2012年 01月 27日 ( 1 )
クグロフショコラ
a0029889_205518.jpg
先日教えていただいたクグロフショコラを作りました。
 

a0029889_2354938.jpgパルケ先生のレッスンでいただいたクグロフショコラの美味しさは、あの時いらした皆さんが同じように感じたと思います。

でも、レシピ片手に翌日の朝にガトーショコラを焼いていたのは私だけかもしれません(笑) (家にあったクグロフ型が直径12㎝なので、レシピを倍にしてクグロフ型で3個焼く)

しかし、そこまではよかったのです。そのあとが問題、ペーストにする分のショコラが足りない!(笑)。

ガトーショコラには一日休んでもらい、はやる気持ちを抑え(?)、オレンジピールをフードカッターで細かくすることに。ピールは昨年たくさん作って小分けに冷凍してあります。

爽やかなオレンジの香りに包まれると、母のことがいろいろと思い出され、母と一緒に仕事をしている気持ちになり、とても幸せな時間でした。



ここからは大画面で!^^

a0029889_23294898.jpg
オレンジピールを混ぜん込んだガナッシュをクグロフの穴に詰め込んで暫く冷蔵庫で休ませました。

カットすると(左上)程よい固さのガナッシュが中央におさまっています。このままでも十分美味しいのですが、もうひとつの楽しみ方はレンジでチンしていただく方法なのです。

家族分4皿あったので、ワット数を変えてみました。
完全に溶けたのが右上 600wで10秒。 ガナッシュの形を少し残して皿の上で残りがとけて行くのが、500wで10秒(画像下)。(レンジによって多少の差はあると思います)

今まで、フォンダンショコラ(モワローショコラ)は、私もよく作っていましたが、いつも生焼け状態にする方法でした。お客様にもとても喜ばれるお菓子なのですが、時間が経つと、とろけるショコラの醍醐味がなくなってしまうことが難でした。
パルケ先生がおっしゃっていたように、こちらの方法だと、持ち運びも楽ですし、レンジでチンすればすぐにチョコレートが溶けだし、モワローショコラとしても楽しめ、一度に二つの楽しみ方がありますね。
[PR]
by soleiljap | 2012-01-27 23:50 | ◆ Sweets | Trackback