カテゴリ:未分類( 94 )
娘とのメール

昨日、娘が4泊5日の吹部の合宿に行く。
早朝4時過ぎに起きてお弁当を作り送り出す。(昨日は一日中、頭がぼ~っ)

学校集合7時。楽器等の荷物をみんなでバスに積んでから出発。8時前に予定通り出発したようです。
携帯を持っていな娘は私の携帯電話を持っていきました。さっそく、乗り込んだバスの中から、私のPCにメールが届きました。


今出発したよ♪ 時間があったら写真とってくるから♪



初めての合宿だね。気をつけてね。
低学年なので、先生、先輩の言うことをよく聞いて、限りある時間だから思いっきり練習するんだよ♪
写真は時間があったらでいいのよ。自由な時間はなるべくゆっくり身体を休めて、自己管理してください。

大事な5日間!悔いが残らないようにね!! 
がんばれ~♪○○(娘の名前)♪
がんばれ~♪○○高校のみんな♪ 

ママ



携帯を自由に使えるのが嬉しいのか、それから、バスの中から撮った写真を送ってくれました。ここまでは良かったのですが、目的地に着くと、今度は電話がかかってきました。

流石に電話の時は、「旅行にいっているのではないので、非常時以外は電話は使わないこと!」とピシャリ。



到着したのね。お疲れ様!運転手さんに「ありがとうございました」と言ってね♪
写真見ました。ありがとう。緑がいっぱいの良い所だね。

旅行ではないので、電話は緊急の時に使うこと。それ以外はメールで。合宿の目的を忘れないようにね。

荷物おろしてから、お弁当ね。
長い移動、お疲れ様でした♪ 

ママ




予定では、お弁当を食べてから、すぐに練習。夕方に各部屋に戻って、お風呂、夕飯になったもようです。夜の練習が終わって21時過ぎにメールが来ていました。
そのあと、一時間弱あけてまたメール。内容は、1,2行のメッセージです。 


第1日目、終わりましたね。長い長い一日だったでしょう。お疲れ様。
生徒もそうだけど、引率してこられた先生方も大変お疲れだと思います。どうぞ、感謝の気持ちを忘れないようにね。

お弁当、美味しかった?
練習はうまくいきましたか?
ホテルはどんな感じ? 夕飯は美味しかった?
お風呂はどう?・・・(こんなことを書いてくれると嬉しいです)

きっと、空が綺麗で、空気が美味しいだろうな、と言うことだけは分かります。
明日も元気いっぱ練習できますように。 ここからパパと祈っています。
おやすみなさい♪

ママ




この日に娘から入ったメール5回。電話1回。 私からの返信は3回。
内容は「出発した、写真送るね、着いた、ありがとう・・・」といった結果を知らす1,2行のものばかり(笑)。

携帯電話を持たない(持たせていない)娘は、必要な時は私のを使用。学校は携帯禁止なので、彼女は夜しか使いません。アドレスの振り分けをしているので、各自に届くメールはそれぞれのフォルダへ振り分けられます。勝手に開くことはないのですが、内容はきっと同じような感じようなものなのでしょう。


携帯メールも、こうやって遠くにいる子どもの現況を知る手段としてはとても便利ですし、ありがたいと思います。しかし、あくまでも道具。使い方次第で、いい道具にもなるし、ただのおもちゃにもなるということ。
道具は上手くつかってこそ。遊ばれないように。
そんなことを感じた一日でした。


さて、今朝6時32分、娘からの「おはようメール」が入っていました。


ママおはよう♪

・ホテルは、綺麗だよ♪
・お弁当は、ママの愛情が沢山こもってて美味しかったよ♪
・湿気が凄かったけど練習は、上手くいったよ♪
・昨日の夕飯は、エビフライ、ハンバーグ、味噌汁、ご飯、サラダ、筍の煮物だったよ♪

こっちは、山の方だから霧が凄いです。
今日も1日頑張るね♪



今度はちょっと長め。私が昨日聞きたかったことが箇条書きに書かれてありました。(笑) 
でも、いいのよ。分刻みのタイムテーブル、朝の忙しい中で送ってくれているのですから、嬉しいです。ありがとう!



○○、おはよう。
よく眠れましたか?長野の朝は気持ちいいでしょう。
今日は東京は曇りで、ちょっと過ごしやすいです。

昨日夕飯の筍は、春地元でとれたものだね。

よく寝て、バランスよく食べて、しっかり体力つけて、練習頑張ってね。
メールはほどほどに、合宿でしかできないことを精いっぱいやってきてください。それがいい結果へと繋がっていくと思うから。

今日一日が○○の吹部にとって、大きなステップとなりますように。
一人ひとりが大事な仕事を果たしてください!!

がんばれ、○○♪

ママ

[PR]
by soleiljap | 2009-07-31 14:18
誕生日に伝えたかったこと


今日(6月30日)は、あることを伝えたくて鹿児島の母に電話をした。
すぐに帰れない距離にいると、PCもメールもやらない母とは電話が唯一のコミュニケーションツール。
いつも電話から聞こえてくる母の第一声にはドキドキ。身体の具合は悪くないだろか、手術後の腰の調子はいいだろうか。その声のトーンで大体、その時の身体の具合が聞けて取れる。呼び出し音が鳴っている間はそんなことばかり考えている。

夕方のいつもいるだろう時間帯だったけれど誰もでない。急いで母の携帯の方にもかけるが、こちらも出ない。
次は上に住んでいる妹(2世帯)のところへ。ここも留守。心配は焦りにかわり、いてもたってもいられなくなった。と、その時、家の電話がなった。

母からだった。洗面所で水着を洗っていたとのこと。春に手術した腰のリハビリの為にプールで歩いていると楽しそうに話してくれた。(あーよかったー。心の中で安堵の溜め息)
近況を話しながら、そうだ、伝えたいことがあったのよ、と急いで用件を伝えるためにこう切り出す。

 「今日は私の誕生日でしょう」 とここまで言うと、母は思い出したように、

 「そうそう、そうだったね。おめでとう」 と言ってくれたけれど、私が伝えたかったのはそのことではなく、

 「違うの、今日はお礼を言いたかったの。私を生んでくれてありがとうって。自分の誕生日に言いたかったから電話したの」

今年の夏休みのことを少し話して電話は終わったけれど、電話を切ったあとは何とも幸せな気持ちになっていた。近くで聞いていた娘もニコニコ顔でこちらをみていた。


今、娘が期末の真っ最中なので、試験が終わってからお祝いの食事に連れていってくれるそうだ。



今日、梅干しを漬ける。もっと熟したものが欲しかったけれど、なくなってしまっては困るので3k購入。ちょっと少なかったかな。

a0029889_6583623.jpg

【追記】  
※2009年土用の入り 7月19日  
          明け 8月 6日


<今後の予定> 
・ 6/30        南紅梅3k本漬け(15%の塩)
             重石:梅の1.5~2倍(梅酢が蓋まで上がったら重石を半分に)
・ 7/10~14頃  紫蘇を加える (梅の10~15%程度の紫蘇) → 7/22紫蘇を加える
・ 7/19~8/6   天日干し → 8/3,4,5 天日干し
[PR]
by soleiljap | 2009-06-30 23:43
光陰矢のごとし
先日、息子が部屋の大掃除をしていた時のこと。(半年に一回は大掃除が必要)
大きなダンボール箱をドン・ドン・ドンと3箱リビングに持ってきた。5年前引っ越してきたとき置き場所に困り、息子のクローゼットに入れて、そのまますっかり忘れていた。

中には古着や昔使っていたバッグ等、捨ててもいいものばかり。 でも、3個目のダンボールには写真がここ狭しと詰め込まれていた。

ほとんどが子ども達が小さい頃の写真で、年代別に分けてあるのをみると、アルバムに整理しようとしてそのままになっていたのかな。 

見だしたら、もう止まらない。 あまりの可愛さに親ばか全開で「かわいいー」の連発。そのうち、夫も同じようにつぶやいていた(笑)。
a0029889_11322338.jpg
こんなときもあったのね。

昔の写真を見ると、本当にあっという間に大きくなった感じ。
あの頃は子育てに必死で、もっとゆっくり楽しんでいたらな、と思う。

思えば兄妹二人、小さいときから性格は変わらない。妹の面倒をよくみてくれる優しいお兄ちゃん。反対に、裸足で頭から砂まみれで、汗びっしょりになって遊ぶ、まるでニワトリのような娘。
赤ちゃんの時は病弱で心配ばかりしていた娘もいつの間にかニワトリ・・・違う元気な子に育ってくれた。 息子は途中反抗期を経て、小さい頃と変わらず優しい頼りがいのある男になりました。

年代ごとに成長していく子ども達を思い出しながら、時間はあっという間に過ぎていったのでした。

子育て真っ最中の皆さん、どうぞ、沢山抱きしめて、沢山お話してあげてくださいね。すぐに昔を思い出す時期がきますから♪


昨日の父の日、二人で父親のために料理を作っていました。小さいころ、お兄ちゃんに面倒をみてもらっていた妹が、今度はお兄ちゃんにお料理のアドバイスをしながら。^^ 
兄19、妹16歳。 元気でいてくれてありがとうね。
[PR]
by soleiljap | 2009-06-22 22:06
ありがとう、忌野 清志郎さま。
世代的には下のほうかも知れない。
ドギツイ服装に化粧、ちょっと引いてしまうような言動。風刺的な歌詞。それが私の忌野 清志郎にもった印象。
個性的過ぎる人たちは、一部の熱狂的なファンだけに支持されるもの。しかし、彼の存在はいつもTVやラジオ、雑誌のどこかにいた。多くの人に支持されていた。
最初は不思議だった。亡くなって初めて気付かされた、自分が幼かっただけだったと。


ここ、数ヶ月だけれど、気がつけば口ずさんでいる曲がある。忌野 清志郎氏が作った「寛平応援歌」
寛平ちゃんは自分のサイトで、走りながら涙が止まらなかったと書いていた。

沢山のメッセージが込められ、多くの人を勇気付けてくれる彼の曲。もっと聴いてみたいと思う。

心よりご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by soleiljap | 2009-05-03 14:22
お弁当入れ

a0029889_21424117.jpg

娘のお弁当作りは張り合いがあります。毎日、学校から帰ってきて、空のお弁当箱を出しながら 「今日もお弁当美味しかったよ♪」の声を聞くと、明日も頑張ろうっと思います。

娘はお弁当を教科書と一緒に入れたくないらしく、いつも別のバックに入れて持っていきます。
今使っているお弁当セットに丁度いい大きさのものがなかったので、昨夜作りました。
出来上がったのが夜中の3時。お陰で今日は睡眠不足。(笑)

a0029889_21394652.jpg
中が見えないように、巾着のふた付きです。

布は中学のとき、家庭科の教材で残ったあまり布。以前、魔法瓶入れを作ったときもこの布を使いました。お揃いができたね♪  → こちらの記事
巾着部分は、昔、母から使わないハンカチを沢山貰ったのを思い出し、赤地に白の桜の柄があったので使用。中袋も同じくハンカチです。
a0029889_0135354.jpg

全て家にあるもので出来ました。娘も気に入ってくれたもよう。


お弁当の写真を撮ろうと毎日思うものの、朝はバタバタとしていて中々撮る時間がありません。
もう少し早起きしたら撮れるかな。
[PR]
by soleiljap | 2009-04-13 22:36
帰京

4泊5日の鹿児島の帰郷もあっという間に終わりました。
3月26日に急遽飛んだ宮崎、2泊3日の病院の付き添いではあったけれど、術後の経過は順調で、母にとっては痛い日々だったと思いますが、久しぶりに母といろんな話ができました。

宮崎での最後の一泊は母の取り計らいで皆でコテージでのんびり過ごしてきました。夜は食料を買出しに行って、皆で母の退院祝い。近くに大きなスーパー(ジャ○コ)があってとても便利です。
ここは姉が急いで調べて予約してくれたのですが、想像以上にいいところで、暖かい季節にまた来たいねと話して鹿児島の帰路につきました。

a0029889_1058485.jpg
宮崎(中心街)―鹿児島間は高速にのって約2時間半ですが、帰りはあちこち寄って5時間かけて帰りました。
あいにくの曇り空で桜島もぼんやりとしか見えませんでしたが、「あー、やっぱり鹿児島はいいなー」と車中で感慨深く眺めていました。
a0029889_10582273.jpg
実家では一泊だけ。画像は妹の家で小学5年生になる甥っ子に、Wii fit と Wii sportsで遊んでもらっているところ。今回初めて私のMii(キャラクター)を作って仲間に。(笑)


東京へは月曜日の最終便で帰ってきました。
天王洲アイルからタクシーで自宅に向かう途中、都内を走る車の速さに(安全運転なのでしょうが)にハラハラ。
至近距離で目に飛び込むビル郡に目がショボショボ。
排気ガスの匂いにはいつまでたっても慣れない私です。まぁ、これが東京なのよね・・・。

思えば、ここ数週間は本当に慌しい日々の連続でした。
3月19日娘の卒業式の翌日早朝に、義父母の法事(17回忌)のため富山へ。2泊して帰ってきたら鹿児島の母の手術の話を聞き、急いで飛行機の手配をし、一人宮崎(手術が宮崎)へ飛びました。息子の入学式があるので、それに合わせて帰京。

昨夜、娘に 「私の卒業式の記事書かないの?」と言われました。つい2週間前のことなのに、思い出すのにひと苦労。(でも、写真をみたらしっかり思い出すからね>娘よ)

今日は息子の入学式です。朝からお赤飯の準備に追われましたが、これから仕度して出かけます♪
[PR]
by soleiljap | 2009-04-02 11:34
宮崎2日目
a0029889_9141365.jpg

a0029889_9141395.jpg

a0029889_9141389.jpg

昨夜は母の付き添いで病院泊。

昨日、妹が「あくまき」ときな粉を置いていってくれました。
一口大に切ってすぐ食べられるようにタッパーに入れる。
おやつに二人でいただきます。

※携帯で撮ったので画像悪し。実際は琥珀色の綺麗な色です。
[PR]
by soleiljap | 2009-03-27 09:14
宮崎から
a0029889_11451637.jpg

朝一の飛行機で宮崎入り。思えば、空から宮崎に入るのは初めて。
今朝の東京は雪がちらついていたけれど、こちらは眩しいくらいいいお天気です。
タクシーの運転手さんに、「暖かいですね」と言うと、「今日は寒いんですよ」とおっしゃっていました。

娘に送る絵手紙(画像)。お留守番お願いね・>娘
[PR]
by soleiljap | 2009-03-26 11:45
卒業おめでとう!

3月13日は息子の高校の卒様式でした。夫と息子の晴れの姿を見に行ってきました。
数日前の長期予報では傘マークが出ていたこの日、朝からお日様も出てひと安心。

学校へ着き、校舎を通り抜け、中庭を歩きながら式のある講堂へ向かう途中、ここ数週間の思いがまたじんわりとこみ上げてきて、やばいかもなんて思いつつ席に着きました。
しかし、式が始まると、終始爽やかな空気に包まれて、センチメンタルな気持ちなんてどこかへいってしまいました。
静謐で柔らかな空気感は、先生と生徒の信頼関係を物語っているんだなと実感。笑いあり感動ありの子ども達のサプライズに先生がたが嬉しそうに答える姿はもう一度見たいくらいです。

高校の3年間は中学の3年間より早かったように思います。どんどん、どんどん親を離れていき、生意気さにも拍車がかかり、彼なりの論理に本気でムキになることもあったけれど、そのたびに母も鍛えられたと思う。

4月から大学生。これから自分で自分の道を切り開いていくわけだから、もう何も言いません。
自由という言葉といっしょに責任という言葉もあなたのもとに届いているはず。持ち前の柔軟さで沢山の人に出会って、いろんなことにチャレンジして、経験を積んでいって欲しい。
卒業おめでとう!!

「三年間ありがとう」 卒業式を終え、帰宅して彼が言った言葉。
その後、お仏壇の前で手を合わせて長い間座っていました。


卒業式の夜は皆でレストランへお祝いの食事に行こうと話していたのに、友達8人と出かけてお泊りでした。
翌日(土曜日)の朝帰宅。美容院に行って髪にパーマをかけてきました。夜、お祝い食事会だったわけだけれど、寝不足からか、デザートの前には船をこいでいた。(コラ!)
その翌朝(日曜日)、友だち6人と北海道へ3泊4日の卒業旅行へ出かけたのでした。
[PR]
by soleiljap | 2009-03-16 15:04
太平洋横断おめでとうございます!そして、いよいよ陸路!

昨日は、とうとう寛平ちゃんと比企さんを乗せたエオラス号がロスに到着しました。朝から、その時の様子がTVにも流れていたので、観られた方も多かったのでは。地元の新聞にも取り上げられていましたね。

私も娘といっしょに数日前から、「いよいよだねー」と話していたので、到着の映像を見たときは本当に嬉しかったです。奥さんとの再会でかんぺいちゃんが号泣していたのを見て、こちらまで胸がいっぱいになりました。

もしかしたら、という思いはどこかにあったと思います。その緊張が解けたときの安堵感は私たちの知る由もありません。
エオラス号から比企さんが毎日、航海中のその時その瞬間を映像や画像つきで発信してくれました。二人の頑張りにどれだけの人が勇気付けられてきたことでしょう。
過酷な環境を乗り越え無事にアメリカ大陸へ到達できたことは、比企さんだからできたこと。
比企さん、任務本当にご苦労様でした!!

2日後には、今度はランでアメリカ横断にでるとのこと。がんばれ、寛平ちゃん!

みんなで、寛平ちゃんのアースマラソンを応援しましょう!!

**********************
アースマラソンについて以前書いた記事 → こちら
[PR]
by soleiljap | 2009-03-12 09:32