通だった女の子には、常に「女らしく」という言葉をかけて育てたのだそうです。

時代は変わり、男女の平等がうたわれて、雇用均等法が作られ、女性の社会進出も障害がなくなったわけですが(それでも古い体質が残る企業にとってはまだまだなのでしょう)、近年の女性の活躍を見ると、それらは顕著に現れていますね。

女性の逞しさがフルに発揮されたのが夏のオリンピック。女性の底力には目を見張るものがありました。私の回りにも、気概にあふれている女性はホントに沢山います。

生きるのに必要なもの、それはバランスと強い精神力。 つまり、「いかなる場合にも、先を見通し行動できる柔軟な精神と、どんな障害にも屈しない強い信念」 なのです。

男だから女だからといったことは、そこには存在しないのです。


a0029889_1294222.jpg
「男前」から話が大分脱線してしまいました。
今回のショートブレッドは塩味を利かせ、ごまの生地とプレーンの生地を2層にしてみました。
生クリームを入れたので、ミルクの香りがほのかにします。ミルクティよりほうじ茶が合います。
あ、何故、男前のショートブレッドかなのかは追求しないこと。(大きな拳のようなイメージだったからかな・・・)

P.S. 今朝富士山がうっすらと見えました。今年の富士山の初冠雪はなんと8月9日だったそうです。これまで大正3年(1914)の8月12日の記録を塗り変え94年ぶりの記録更新だとか。
写真を撮ったのですがよく写っていませんでした。何となく感じがつかめるでしょうか・・・

a0029889_11503519.jpg
2008年10月16日(木)AM7:50頃撮影

[PR]
by soleiljap | 2008-10-16 11:25 | ◆ Sweets | Trackback
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/7570708
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< アーモンドのココア・ショートブレッド 素直(?)なショートブレッド >>