<< 昨日の富士山 チョコレートな休日 >>
*Recipe バーチ・ディ・ダーマ(貴婦人のキッス) 
a0029889_7552594.jpg
居間から見える富士山と丹沢山系の山々はいつも私に元気をくれます。
夕景は特に美しく、オレンジに染まった空に浮かぶ山々を見ると、一日の疲れもどこかへ飛びここから癒されます。

朝陽は残念ながら見えませんが、でも、お天気のいい日はそこかしこで昇っているであろう太陽を感じることができます。明け方、真っ白な富士山がピンク色に染まり、音のない世界に少しずつ光が降り注ぎます。

今朝もそんな風景。ぼんやりとした風景に突然光が差し込んで、コンクリートのビル群に光と影のコントラストを作っていました。それはまるで絵のような輝きでした。

「ほら、街が印象派の絵画みたいよーー」と、寝ぼけた子どもたちにいつものお決まりのフレーズ。


さて、先日子どもたちに、また作ってね、と言われていたクッキーを焼きました。
フード・カッターに材料を入れてガーーと混ぜ、丸めて焼くだけなのですが、レシピに起こすとこうなりました。↓ 簡単で美味しいので是非作ってみてください。

*******************
バーチ・ディ・ダーマ(2個合わせたものが15~16個)

【材料】
・無塩バター ・・・・・ 50g  (※サイコロ状に切って冷やしておく)
・アーモンド・パウダー・・・・50g
・薄力粉 ・・・・・ 35g
・強力粉 ・・・・・ 15g
・シュクレーヌ(極微粒グラニュー糖) ・・・ 40~50g (※中に挟むもので甘さを調節)

【作り方】
① フードプロセッサーに材料全てを入れ、バターが粉になじんでサラサラになるまで攪拌。
a0029889_10201642.jpg② ボールに移しひとまとめにして、1個6gの球に丸める。
(32~3個作れる)
※私は秤に6の倍数(6→12→18→24→30・・・)で乗せていき、それを1個ずつ丸めます。。
③ 冷蔵庫で30分以上休める
④ 電気オーブン180℃で4分、160℃に下げて14分程焼く。ほんのり色づく程度。
※各家庭、オーブンによって焼け方が違うので、最後の方は注意してみてください。
⑤ 中に挟むものはお好みで。
スタンダードのチョコは・・・チョコレート45gを湯煎で溶かし、クッキーに挟む。チョコが固まるまで暫くおく。

【追記】2009/6/22
フードプロセッサーを使わない場合はボールにサイコロ状に切った冷たいバターと粉(強力粉+薄力粉)を入れ、指でバターをつまむように粉と摺り合わせ、バターの塊がなくなるまでサラサラの状態にする。
その後にアーモンドプードルとシュクレーヌを加え、全体を良く混ぜ合わせます。


*******************

あっという間に12月。ぼやぼやしていたら、すぐにお正月。
お忙しい時期、皆様もどうぞお気をつけてお過ごしくださいね。


■2009/1/13 改正: シュクレーヌ → シュクレーヌ(極微粒グラニュー糖)
[PR]
by soleiljap | 2008-12-03 10:32 | ◆ Sweets | Trackback(2)
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/7708102
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 犬も歩けば棒に当たる at 2009-01-13 19:33
タイトル : バーチ・ディ・ダーマ
「貴婦人のキッス」と言う意味らしい。 ソレイユさんのレシピを参考に。 砂糖が入っていなかったので、 25gばかり足してみた。 (ちょっとお砂糖が欲しいかなぁ〜と私が勝手に(^^ゞ) うちのオーブンでは少しきつね色に。w 砂糖のせいかもしれない。 でも美味しかった♪ アーモンドパウダー独特のサクサク加減が クッキーを軽やかにしてくれる。 間にはチョコクリームを挟むといいらしいが、ここは やっぱり柚子ジャムで。 クッキーの甘さと柚子ジャムの酸味が バランスのよいハーモ...... more
Tracked from つれづれ日記 at 2009-06-22 14:08
タイトル : 貴婦人のキッス
*Recipe バーチ・ディ・ダーマ(貴婦人のキッス)  はじめまして。いつも楽しく拝見させていただいてます! とってもステキなお母さんで、私も将来そうなりたいなぁと憧れてます☆ 自分のブログを作成したので、やっとこうしてコメント書けます。 昨日、以前から挑戦してみたかった「貴婦人のキッス」をレシピどおりに作ってみたのですが フードプロセッサーが上手く作動しなかったせいか、失敗してしまいました。 (うちにあるプロセッサーは縦に長いので、なかなかバターと粉が混ざらないのです。) ち...... more
<< 昨日の富士山 チョコレートな休日 >>