<   2004年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧
松茸ごはん  ~秋の味覚・まつたけ~
a0029889_2315398.jpg

やっと我が家の食卓に登場♪
と言っても、ひと箱数千円~○万円もする国産の松茸ではなく、カナダ産のもの。
近くのスーパーが改装でしばらく店を閉めるため、特売になっていました。
いつもは素通りか、見るだけの松茸、しっかり庶民に手が届く値段になっていました。すぐにカートの中へいれました。
料理しながら、国産のような香りは期待できないかな、と思いきや しっかりいい香りがしていました。

a0029889_2323666.jpg松茸ごはんと松茸のお吸い物、しいたけの笠に鶏の挽肉を詰めて、お醤油で甘辛く炒り煮したものを作りました。
a0029889_239106.jpg



a0029889_1115992.jpg

松茸はここ数年、中国産やカナダ産の輸入ものが入ってきて、値段もお手頃になってきましたが、味、香り共に、やはり国産の松茸にはかなわないかな、と思います。

レシピはこちら
[PR]
by soleiljap | 2004-09-30 23:28 | ◆ 料  理 | Trackback
お月見団子
a0029889_1243478.jpg

心配していた雨にも降られず、こちら東京は何とかお月見できそうな気配です♪
日曜日に最後まで出来なかった運動会も本日残りを終え、帰宅後さっそくお月見団子を作りました。あんこは母から送ってきたツヤツヤのこしあん。
a0029889_1231839.jpg

実家では十五夜の夜、お団子と一升瓶にすすきを差して、お芋や季節の野菜、お酒をお月さまの見える所にお供えしていました。
ススキ、昨年までは我が家の小さい庭から取ってきたものを飾っていましたが、今年はなくなく買いました!

取りあえずお月見してきまーす♪

                    22時9分頃のお月様
a0029889_22492885.jpg

見えましたよ♪ ちょうど満月になる時間に合わせて撮りました。
実は3回外に出て撮ったのですが、この時間が一番良くみえました。
月の写真、相変わらず上達していませんね。
十五夜のお話

以下はvariousemoonさん『つきのくさぐざ』のTB企画“十五夜の宴”のテンプレートです。
*******************************************************
TB企画“十五夜の宴”開催します!!
陰暦8月15日の十五夜(中秋の名月)は、古来からお月見の対象とされてきました。
その伝統は中国から伝わり、歴史はなんと一千年以上!
現代にまでこのお月見の風習は親しまれています。
今年は、十五夜のお月さまが月齢上も満月となる少し珍しい年です。
(十五夜ではまだ満ち切っていないのがふつうです)
9月28日22:09(月齢13.945)と、満月の瞬間も
比較的見上げやすい時刻であります。
みなさまの思い思いの「お月見」を、是非トラックバックしてください。
月の出、9月28日17:32、月の入り9月29日4:49となります。

トラックバックのやり方は、この記事のトラックバックURL↓
http://kusagusa.exblog.jp/tb/1086362
をコピーの上、ご自分のトラックバックしたい投稿の”編集”をクリック
→トラックバックURLにさきほどのURLをペーストして”送信”です。
*******************************************************
[PR]
by soleiljap | 2004-09-28 18:08 | ◆ Sweets | Trackback(4)
中秋の名月  **TB企画のお知らせ**
つい先日まで上弦の月を楽しんでたのもつかの間、秋の夜空に煌煌と輝く、中秋の名月は旧暦8月15日の月。来る9月28日がその月にあたります。(もう明日なんですね)

満月を楽しみに待つのも風情があります。
うつろい行く月を先人はこのような美しい名前をつけて楽しんでいました。

   旧暦8月14日の月・・・待宵月
         15日の月・・・十五夜月
         16日の月・・・十六夜月
         17日の月・・・立待月
         20日の月・・・寝待月
   旧暦9月13日の月・・・十三夜月

空気が澄んで、夜空の美しいこの季節、 少しずつ満ちては、また欠けていく美しい月。
満月と一緒に楽しみたいですね。
さて今宵の月は・・・・     よりによってまたも悪天候の兆し。

さてお月様と言えば、variousmoonさん『つきのくさぐざ』のTB企画です。
今回の企画は “十五夜の宴” 
みなさんふるってご参加くださいね♪

TB企画の詳細はこちらから
[PR]
by soleiljap | 2004-09-27 14:04 | ◇ 風 景 | Trackback
てるてる坊主と運動会

a0029889_17183395.jpg

今朝は霧雨。
昨夜、雨だけは降りませんように、と娘が作ったてるてる坊主の効果?でなんとか、午前中のプログラムとお弁当までは予定通りおこなわれたのですが、午後からのものは延期になってしまいました。残念です。

毎年、どうしようかと悩むお弁当。重箱に入れてくるご家庭は多分、数名だと思うし、でも子どもが小学校にいる時だけは、こうやって作るのもいいかな・・なんて毎年思いながら、この時期を過ごします。でもここまでやってきたのだから多分来年も作ると思います。

恒例の我が家のお稲荷さん、今朝バタバタとしていたので写真はこれしか撮れませんでした。他にタッパーに筑前煮を、デザートにフルーツ(巨峰とみかん)を入れて行きました。
[PR]
by soleiljap | 2004-09-26 17:00 | ◆ お 弁 当 | Trackback
かぼちゃのお饅頭
a0029889_21552016.jpg

私のレシピのノートをパラパラとめくっていると、かぼちゃのお饅頭のレシピが目にとまりました。随分前に私の妹から聞いて書きとめたレシピです。
昨日ちょうど煮物をしようと買っておいたかぼちゃがあるのでさっそく作ってみることに。あんこは母が送ってくれたものが冷凍庫にあったので使いました。

a0029889_2114352.jpg

かぼちゃも一年中ありますが、やはりこの時期のものは甘味があって美味しいですね。皮も刻んで入れました。もちっとした食感で餡の甘さとかぼちゃの自然な甘さがちょうどいい感じでした。最近蒸器づいています(笑)


a0029889_052357.jpg娘の部屋の窓に てるてるぼうず がかけてありました。寝る前にティッシュペーパーで作ったようです。後ろを見ると、サインペンで、『明日晴れますように』 と書かれてありました。
晴れますように!と私も てるてる坊主にお願いしました。
[PR]
by soleiljap | 2004-09-25 21:54 | ◆ Sweets | Trackback(1)
和風スペアリブ
a0029889_0444483.jpg

今夜の夕食です。
パーティーでもよく作ります。酢を入れて煮てあるので、こってりですがさっぱり醤油味でご飯にもよくあいます。鶏(ウイング)でもOK。
a0029889_0453314.jpg

スペアリブを水から5分程煮て、湯を捨て、流水でよく洗い、にんにく、生姜、ネギの青い部分を油でいため、香りがでたらスペアリブをいれ、焦げ目をつけ、酒(今日は焼酎)、砂糖、醤油、酢、水を少々入れ、落し蓋をしてコトコト水分がなくなるまで煮て出来あがり。

a0029889_0462950.jpg

練りごまに擦ったごまとピーナッツを加え、出し汁でのばし、砂糖、醤油、酢を加え、茹でたさやいんげんとあえました。母がよく作ってくれたピーナッツ味の和え物ですが、昨夜行った沖縄料理のお店にもありました。沖縄料理だったんですね。

最近、新しいレストランがどんどん出来ています。先日、夫と子どもたちが行ってきたベトナム料理の店、昨夜行った沖縄料理、スペイン料理のお店も間もなく開店。
楽しみなのですが、blogに載せられるかどうか、写真撮るの勇気いりますよね。

今夜のデザートは頂き物です。すごくおしかったのですが。確実に食べすぎです。どうしよ
う・・・

今夜のデザート
[PR]
by soleiljap | 2004-09-24 22:11 | ◆ 料  理 | Trackback
プロフィット ロール
a0029889_1048977.jpg

私がはじめて一人でお菓子を作ったのが、今の娘くらいの年齢だったと思います。
ケーキが焼きたくて、でも自信がない、小さい身体にはオーブン(ガスオーブン)なんて怪獣のような存在感だったし、本に出てくる色んな言葉もまったく未知の世界でしたから、いつも母の横にいて、母の作るものを見ていました。
母のお菓子は、和菓子がほとんどですが、粉や卵、何の変哲もない材料が、美しく立体的に変身していく姿に、子ども心にいつも胸ときめいていたのを覚えています。

母がいない時、勿論怪獣のようなオーブンは使えないので、本を見ながらまずパンケーキを焼きました。そのうちにだんだん物足りなくなって、泡立てたいという衝動がでて、スポンジケーキの種を作りました。ハンドミキサーなんてないので泡だて器でひたすらシャカシャカです。こんな単純なことでも凄く楽しかったな・・。しかし、ここでもオーブンは使えないのでフライパンで蓋をして焼ききました。1回目は焦げて、何度かやるうちにカステラのようなキメの細かいスポンジが出来たんです。卵の不思議に感動!!これは楽しくて何度も作りました。
で、次はキャラメルだったかしら?コンデンスミルクを使って、色セロファンを切って可愛く包装したのを覚えています。いつも作っては人に食べさせていました。作る過程が楽しかったんですね。

そんな事をしていくうちにオーブンが使いたくなるわけですよ。母がいる時、点火だけしてもらって、初めてシュー・クリームを作りました。
一字一句見逃さず、しっかりレシピ通り忠実に。オーブンに入れて、前から1歩も動きませんでしたね。あんなに敬遠していたオーブン君なのに・・(笑) ちゃんと膨らんで凄く嬉しかったのを覚えています。

それから中学に入って、お菓子作りの好きな友人三人で、ハンドメイドのお菓子隊『コゲコゲ会』を結成。マドレーヌやカップケーキを焼きました。
本に夢中になったのもその頃。部活も忙しくなってケーキ作りも中々出来ませんでしたが、この頃に夢中になったものって、ずっと後の人生にも影響あるんだな。。なんて最近つくづく思います。

で、何を喋りたかったかというと、『プロフィット ロール』。フランスのお菓子です。
そうそう、シューから昔の色んな事を思いだしたんです。(笑)
このお菓子も私の中で、イル・フロッタントやスフレと同じように魅惑的なお菓子です。
小さいシューの中にアイスクリームを詰めて、温かいチョコレート・ソースをかけるんですが、これが冷たい、温かい、甘い、トッピングのアーモンドスライスのサクサク感、本当に美味しいです。
a0029889_9341928.jpg

このレシピは、ケーキの材料や器具をよく買いにいく、近くのデパートに行った時いただいたレシピです。夜さっそく、焼いてみました(写真左)。で翌朝少し分量を変えて焼きました(写真右)。電球の下と、自然光の元の差くらいしか分からないですね(汗)。
水と牛乳の比率をちょっと変えて、皮を薄くしたかったのと、フードプロセッサーと手でかき混ぜるのと、どう違うか見てみたかったのですが、皮は希望通りの感じになって、で、どちらも味は変わりなく美味しかったです。
フードプロセッサー(左)とHand(右)でやったのは、変わらなかったです。労力が軽減しますが、器具を後で洗うのが面倒なんですよね。
[PR]
by soleiljap | 2004-09-21 09:32 | ◆ Sweets | Trackback
蒸しパン ~秋の味覚?・さつま芋~
a0029889_026491.jpg

秋の味覚、今日はデザート、さつま芋を使って黒砂糖の蒸しパン(ふくれ菓子)を作りました。
レシピがないので、まったく行き当たりばったり。おまけに持ってる型が全部蒸器に合わず、結局オーブンを使うことに。となると蒸し焼きしかないので、型は必然とパウンド型。

型(容量)が決まれば、粉を基準に、他の材料の分量がだいたい決まります。
薄力粉と強力粉と黒砂糖、重曹と水、少しの酢。トッピングにはお芋だけでは寂しいので、半分は甘納豆を散らすことに。

a0029889_0262819.jpg

160℃で1時間弱焼きました。見た目も、香りもすごくいいのですが、ただ食感がもう少しやわらかかったらよかったかな?レシピを完成させたいので、あと数回作る予定。

a0029889_0264549.jpg

冷めたらラップに一切れずつ包んで箱に詰めました。夕食後に夫がほとんど食べてしまいました。夫はお芋より、甘納豆の方が美味しいと言っていました。お芋を寒露煮にすればよかったかな?
[PR]
by soleiljap | 2004-09-20 23:19 | ◆ Sweets | Trackback
鯛めし  ~秋の味覚・鯛~

a0029889_0161527.jpg

この季節、やはり食べたくなる料理の一つがこの鯛めし。
この時期の鯛は美味しくて沢山捕れるので安くなります。先日2尾買い、内臓を取って冷凍していたものを、今夜鯛めしにしました。
ダイニングでは、家族がすでに席についてお箸をくわえて待っていたので、レンジの上で写真を撮る。(いつもはよそった後でかける三つ葉も写真用に先にかける)

この季節になると母がよく作ってくれました。だしは昆布のみ、酒、薄口醤油(切れてたので濃い口を使う)、塩で濃い目の出し汁を作り土鍋で炊きます。出来あがる少し前に、焼いた鯛を置き蓋をして蒸らし、針生姜を散しそのまま食卓へ。しかし、ここからが大変なんですよね。やっと食べられる頃にはみんな終わってる、って事も・・・

秋の味覚まだまだ続きそうです。
[PR]
by soleiljap | 2004-09-19 00:15 | ◆ 料  理 | Trackback
悪夢
「痛い・・・・!」

岩場に寝こんでそのまま朝を迎えたような、そんな感じ。
特に背中の左肩甲骨の下あたり・・・藤壺でも生えたかというくらい、ゴツゴツの違和感である。
手を回そうにも痛くて回らない。
(どうしちゃったの??)
何とか皆を送りだし、今日一日の予定を思いだす。
(会社は・・・今日は無理か。)
(保護者会!・・・明日だった、よかった・・・。)

昨日まであんなに元気だった自分の身体がおかしくなってしまった・・・。
お気楽な楽天主義は突然奈落の底に落とされ、悲壮感の中で、幸せな朝などもう来ないのではないかと自暴自棄になる。
せめて美味しい紅茶を飲みたい。大好きな曲も聴こう・・・

お気に入りの紅茶にミルクをたっぷり入れて、結婚前から愛用しているTea Cupに注ぐ。
絶望感の中で聴くバッハ・・・。

a0029889_16103630.jpg

時間だけが這うように過ぎていく。

夕方、食事の事も気になりながらベッドに横になってると、子供達が帰ってきた。
おつぼね、違う、藤壺の母を心配してくれる子ども達。熱を測りなさいと体温計を持ってくる娘。
『ママは今日ご飯作れないね』 とパパに電話をいれてくれた息子。
その夜は夫が子ども達を連れて食事に行ってくれた。
明日の早朝福岡へ出張する夫、「病院に行った方がいいな」と、早めに床についた。

息子は、「ママ、明日6時に起こして。 あ、いいや。 ママはゆっくり寝てて。 パパに起こしてもらうから」


娘も、「明日は私が朝ご飯つくるね、だから、ママは寝てていいからね」

(なんていい子達なんだろう・・)

安心してベッドに入ったが、身体は寝返り打てないほど痛い。
(この子達の為にも、明日病院へ行こう) 絶望の淵でつぶやく。


翌朝、 『ママー!!もう7時40分だよ!』 
息子の声で起こされた。
夫はとうに福岡出張に出かけ、娘はまだ寝ているではないか!!!
『はっ!!! あ゛ーーーっ!!!!』
(昨夜の優しい子ども達の言葉はなんだったのーーー!!) 
そのまま垂直に飛び起き、短い廊下を1.17秒で走りぬけキッチンへ、スーパーミラクル早送りで昨夜買って来てもらったパンと牛乳を出す。(ゼェゼェ・・)

パンをかじりながら子どもたちが、『ママ、背中大丈夫?』 
『ん?? あれ??』 
グルン、グルン (腕を回す)、ぐりぐり (身体をくねらす)・・・

『あら?? 動く!!』 

お昼前、出張先の夫から電話が入る。
『病院へ行った?』
『行ってない。 もう痛くないの・・・』

何だったんでしょう?あの悪夢のような一日は。 まるで突然に虫になったカフカの『変身』
人間健康でありたいと、つくづく感じました。

こんなオチですみません!!トホホ
[PR]
by soleiljap | 2004-09-18 13:47 | ■ お気に入り | Trackback