<< 鏡開き 新春の眺め  >>
一時間まえの風景 (クリックで大きくなります)
a0029889_10151019.jpg
年末からお正月は本当に良いお天気が続きました。空気が澄んだこの時期のしか見えない美しい富士山の姿に毎回癒されます。

今日は北風がビュービュー吹いて寒いです。富士山はすっぽりと雲に包まれて見えませんが、丹沢山系や連なる山々はくっきりと山肌まで望めます。

思わずパジャマのままバルコニーに出て、北風に身体を持っていかれそうになりながら(ウソウソ)震える指でパチリ。

これだけはっきり見える山も、丹沢以外は名前をはっきり把握していない私たち。
「あれって、南アルプスだよね・・・?」とか、「左側に続く山は神奈川の方?静岡?」などと、「?」だらけの会話。

昨年、飛行機から富士山を見たとき、たくさんの山々が連なって感動したのを思い出します。

ここへ引っ越して5年、いまだ曖昧模糊のままじゃね~、ということで、日本地図を買って調べようということになりました。(笑)

a0029889_10231844.jpg
こちらは、2日、帰宅して見えた夕方の富士山。(娘撮影)
時間と雲は最高の演出家です。同じ眺めでも、こんなに違うんですね。
[PR]
by soleiljap | 2009-01-10 10:54 | ◇ 風 景
<< 鏡開き 新春の眺め  >>