<< 子どもの日の柏餅 と 映画鑑賞 イメージのスケッチ >>
ありがとう、忌野 清志郎さま。
世代的には下のほうかも知れない。
ドギツイ服装に化粧、ちょっと引いてしまうような言動。風刺的な歌詞。それが私の忌野 清志郎にもった印象。
個性的過ぎる人たちは、一部の熱狂的なファンだけに支持されるもの。しかし、彼の存在はいつもTVやラジオ、雑誌のどこかにいた。多くの人に支持されていた。
最初は不思議だった。亡くなって初めて気付かされた、自分が幼かっただけだったと。


ここ、数ヶ月だけれど、気がつけば口ずさんでいる曲がある。忌野 清志郎氏が作った「寛平応援歌」
寛平ちゃんは自分のサイトで、走りながら涙が止まらなかったと書いていた。

沢山のメッセージが込められ、多くの人を勇気付けてくれる彼の曲。もっと聴いてみたいと思う。

心よりご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by soleiljap | 2009-05-03 14:22
<< 子どもの日の柏餅 と 映画鑑賞 イメージのスケッチ >>