カテゴリ:◆ お 弁 当( 28 )
桃の節句の翌日のお弁当
a0029889_19193498.jpg

今年もとうとうお雛様は出せずじまいでしたが、いつものようにひな祭りの料理でお祝いしました。(画像はありません)
今年二十歳になる娘と一緒に料理を作りながら、
 
   「今年、二十歳になるのね~」
   「自分でも信じられない」
   「ママも信じられないよー」(笑)

今の世の中、ダメな大人もいれば、立派な子どももいる。でも子どもを育てるのは大人。
この歳になり考えることは昔よりも多く、不惑の40なんてウソだなと今頃気づいている私です。
ただ、言えることは、人は日々学んでいるということ。学ぶために生きるのだろうなとも。昔から同じような事を言っていたようにも思うけれど、きっと温室のなかで格好つけて言っていたのでしょう。(笑)

さて、6月に二十歳を迎える娘。どんな大人になっていくのだろう。
母として伝えたいことは沢山あるけれど、一言いえることは、自分を大切に一日一日を精一杯生きて欲しい。それは自分を時間を大切に思えばこそできることで、いつか誰かの役にたてる人になれるはずだから。

ちょうど日曜日と重なった今年の桃の節句。久々に二人で料理をしてそんなことを考えた一日でした。 

さて、お弁当に戻ります。
行事の翌日のお弁当は子どもにとっては残り物でも御の字らしく、帰ってきて空のお弁当箱を出しながら言う、お弁当美味しかったよー、の声がいつもより弾んでいるような気がします。

今頃、なぜお弁当なのかというと、娘は今、保育園で実習中です。
毎日が緊張の連続で一日がすごく長く感じられるらしく、クタクタになって帰ってきます。
帰ってくるなり、「ふー、づがれた(疲れた)ーーー」とソファーに倒れむ日々で、
私はすぐにでも実習の様子を聞きたいのですが、帰ってくるとすぐに日誌。 途中夕飯食べて、また部屋に戻り、終えると翌日の準備してお風呂。そして、そのままバタンキュー。

なので、ゆっくり話を聞けるのは夕飯の時だけ。
昨日は、2歳児さんの話を沢山してくれました。年長さんから順番に実習してきて、ちょうど一週間を終えて2歳児さんのクラスになったようですが、「ママ、2歳児ってホント大変なんだからー」と、いつもより興奮気味。

お歌はピアノ伴奏に合わせて歌い始めるも、どんどん歌が先走り、伴奏が追っかける感じ。(笑)
自分でやれることも、「せんせーー、やって~」と集まってくる。「自分でできるでしょ」と言うと 「できない~~~」(笑) しまいには「せんせー、お腹いたーい」とニコニコしながら言い出す子もいたり。笑 

私が笑いながら、「それ、Rがナメられているんだよ」と言うと
若い実習生が来ると必ずこういうふうになるんだとか・・・。担任の先生が、「全部終わったら、R先生に甘えていいよ」というと、子どもたちはせっせと一人で頑張っていたそうです。
「可愛いんだよね~!」と目を細める娘の顔をみていると、充実しているんだなと感じます。

今は1歳児をみているようです。舌足らずで歌う様子が可愛いの、と話していました。
この2週間、それぞれの年齢の子どもたちをみることができ、沢山の事を学んでいるようです。怪我をさせないよう気をつけながら、また、いい保育者についても現場の従事者をみて感じることもおおいでしょう。昨年の秋の幼稚園の実習もそうでしたが、沢山たくさん経験して欲しいです。


a0029889_1054428.jpg
こちらは2月4日節分の日の翌日のお弁当。
[PR]
by soleiljap | 2013-03-06 10:31 | ◆ お 弁 当
卵一個で作る卵焼き
a0029889_9493282.jpg
我が家で使っている卵焼きパンは13×18㎝。一般的な家庭で使われるサイズがこれだと思いますが、皆さんは、卵を何個使って卵焼きを作られますか?

我が家では少し前までは2個でした。もっと前(息子と娘のお弁当を作っていた頃)は3個。
先日、小さめのお弁当箱を使うようになった娘のお弁当を載せたのですが、卵焼きの占める割合が大きく、おかずの種類があまり入りませんでした。

卵焼きを小さくすればいいわけで、かといって、小さめの卵焼きパンは買いたくないし、そこまで小さいサイズは売っていないと思われる。
そこで、卵一個で卵焼きを焼いてみました。焼き方は、フライパン縦半分を使って焼くのです。

今では6×18㎝のパンで焼いたがごとく平均的に焼いています。しかもこの作業、ただ小さく焼くだけのことですが、楽しいのです。お陰でおかずの種類も多く入れられるようになりました。

同じことの繰り返しの日々の中で、卵一個で作る卵焼きに喜び、娘の 「ママー!今日もお弁当美味しかったーー!」の声を聞いては、よし明日も美味しいお弁当を作ろう、と張り切る単純な母。つまり、どんなささいな事でも日々を楽しめる安上がりな人間なのだということですね。
[PR]
by soleiljap | 2012-06-01 11:20 | ◆ お 弁 当
新しいお弁当箱
a0029889_13402913.jpg
携帯に入っていた娘の画像は、もう一カ月以上前になりますが、3月の終わりに娘と新しいお弁当箱を買い行った時のもの。真剣に選んでいます・・・(笑)
これまでのお兄ちゃんのお下がりの大きなお弁当箱では・・・と思ったらしく、彼女なりに可愛い小さめの物が欲しくなったようです。

まずLoft(渋谷)でみて、それから東急ハンズへ行き、最終的にまたLoftに戻ってと、納得するまで悩んで買ったのが下のもの。
最初、娘は可愛くて色が綺麗なものを選んでいたのですが、毎日使う物なので、軽くて、おかずやごはんが綺麗に見える色のものがいいわよ、と話すと、本当にいろいろ悩みながら決めていました。(自分で決めるから大事にするし愛情もわくのです)

a0029889_13405687.jpg
こちらはある日のお弁当。
今までのものから比べると30~40%減くらいのスペースです。当初はこれで足りるのかしらと心配で、帰ってくるたびに娘に「お弁当足りてる?」と聞いていましたが、毎回「ちょうどいい位」と返事がかえってくるので大丈夫なのでしょう。

今、画像をみて気づいたのですが、卵焼きをハートにせずに入れると、少しスぺースができて、おかずがもう一品を入れてあげられそう。

お弁当作りは私の喜びなので、できたら卒業まで作らせてほしいのですが、一年だけの約束なので、それまでいろいろ楽しみます。
[PR]
by soleiljap | 2012-05-15 11:16 | ◆ お 弁 当
高校生活 最後のお弁当
a0029889_6562857.jpg
とうとう最後の演奏会の日がやってきました。卒業式から3週間が過ぎましたが、今日が吹部3年生の子どもたちにとって本当の卒業式。
長丁場になるので荷物は最小限にということで、ランチは途中で友だちと買うとのこと。
5時に起きて6時前には出かけた娘。解散が21時ということなので、途中お腹がすいた時用のおにぎりを持たせました。

a0029889_6563580.jpg
おにぎりは梅干しを入れただけのシンプルな塩むすび。

我が家のおむすびは布で包みます。

これは、毎年お正月に一冊自分のために本を買うのですが、今年は、佐藤初女さんの『「いのち」を養う食』を選びました。そこに、おむすびを布(本ではタオル)で包むことが書いてありました。
食べ物を慈しみ、食べる人を思う初女さんらしいアイデアだなと思いました。布で包んであげることで、呼吸ができ、海苔も湿らず、本当に美味しくいただけるのです。

布で包んであげて大事にされたおむすび、美味しくないはずがありません。それ以来、我が家も直に布に包んでいます。
タオルだと大きくなりすぎるので、布はいつも桜の絵の小さいワッフル布巾。これだけでは、鞄の中でほどけるので、綿のミニーちゃんの巾着に入れます。


a0029889_213345.jpg
こちらは、昨日のお弁当。最後のいつものお弁当です。
思えば、このお弁当箱は兄のものでした。早朝から夜遅くまで学校にいる娘には、とにかくエネルギーが必要で、一年生になってすぐに、「私のお弁当箱小さいから、お兄ちゃんのに入れて」といわれ、それ以来3年間、兄のお弁当箱で通しました。母としては娘がいつか女の子に目覚め、ご飯少なめに入れて・・・なんて言う日が来るかと思っておりましたが、なかったです。



彼女たちにとっての卒業式。思いっきり楽しんで、おもいっきり燃焼する姿をしっかりと目に焼き付けてきます。
あなたの頑張る姿は本当に眩しかった。3年間よく頑張りました。ありがとう。



★ランキングに参加中です。よろしければクリックをお願いします。


※随分前に作ったレシピブログを復活させました。先日、旧はないものと思い、新しく作ってしまい重複しましたので、旧を残します。先日、クリックしてくださった皆さま申し訳ありませんでした。こちらの方よろしくお願いします。
[PR]
by soleiljap | 2012-03-25 07:54 | ◆ お 弁 当
節分の次の日は
a0029889_16335959.jpg
節分の次の日は立春。風はまだ冷たく凍えそうですが、最近日照時間が少し伸びたなと感じることはありませか?夕陽の落ちる位置が少しずつ移動してきています。春は確実に近づいていますね。

そして、我が家の節分の翌日は恒例の巻きずし弁当(娘用)。おかずは別に唐揚げと卵焼きを持たせました。

入学当初はよくお弁当の写真を撮ってブログにアップしたものですが、最近ではさっぱり。
卒業までの月日を数え、あと何回お弁当を作れるのかなと考えると、やはり寂しいものです。先日友人からきたメールにも同じことが書いてありました。
a0029889_16342683.jpg
こちらは昨夜作った巻寿司。(綺麗に切れてないし・・・笑)
今年の恵方は北北西だそうですね。みなさんは恵方を向いて黙って丸かじりされましたか?
我が家ではテーブルを囲んで美味しいねーと言いながら半分ずつ丸かじり。 みんな最低一本分は食べて、「こんな風に食べるとお腹いっぱいになるね」と、膨れたお腹をさすりながら言っていました。
幸せってこういうことなんだろうなと、最近よく思います。

a0029889_142521.jpg
そして、節分といえば豆まき。皆さんの家の鬼は出て行きましたか? 
ところで、鬼はどこにいると思いますか? それは自分の心の中!
古い鬼が出て行ったと思ったら、また別の鬼が! 鬼退治頑張ろうっと!!


** ** ** ** ** ** ** ** **


追記: 夕方5時の時報に外をみると、西の空が燃えるようなオレンジ色に染まっていました。
a0029889_1715533.jpg
本日 17:00 の夕景。(クリックで大きくなります)
[PR]
by soleiljap | 2012-02-04 15:18 | ◆ お 弁 当 | Trackback
娘からの写メール
今朝、娘から届いた写メール。
a0029889_16273897.jpg

『お弁当作ったよー。今日も1日元気に頑張ってきまーす。』

メッセージと一緒に、自分で作ったお弁当の画像。


ママも元気いっぱい頑張るね。気をつけていってらっしゃい。
[PR]
by soleiljap | 2011-02-07 11:57 | ◆ お 弁 当
節分の翌日は、
a0029889_14482783.jpg
鬼はーそとー、福はーうち〜。
2月3日は節分。恒例のわが家の豆まきは、今年は小さく小分けされたパックで!(お掃除が楽♪)

節分と言えば、恵方巻き?!
その年の恵方を向いて無言で巻き寿司を棒のまま食べる,,,,,誰が決めたか、全国的にもすっかり定着した感がありますが、皆様もなさいましたか?丸かじり。
わが家もやりましたよ!丸かじり(笑)
一本は多いので、娘と半分こ。今年は南南東だそうです。

一言もしゃべらず食べるって辛いですね。やっと食べ終わってでた一言が、くるしー、でした。(笑)

何はともあれ、この一年がいい年でありますように!

a0029889_9534652.jpg
さて、節分の翌日は巻き寿司弁当。あわただしい中で巻いたので巻きが甘かったようです。
娘は大喜びで持っていきました。


携帯からのアップ、画像の大きさ、向きはどんな感じやら・・・

・・・追記・・・
案の定、豆の画像が横向きで、おまけに巨大。会社のPCから修正しました。
[PR]
by soleiljap | 2011-02-04 09:53 | ◆ お 弁 当
久々のお弁当画像
a0029889_1784073.jpg
今日から2月。月並みですが、月日のたつのは本当に早いです。
娘もついこの前高校生になったかと思っていたのに、もうすぐ3年生。
我が家で一番のしっかり者の娘は、朝、自分が食べた朝食の皿を洗い、そして、誰よりも早く出かけていきます。そして、夜一番遅く帰ってくる。

娘が高校に入って決めた目標があります。それは、部活を3年間やり遂げる事と皆勤賞をとること。

先日、娘が高熱を出したとき、ああ、これで皆勤賞がなくなるとホントに心配し、どうか朝までに下がってと心から願ったのです。朝をむかえたら、熱は変わらず39度。この日初めて病欠の連絡を学校にいれました。
しかし、その日、病院でインフルエンザと判明したときの安堵感。だってインフルエンザは公欠扱いになるから。

娘よ、残りの一年も体調管理に気をつけて元気でいようね。ママもあと一年お弁当作り楽しみます。

いつも同じようなお弁当ですが、娘は帰ってくると必ず「今日のお弁当も美味しかったーー」と言ってくれます。
ママこそ、「ありがとうね」
[PR]
by soleiljap | 2011-02-01 18:20 | ◆ お 弁 当
私のお弁当

a0029889_0243043.jpg
今日は絵画教室。初めてお弁当を持っていきました。メインのおかずは前日の夕飯の残り物のおでん。ハートの玉子焼きだけは朝作りましたよ。といっても娘のお弁当用に作った残り。

お弁当を持って出かけるって何年ぶりでしょう。今日お弁当のふたを開けてハートの玉子焼きが目に飛び込んできた時は、何だか幸せな気持ちになりました。自分で作ったお弁当なのに……。(笑)

夜、娘にそのことを話すと、彼女も同じようなことを言っていました。
「毎朝お弁当の中身は見て分かっているのに、ランチの時間、お弁当を開く時いつもワクワクするんだよ♪」と。
今さらですが、手作りのものって皆を幸せにするパワーがあるのですね。

そして、今日は油絵「海の幸」の完成の日でした。
私は、完成のサインを入れることができませんでした。時間が足りなかったのではなく、納得いくものが描けなかったのです。しばらく置いて描くことにします。上手く描けたらアップしますね。(いつも同じことを言ってる?)


最近、よく追っかけられる夢をみます。怖かったり驚いたりして目をさますのです。夢診断によると、忙しくて余裕がない時や、やるべきことに追われて、中々片付かない時に見るそうです。
確かに、パソコンが戻ってきたら、時間がタイトになりました。(笑)
明日はお客様が見えます♪ お料理の下準備を済ませてPCに向かったら、もうこんな時間。
急いで寝ます! 

皆様も良い週末をお過ごしください♪
[PR]
by soleiljap | 2010-02-07 01:10 | ◆ お 弁 当
梅干しデビュー
a0029889_11203682.jpg
8月3日に土用干しをスタートさせた梅干し。2日目、3日目の曇りと雨の予報も、嬉しく裏切られ、しっかりと天日干しすることができました。

3日間、我が家のリビングは梅と紫蘇のいい香りに包まれていました。(夜は家の中にいれておく)
初日は朝からカンカン照り、汗びっしょりで帰ってきた夫が、ざるの上の梅干しを見て、「いい梅出来たじゃない。食べようよ!」
試食は3日後と決めていたのですが、いい香りには勝てませんでした。二人でつまみ食い。猛暑で沢山汗をかいたので、酸と塩分は生き返る感じでした。

手作り梅干しを待ち望んでいた娘も、部活から帰ってくるなり、「明日のお弁当に入れてね!」と。
あと2日、天日干しがあったのですが、翌日のお弁当にさっそく入れてあげました。
帰ってきた娘が、「お弁当美味しかったよ」の後に、「ママの梅干しスゴク美味しかった」と嬉しいひとこと。
手塩にかけて作った梅干し、大事に食べてもらえると本当に嬉しいものです。

a0029889_957531.jpg
昔、戦後の貧しい時代の象徴として、「日の丸弁当」という言葉がありますが(若い子は分からない?)、じつは、日の丸弁当こそ幸せの原点だったのではないかと思ったりします。皆が同じ方向を向いて、一生懸命だった時代。

真っ白いご飯に梅干し一個だけ。お母さんが、愛情を込めて炊いたご飯に、手間を惜しまず漬けた梅干が一個。その単純なお弁当から色々なことを読み取れます。それぞれの家庭の事情でおかずは入ってなくても、沢山の気持ちがこもった、愛情いっぱいのお弁当です。みんなきっと、お米の一粒も残さず食べたでしょう。

豊かになった今、あの何もなかった時代より、人の心ははるかに貧しくなったと思います。
物が溢れ、食べものが惜しげもなく捨てられる今、その代償は自然破壊、そして、心の貧しさ。
[PR]
by soleiljap | 2009-08-06 11:17 | ◆ お 弁 当 | Trackback