カテゴリ:◆ パ ン( 9 )
*Recipe 小豆餡の花巻き と 今朝の富士山 oishii
a0029889_23333771.jpg
寒くなると肉まん、あんまんが恋しくなる、と誰かさんが言っていたので。先日も作った花巻きを今回は餡を入れて作ってみました。餡は冷凍しておいたもの。やっと使いきる(嬉)。
(画像は2次発酵前のものです)
a0029889_2334183.jpg
中華の花巻きには伝統の巻き方ってあるのかしらね。細かいことは気にしません。工作気分で楽しく巻きました。こんなパンありますよね。
蒸篭からモクモクと上がる湯気と一緒にただよう小麦粉とイーストの匂い。この瞬間がまたいいもの。
a0029889_2334159.jpg
そして、出来たてを食べられるのも、作った者だけに与えられる特権。(家族がそばにいたら別ですけど・・・笑)
ごちそうさまでした♪ すごく美味しかったのですが、餡が手につくのが難です。

レシピは、先日初めて花巻きを作ろうと思って、以前紹介した中華まんのレシピを引っ張り出したのですが、スキムミルクを切らしていて、スキムミルクなしで作ったら、これも美味しかったのです。
今回の作業でさらに微調節して配合をまとめました。よかったら皆様も作ってみてください。
巻き方はいろいろあるみたいなので、いろいろ作って教えてくださったら嬉しいです。



a0029889_814178.jpg
今朝7時前、台所で朝食の準備をしていると、カーテンを開ける音といっしょに、夫の「富士山が見えるよ」の声。

いつもと変らない富士山なのに、毎回心踊るほど嬉しい。
久々に姿を現した富士山は、霞の中でほんのり雪化粧をしていました。大きな空には雲がまるで水墨画のようににじんで、水色の空を透かしていました。上手く撮れなくてごめんなさい。(クリックで大きくなります)
その富士山も朝9時には、すっかり雲に隠れてしまいました。

皆様も素敵な一日をお過ごしください。寒いので温かくしてね♪

*花巻きのレシピ
[PR]
by soleiljap | 2007-10-20 10:28 | ◆ パ ン | Trackback
フォカッチャ
a0029889_221252.jpg
イタリアのパン、フォカッチャを焼きました。
実は2回目のフォカッチャです。 先日、いつもパンやSweetsをささっと作られる“くまカフェ”のmomoちゃんの、とっても美味しそうなフォカッチャを見て、思わずコメントをいれたら、すぐにレシピを起こして送ってくださいました。

momoちゃんのレシピは、とっても興味深い作り方で、半分に分けた粉にイースト、砂糖、ぬるま湯を入れて、どろどろ状の種を木ベラで、グルテンを出すためにかき混ぜるのです。そして残りの粉を加え、捏ねていくのですが、捏ね方も、今までは片手しか使っていなかったのですが、両手で無駄のない捏ね方。こういうやり方があるんだ、なんて感激することしきりでした。
a0029889_2331561.jpg
お陰で、こんなにふっくらと膨らみました。ソフトフランスパンのような食感。皮がもちっとして、中がフワフワなのです。以前つくった物とはまったく違います。(以前の画像、More機能に置きました)。
断面の写真がない!撮ろうと思っていたのに、あっとう間に皆で食べてしまいました。残念。


a0029889_23445468.jpga0029889_23353184.jpg
今回は、ローズマリーとニンニクを使って、指でくにゅっと押し込んだ穴にオリーブオイルが溜まるくらいたっぷりとオイルを塗りました。

私にとってケーキのようには中々上手く行かないパン作りですが、今回momoちゃんに素敵なレシピを教えていただいて、美味しいフォカッチャを焼くことができました。これでまた一つパンの種類をクリアーできました。momoちゃん、ありがとう♪

■以前つくったフォカッチャ
[PR]
by soleiljap | 2005-12-11 01:50 | ◆ パ ン | Trackback(2)
かぼちゃのちぎりパン
a0029889_22493391.jpg
18×18cmの型がないから焼けない、なんて思ってた“かぼちゃのちぎりパン”、丁度同じサイズの寒天流し器があるではありませんか。
しかしこの型、昔買った時、冷やしだけにお使い下さいと、書いてあったような。
う~ん、読まなかった事にしよう。(笑)

当初からすでに沢山の方が焼かれていて、
a0029889_22542180.jpgtototo‐naomityさん
ayakonyanさん
shizuerさん
mokobuuさん
aranciaさん
WINWINNORINORIさん
tablemeiさん
harumakiさん
maicohさん
green_bouquetさん
Emiさん
joujoukaさん
takakoさん
koroさん
nu-mayu0815さん
ilucaさん
上記の方にTBいたします。
きっと他にも沢山の方が焼かれていると思います。(焼かれた方TBお願いします。)

a0029889_14365016.jpgぽこぽこっとした形状のこのパンは作る過程も楽しいけれど、焼きあがりがなんとも言えず可愛いんです♪
赤ちゃんのこぶしくらいの山を手で裂くと、ほら、この断面!私が求めてた、しっとりと糸を引くように裂けるんです。かぼちゃの香りがふわっとしてきて、味見のつもりが一気に8個も食べちゃいました。


a0029889_14183538.jpg

[PR]
by soleiljap | 2005-07-14 23:55 | ◆ パ ン | Trackback(15)
さつまいもあんのお焼き風
a0029889_16541718.jpg
『毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ』から “さつまいもあんのお焼き風” です。
これは、昨夜一緒に食事した友人の為に、お土産用に焼きました。

最初は、黒胡麻パンにしようかと思ったのですが、残念黒胡麻が切れていました。いつもの本をパラパラとめくりながら、初めて作って失敗したら怖いな、と思いつつ、パリでも中々手に入らないだろう"さつま芋"を使ったパンに決定!

a0029889_12195564.jpg昨日は蒸し暑かったので、発酵は自然に任せました。窓際においたボールの生地が見る見るうちに膨らんで、パンって生きてるんだな~、とあらためて実感。(最近ちょっと余裕??)

6個丁度はいるフライパンがあったので、こちらで焼きました。(本だとホットプレート)

a0029889_1655068.jpgリーンの生地は外側がパリっとして中がふんわりするのが特徴、フライパンで焼くので、色よく焦がした面がパリっとして、火に当ててない側面も、もちっとした食感!
中がふんわりとしていて、美味し~~~♪

お芋自体の甘さもあると思いますが、おやつにするのであれば、もう少しお砂糖を入れてもいいですね。かぼちゃの餡や餡子をいれても絶品だと思います。これもリピートして作りたいパン。
味見したりで、プレゼント用にはほんの少しだったので、次回は倍の量で作ってもいいかな。
[PR]
by soleiljap | 2005-07-11 12:27 | ◆ パ ン | Trackback(4)
ベーコン&オニオンブレッド
a0029889_223239.jpg
急な仕事が入り、遅くても今週末には終わらせないとならない書類に追われています。書類持ち帰りで今夜も徹夜の予定。(こんな時にblogやってる場合ではないのだが・・・。)

すでにたくさんの方が焼かれて、是非焼いてみたかったベーコン&オニオンブレッド。我が家の今朝の朝食でした。
昨夜、朝のパンがない事に気づき急遽焼きました。焼きあがりいい香りがしてくると、歯ブラシも終わった息子がやってきて、一切れ食べたい!と。今度は夫が一切れ、私もついでに・・・・で、あっという間に2/3になってしまいました。
皆さんがおっしゃるように美味しかったです。反省点は、ベーコンが塊しかなく、もっと薄く切ればよかった。玉葱も焦がしてしまった・・(笑)
a0029889_133724.jpga0029889_15514.jpg

PCで仕事というのもある意味大変です。誘惑に打ち勝てるか・・(笑) blogに鍵がかけられたらいいのにね(笑)。
----------------------------------------------

■shizuerさんの「BACON & ONION BREAD」
■ayakonyanさんの「オニオンベーコンブレッド 再び」
■mappetさんの「ベーコン&オニオンブレッド」
■booooleanさんの「感謝の印に ベーコン&オニオンブレッド」
■parquetさんの「魔性の「ベーコン&オニオンブレッド」(訂正です) 」
■wan2anzuさんの「ベーコン&オニオンブレッド」
■sharoumeさんの「冒険してしまった」
■maicohさんの「ベーコン&オニオンブレッド♪」
■ののかにさんの「ベーコン&オニオンブレッド」

上記の方々にTB~


追記:数字ばかりみていたら頭が変になりそうだったので気分転換にリベンジ!(画像は差し替えました。)明日の朝食もまた、ベーコン&オニオンブレッド!(笑)

最初に焼いたもの。
[PR]
by soleiljap | 2005-07-06 17:00 | ◆ パ ン | Trackback(9)
黒胡麻パン
a0029889_11562078.jpg

突然、石~?!blogも1年過ぎるとなんでもあり、と言う事で、美味しかった石のお話です。

というのは冗談で、
[PR]
by soleiljap | 2005-06-30 10:11 | ◆ パ ン | Trackback(7)
イギリスパン & ピタパン
a0029889_2251145.jpg
すっかり遅くなってしまいました。さて、先日早起きしてケーキの他に作ったもの、それは“イギリスパン”です。
「毎日作りたくなるお菓子とパンのレシピ」を見て、“シナモンブレッド”の次に作りたかったのがこのパン。皆さんの作られるイギリスパンを見ながら益々その気に(笑)。
20×10×10の型が無いのでパウンド型で焼く。深さが半分の5㎝の型なので高さは出ませんでしたが、まずまずの膨らみ。膨らみはね。
(トップ画像は本と同じアングルで撮ってみました。)

a0029889_15523836.jpg外側がパリッとして、中がふんわりしっとり。これが私のイギリスパンのイメージ。
そのイメージからすると、イマイチの味わい。アツアツの出来立てを手で半分に割ったのですが、裂けた時、白いパンの生地が糸をひくような感じが無い。最強力粉がなかったので、強力粉だけで作ったのがよくなかったのかしら。まぁ、初めて焼いたのでこんなものでしょう。
「型がいい色になじんできた頃には、きっとイギリスパンの達人になっているはず・・」
本にも書かれてあるように、これからのんびり楽しみながら焼いていく事にします。


イギリスパンの残った生地でもう一つ焼く。
a0029889_1046128.jpg

a0029889_16401646.jpg
残ったピンポン玉くらいの生地で“ピタパン”を焼きました(左)。 右の画像はちょっと前に全粒粉で作ったもの。(蛍光灯の下で撮ったので色悪し)こちらはオリーブオイルをいれて作ります。

ピタパン、中近東の家庭料理で、ポケットパンとも言われるようです。半分に切って、中にお好みの具を入れていただきます。

それはこちら。
[PR]
by soleiljap | 2005-06-18 17:00 | ◆ パ ン | Trackback(2)
シナモン ブレッド (Cinnamon Bread)
a0029889_1025483.jpg
やっと重い腰をあげパンを焼いた。
思い起こせば、今から十数年前、新しく我が家にやってきたオーブンで意気揚揚とパンとピザを焼いたことがある。時間をかけて作ったパンもピザも不本意にも捨てるはめに。それ以来イーストを封印してきた。

そんな私も昨年暮れにblogのお陰でイーストデビュー(肉まんで)を果たし、ピザまではつくった(嬉)。しかし、ここにいたって今だパンを焼いたことがなかったのだ。(やはりトラウマか・・笑)

a0029889_10141587.jpg久々の何もない休日、西から私の空耳か、誰かさんの声??(笑)
本をパラパラとめくりながら、何を作ろうかな~、と思案する時の時間は実に楽しい♪

イギリスパンはパルケさんtototo-naomityさんが焼かれたし、ベーコン&オニオンブレッドはayakonyanさんが2度焼いていらした。どれもホントに美味しそう♪

パン作りは材料を計量してから焼くまで時間がかかる。パンの種類にもよるけれど、それだけ時間をかけるのだから、楽しいものがいいな、と選んだものが「シナモンブレッド」。


a0029889_10292314.jpgお砂糖、牛乳、バターを練りこんだほんのり甘い生地に、グラニュー糖とシナモンを巻いて、ツイストさせて焼いた、デザート的パンです。
本は行程ごとに写真付きで説明されて、ほとんど初心者の私にも今回は文句ナクふっくら美味しいシナモンブレッドが焼けました。
焼きたてを一切れずつ味見して、日曜日の朝残りをいただこうと思ったのに、夜中に誰かが全部食べていた!
*********************
これでやっとパンデビューも果たせました。(嬉) この機会にパンのカテゴリを作り、日々精進していきたいと思います。
[PR]
by soleiljap | 2005-06-12 11:00 | ◆ パ ン | Trackback(14)
ポンデケージョ
a0029889_2123475.jpg
“ポンデケージョ”はずっと気になっていたパン。
いささか出遅れた私ですが、以前tablemeiさんがポンデケージョ風として作られた画像は私の記憶に貼りつき、それからhanaちゃんkoroさんと、次つぎに個性的アレンジの妙を楽しませていただいた。最近ではmayuちゃんも美味しそうなポンデケージョを作られていた。
巷でも一時期プームになりパン屋さんでも売られていたと思うが、一度も食した事がなかった。それが今こうやって自宅で作ると言う事は、やはりblogのお陰かな。

a0029889_2131344.jpgポルトガル語で、ポン=パン、ケージョ=チーズ、チーズパンという意味。ブラジルのごく一般的な食べ物で、日常食らしい。パンといってもイーストを使わない。(レシピによってはベーキングパウダーをつかったものもある。)
このパンの特徴は何といっても粉にあると思う。キャッサバという植物の根茎から取れたでんぷん質の粉(タピオカスターチ)を使う。

先日やっとこのタピオカスターチをみつけた。あとの材料は自宅にあるものでできるので、早速作ることに。
粉は、ふわっと空気を含んだコーンスターチというよりどちらかというと、片栗粉のように粒子がつまったような手触りで、糊のような匂い。
作り方も面白い。粉に熱湯を注ぎ捏ねる。卵とチーズを加えて更に捏ねる。イーストを使わずここまでグルテン質を出すポンドのような生地を捏ねながら、どんな感じに焼きあがるか楽しみだった。

a0029889_9364361.jpg焼きあがったポンデケージョは、外側がパリッとして中はお餅のようにもっちりとして、不思議な食感。チーズの味と香りが広がって美味しい。お砂糖を使わないのでカロリーも控えめ、作り方も簡単で各家庭の手作りで手軽に食べられるパンというのも頷ける。

その国に根付いている料理は、その国の食文化を垣間見せてくれるから楽しい。
世界中にはまだまだ興味深い不思議な食べ物が沢山あると思うとワクワクする。

※今回参考にしたレシピは→こちら。(焼き時間は、私のオーブンで25分ほどでした)


追記;
■NORINORIさんの「村上パンだけじゃないのよ。」にTB・・・NORINORIさん、こんな粉もあったのですね♪
■くまカフェのももちゃん「☆ポン.デ.ケージョ&チョコとブランデーレーズンのマフィン」
※パンのカテゴリをつくったので、このポンデケージョも「パン」にいれる事にします。

*****************************

先日夫に根っこを洗われたハイビスカスのその後です。↓
[PR]
by soleiljap | 2005-06-09 11:18 | ◆ パ ン | Trackback(8)