カテゴリ:未分類( 94 )
娘のリクエストでマンゴー・ババロア
a0029889_1724472.jpg
気が付くとすでに暦は8月へ突入。
慌しかった7月からたまりに溜まった書類を消化すべくPCに向かうも、ソフトの不都合で足止め状態です。

前回のポストでお知らせしました絵画展では、お暑い中、足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。ずっとお目にかかりたかった方と会えたこと、とても嬉しかったです。また時間が合わず、お会いできなかった方々、本当にありがとうございました。

何十年ぶりに絵筆を持って描きだして一年。絵を通して感じること思うことは想像以上でした。
白いキャンバスに色をのせながら、いつしか自分自身と対峙し、静かに沈潜することもありました。
ピアノを弾く時とはまた違った感覚を身体や脳で感じながら、キャンバスの上の構図や色の模索だけに終わらない時間がそこにはあったりします。まあ、こんな風に思考が寄り道しているから、絵もうまくならないのかな。(笑)

絵画展が終わり、ひと段落したら、娘が恒例の部活の夏合宿へ出発し、娘が帰宅した日に、入れ替わりで今度は息子が友人たちと信州へ旅立ちました。

その息子が信州へ発つ前の日に、浴衣の着方と帯結びを教えてほしいと言ってきました。旅行から帰ってきてすぐに、GFと浴衣デートをするそうな。

帯結びは貝の口(男結び)を教えてあげたのですが、そのときの面白かったことを一つ。

着付けでは、和服の名称等色々言ってもかえって面倒なので、息子には、ただ「手先」と「タレ」だけは覚えてねと言いました。

すると、「手先とタレ」・・・と声に出して数回繰り返していた息子が、突然、「美味しそうな名前だね」と。

手先・・・てさき・・てばさき(手羽先)! タレのかかった美味しそうな手羽先を想像したもよう(笑)。


a0029889_1753566.jpg
その息子も今日帰ってきます。
今夜のデザートは、娘のリクエストのマンゴーのババロアです。ソースにもババロアにも果肉をたっぷりいれて。
[PR]
by soleiljap | 2010-08-03 18:48
娘と映画館デート
a0029889_2043381.jpg


a0029889_2357295.jpg


品川プリンス、土曜の夜8時。

学校帰りの娘と待ち合わせして、今夜は映画館デート。
のだめカンタービレ最終楽章を観に来ています。

上映まであと30分。こういう時の夕飯はマックにかぎる~。
[PR]
by soleiljap | 2010-05-29 20:43
焼き上がり〜
a0029889_10162348.jpg

只今焼き上がりました〜。
久々に直径27センチの特大キッシュ。これ持って出かけて来ます。
その前に冷まさなきゃ!
[PR]
by soleiljap | 2010-03-27 10:16
たまにはこんな手仕事も


a0029889_12155550.jpg
2,3週間ほど前に天然石をつなげて作った輪っか。何に使うと思います?


a0029889_1223444.jpg
ナプキン・リングです。以前からテーブルナプキンのリングを探していました。買い物に出た際、テーブルウェアのお店を覗いたり、ネットでも探してみたのですが、中々気に入ったものが見つかりませんでした。

仕事の帰りにふと立ち寄った天然石のお店で綺麗な石を見ていたら、(もしかして、これリングにできるかも!)と閃いたのです。お店の人に相談して、専用のゴムと針も一緒に購入して帰りました。
ただ繋げるだけなので、ランチの時間や、夕飯の準備の合間にあっという間にできました。
a0029889_12163648.jpg
そして、先日娘の保護者会の帰りに立ち寄った布屋さんで布を買い、テーブルナプキンを合計16枚作る。(笑)
今日日、ネットであらゆるものは取り寄せられるけれど、布だけは、色や手触りなど実際手にとって見ないと不安ですよね。

a0029889_12184196.jpg
こちらは、TVをみながら作ったコースター。残り布活用。

茶とピンクはお気に入りの組み合わせ。
あれ?ピンクが紫っぽく写っている!(実物は紫が少しかかったピンクです。大人ピンクというの?)
他にテーブルクロスも作りましたが、またいつか実際使った時にアップしますね。


今日はあいにくの曇り空。ひと雨ずつ春が近づいてくる感じです。
素敵な週末をお過ごしください。
[PR]
by soleiljap | 2010-02-27 12:50
おめでとう!ベルリン国際映画祭2010 最優秀女優賞

近年、とても気になる大好きな女優さんがいます。寺島しのぶさんです。
凛とた日本的な静けさと、と同時に激しさ持ち合わせた女優さん。何事にも直球勝負で挑む衒(てら)いのない彼女の人柄はインタビューの受け答えにもあらわれている。

さて、そんな素晴らしい女優の寺島しのぶが、主演映画「キャタピラー」(若林孝二:監督)でベルリン映画祭の最優秀女優賞に輝いたからスゴイ。
多くの著名な監督さんや演出家からいつも賛辞の声が聞こえていたけれど、いよいよ世界にも認められたという証ですね。

実は、先日急遽見に行った「血は立ったまま眠っている」も彼女の演技を観たかったからなのです。NHKの大河ドラマ「龍馬伝」では、龍馬の姉役“乙女ねえやん”を見事に演じ分け、彼女の出る作品すべてに役者魂を感じ、ますます寺島しのぶという女優に目が離せなくなったのでした。


若松孝二監督の「キャタピラー」は戦争の悲惨さを描いた映画。公開は夏らしいですが今から楽しみです。



追記
最近、PCをつけると必ず見に行く寺島しのぶのブログ「ほどほどに」。まっすぐで飾らない彼女の言葉は読んでいて清清しい。
[PR]
by soleiljap | 2010-02-22 11:13
ぼくも載せてー
a0029889_163930100.jpg

ダニエル
[PR]
by soleiljap | 2010-02-11 16:39
フランク君♪
a0029889_15122614.jpg

はじめまして、フランクだよ。


(友人の家にて)
[PR]
by soleiljap | 2010-02-11 15:12
ランチタイム
a0029889_21242534.jpg
オフィスでランチ。
今日のランチはパン。会社へ来る途中のパン屋さんで買ってきました。バタールの前に、ピザともう一つパンを食べました。少しだけ写っているバタールも残り1/3。(食べすぎです)
最近、必ず持ってくるマイ・魔法瓶。広口でそのまま直で飲めるのでとても便利です。中身は昨年秋から飲んでいる"根占びわ茶"。ティバックをいれて持ってきて、会社でお湯をつぎたして1リットルは飲んでいるかも・・・。

a0029889_2121177.jpg
ポットを入れるカバーは、娘とお揃いです。容量が200ccなので、外出時はバックに入れて出かけます。
昨日作ったケーキは今日の3時のおやつ。みんなで食べます。

さて、仕事、仕事!
[PR]
by soleiljap | 2010-02-04 13:16
64年前の今日
a0029889_18425839.jpg
8月15日は終戦記念日。
64年前もこんなに暑い日たったのだろか。人々はどんな思いでこの日をむかえたのでしょう。

画像は1998年、息子が夏休みに鹿児島の実家で撮った写真です。(向かって左が 息子・8歳)
これは父が出征するとき、持っていった日の丸の旗で、戦地へ向かう父のために親戚や友人たちが書いてくれたんだそうです。

この時、はじめて目にしたこの日の丸の国旗。そこだけが異空間で言葉にできないくらいの威圧感があったのを覚えています。墨で書かれた文章はどれも達筆で、難しい言葉も沢山書かれてあって全部は読み取れなかったのですが、最後まで冗談など口にできないくらい圧倒されていました。子どもたちはどんな感想を持ったのでしょう。

何十年も家にいたのに、こんなものがあったなんて知りませんでした。
母が箱に入れて、何十年も仏壇の奥にしまいこんでいたのです。忘れていたのではなく、きっと出すといろんなことを思い出すのが嫌だったのだと思います。

戦争が終わって64年。あの時、父はどんな思いでこの日の丸を持って戦地へ向かったのだろう。そして、家族は。

父は戦争体験者ですが、戦地へは行っていません。今その時の父の年齢を計算すると20歳だと思います。父たちの部隊は終戦間じか、戦地へ向かうために佐世保(長崎)で戦地からやってくる船を待っていたそうです。しかし、父達が乗るはずの船が洋上で台風に遭い、足止めをくい、そうしているうちに終戦をむかえたそうです。
今でこそ、台風がきて良かったね、船が来なくて良かったと堂々といえるけれど、その当時は、戦地で亡くなった人たちのことを考えると、決して手放しで喜べなかったのだろうと思います。

私達が小さい頃、母は戦争の話をするのを嫌っていました。沢山は語らなかったけれど、唯一覚えているのが、空襲警報の中を逃げた母たち姉妹の話です。
母の父さん(祖父)が病気でなくなり、兄たちは戦地へ行き、家には女ばかり(6姉妹)が残っていたそうです。戦火の激しかった頃、母は15,6歳くらい。空襲警報のサイレンが鳴ると、普段から、おばあちゃんに子どもたちそれぞれに役割が与えられていて、ある姉妹には位牌を持たせ、ある姉妹は小さかった妹をおんぶし逃げること、そして、いつものあぜ道をひたすら走って防空壕へと逃げていたという話を聞かされました。 母は母のお母さんと最後に残って家の点検と戸締り、そして食べ物を持ち出すことだったそうです。

おば達からも同じ話を聞かされるので、そのうちに頭のなかに、母達の姿は映像としてでき上がってしまったのです。
映像はいつまでも頭の中にあって、他で戦争の話を聞くことがあると、必ず母達の必死であぜ道を逃げる姿が思い浮かぶのでした。


1945年に終戦をむかえ、戦争を経験した人たちはもう、おじいちゃん、おばあちゃんと言われる年齢です。これから戦争を語ってくれる人たちは年々少なくなっていくのでしょう。そのときに、遠い過去の話として終わらせるのではなく、いますぐにでも起きうる戦争について、次の世代が語り継いでいかなくてはならないと思うのです。

11年前神妙な面持ちで日の丸の旗を持っていた息子は今年19歳。父が戦争に行った歳とそんなに変りません。自分と同じ若者達が、あの頃背負っていた日の丸の重さなど想像もつかないでしょう。
今日、この写真をまた子ども達と一緒に見ようと思います。

[PR]
by soleiljap | 2009-08-15 18:20 | Trackback
考えること

災害が続きます。大雨や台風、地震による被害は想像以上に大きなものでした。
被災された地域の方々には心からお見舞い申し上げます。亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。
ニュースが報じられるたびに心が痛みます。これは天災なのか人災なのかと。
世の中の自然形態に異変があらわれたのは最近のことではないはず。自然の猛威は刻一刻と私達の身近に迫ってきているんだ。温暖化が叫ばれ、世界的にその脅威が呈されても、一人ひとりが自覚しているのだろうかと思ってしまう。このままだといつかきっと身を持って知らされるのでしょうね。
子ども達の未来を思うと本当に不安になります。


さて、それでも時間はながれ、日はめぐってきます。ぼやぼやはしてられません。
この数日、連日早朝から夜遅くまで(本屋以外の)バイトで忙しかった息子、昨日やっと4人で食卓を囲んでの夕食でした。(久しぶりに顔をみた感じ)

娘はというと、毎日部活に明け暮れています。コンクールに向けて最後の調整といったところでしょうか。
毎日朝から夕方遅くまで頑張っている子どもにしてやれることは、毎日のお弁当作りとバランスの取れた食事作り。後は応援団に徹して、毎日エールを送ることです。

コンクールもうすぐですね。ここまでの頑張りには本当に感動しています。
努力は裏切りません。みんなと共に頑張ったことを、与えられた時間、思いっきりぶつけて、そして、思いっきり楽しんでください。がんばれ!!
[PR]
by soleiljap | 2009-08-11 11:55