<< 生チョコ 嫁入り道具 >>
淡雪かん
a0029889_13354220.jpg

やっと使い慣れてきたデジカメを夫が出張に持って行ったため、以前使っていた30万画素数のもので撮っています。だが、しかし、巷では、30万画素数のものも、413万画素数のものも変わらないという噂なんです(ガ~ン・・・笑)。

今朝、淡雪かんを作りました。
昨日、母からの思い出の品物を出しながら、母がよく作ってくれたお菓子を思い出しました。

四角い水色のタイル貼りの流し台、黒いパイプ足の食卓、やはりパイプ足のビニールレザーの台座の椅子。ピカピカに磨かれた床や窓ガラス。そんなキッチンに不釣合いの大きなガスオーブン。キッチンに足を踏みいれるたびに、小さな身体がワクワクした、そんな空間だったように思います。
蒸し暑い夏の夜、夕食後台所から聞える、ステンレスのボールにぶつかる泡だて器の軽快な音が、小さい頃のノストラジックな映像とダブって聞えてきます。

昔は、棒状になった寒天を、指でちぎって水に浸し、煮詰めて、漉して・・・と時間をかけて作った記憶があります。今は粉の寒天を水で溶き、レンジで♪チン。メレンゲもハンドミキサーで楽々。寒天はすぐ固まるので、あっという間に出来てしまう。簡単すぎるくらいで、作ったという手応えがないですね。
[PR]
by soleiljap | 2004-08-06 11:35 | ◆ Sweets | Trackback
トラックバックURL : http://bonappetit.exblog.jp/tb/816429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 生チョコ 嫁入り道具 >>