<   2005年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
東京-コロラド バナナブレッド再び 
a0029889_20343326.jpg
最近我が家の朝食に良く登場するバナナブレッド。、前回のに続いて2回目の登場は、題して『東京-コロラド バナナブレッド再び』

さて、その経緯はざっとこんな感じでした。
コロラドからいつも美味しいお菓子を作って私達の目を楽しませてくださるWingさん。さっそくバナナブレッドを作ってくださいました。いつもながらとても美味しそうな出来あがり。その時の記事に、膨らみの問題について、いくつかの考察が記されていました。それは他の記事も含めてとても興味深いものでした。

もしや、自分のレシピに何か問題があるのでは・・・
早速自分の書いたレシピをプリントアウトし、再再確認すべく、第三者の立場でレシピを見ながら忠実に作ってみました。(※その出来あがったものがのトップと下の画像)
以前と膨らみ方に少々違いがみえますがいつものバナナブレッドが焼きあがりました。(型の熱伝導の違いからと思われる。)
すぐにsoleil→Wingさんへ、画像と以下の◆をメール送信しました。
 -------------------------------------------------------------------
  ◆ベーキングパウダーはgで計った所、“小さじ2強”は 『4g』。
   (※個人で計り方に差異があると思うので『g表示』の方がいいですね)
  ◆バナナは中2本、gで見てみると正味(皮を除いて)209g。      等など(他省略)
-----------------------------------------------------------------
Wingさんからお返事をいただき、お忙しい中、再度作ってくださいました。その内容はWingさんのblogの「バナナブレッド、再び」をご覧下さい。今度は綺麗な膨らみです。



a0029889_8301981.jpg膨らみを妨げていたものは、大きな理由として、種類の違う二人のベーキングパウダーにあったようです。

今回の『東京-コロラド間 バナナブレッドAgain』でわかった事は、
●材料(メーカー)によって、重量に差がある。
●IT時代、世界中で同じレシピで料理やお菓子が作られることも多くなるので、g表示にすべきでした。(また日本のカップ1とアメリカのカップ1は違うんですよね。)
●バナナも人それぞれで大きさの観念は違うのでこちらもgで表示すべき。

今までは何も疑問を持たずに焼いていたケーキですが、こうやって皆さんとレシピを共有する事でいろんな発見をさせていただいているんですよね。
国によって、計量もサイズも違い、食材の扱い方にも違いがある。そんな中でスムーズに焼きたいケーキを焼く為には、レシピの表示(重量)の統一って大事ですよね。

**おまけ実験(ベーキングパウダーを使わずパウンドケーキを焼く)** 
同じレシピで、ベーキングパウダーを使わずふっくらケーキを焼いてみました。卵別立ての方法でちょっとだけ手間がかかりますが、添加物を使えない方も美味しくいただけます♪
BPをいっさい使わずに焼いた2種類のケーキです。

画像はこちらから。
[PR]
by soleiljap | 2005-04-25 22:37 | ◆ Sweets | Trackback(2)
簡単!紅茶豚
a0029889_20461839.jpg
パリの友人から教えてもらった料理、紅茶豚を今夜やっと作りました。
豚の肩ロースと紅茶のティバックをお鍋に入れ、水から煮るだけ。
食べ方はいろいろで、熱いうちに、ひと煮立ちさせた醤油と酢、酒、みりんのさっぱりタレに一日漬けこむ方法と、今夜は友人に教えてもらった、梅肉を叩いて醤油と酢、酒で溶いたタレをつけていただきました。(蛍光灯の下で撮ったので写真があまり綺麗じゃない)

a0029889_2047866.jpg<材料>
・豚肩ロース塊・・・500g
・紅茶のティーバッグ・・・4個(ナイロン製のものがベスト)

<作り方>
①鍋に肉がかぶる位の水をいれ、ティバック4個を入れ火にかけ沸騰したら弱火で50分程煮込む。
 (※アクをとる)
②火を止めそのまま放置。人肌位に冷めたら取りだし、薄くスライスして皿に盛りつける。(冷蔵庫でひやして、冷たくしても。)
③タレ:<梅肉大さじ1、醤油大さじ1、酒大さじ1、酢小さじ2>を合わせ添える。

我が家は白髪ネギを巻いていただきました。タレは梅肉のかわりに、にんにくのすりおろしを入れても美味しいかも。ラー油やごま油、トウバンジャン、ネギのみじん切りを入れて中華風にしたり、お好みのオリジナルのタレを作っていろんな味で楽しめますね。

紅茶が何故いいのか理由はわかりませんが、肉がしっとりしているように感じます。臭みも紅茶がしっかり取ってくれるのでしょう、生姜やネギの青い部分をいれなくても匂いが消えていました。普段のお料理は勿論、忙しいパーティーやおもてなし料理にもってこいの一品です。
[PR]
by soleiljap | 2005-04-20 22:47 | ◆ 料  理 | Trackback(13)
ベークドレアチーズケーキ
a0029889_9144533.jpg
私にとって一番魅惑的なSweetsの響きは、ショコラ、それからキャラメル、そして三番目に絶対選ぶであろうものが、クリームチーズ。この三つはそのままいただいても絶品である。勿論ケーキの素材にもってきても、味や外見からも十分にその個性と品格は他の追従を許さないのである。(・・・またも大袈裟)

ベークドレアチーズケーキ、「なに?焼いたレアなケーキ???」と最初はへんなネーミングに目をまるくした。このレシピは以前作った“コーヒーマーブルチーズケーキ”と同じ本にあったもの。(図書館で借りた本で何点か作りたいレシピをコピーしておいた)

a0029889_9172134.jpg味は名前の通り、レアでもありベークドでもある。いや、レアでもなくベークドでもない・・どっちだ?!
小麦粉を使ってないからか、とにかくとろ~りとしながら、ふんわり口どけがなんとも魅惑的なのだ。

直径6cmのセルクル7個分でお砂糖は、わずか粉砂糖大さじ3杯のみ。クリームチーズの味が引き立ちます。 マーブルチーズケーキも美味しかったけれど、こちらもとても美味しい♪ 私にとって要チェックのレシピである。この本の名前、調べておきますね。
ブルーベリーを解凍せずに使ったら、かなりにじみました。詰めが甘いな・・・。

****************************
※本の名前■「シンプルスタイルのチーズケーキ」 石橋かおり著 雄鶏社
かおる亭blog」のkaboさんが教えて下さいました。ありがとうございました。
[PR]
by soleiljap | 2005-04-19 11:25 | ◆ Sweets | Trackback
春だから少しだけスキンも衣替え♪
実は、あのアルファベットと記号の羅列を見ただけで眩暈を起こしそうなほど、CSSもHTMLも全く分からなかった私。
でも、今回リンクをたどってみつけた「ぽっとの陽だまり研究室」様のblog。とても分かりやすい説明と、スタイルシートをはりつけるだけの簡単編集のお陰で、なんとか念願の編集ができました♪さっそくTBさせていただきます。

今回参考にさせていただいたもの
■ コメント欄の編集のまとめ
■ By ○○の変更の仕方
■ 鍵コメントを判りやすくする方法
■ イメージリンクの外側の枠を消す方法 その2

難易度が★の数で表してあるし、はじめは何のことだか分からなくても、そのうちに見えてきます。オリジナルのものが出来るとやはり嬉しいものですね。
[PR]
by soleiljap | 2005-04-16 21:19 | Trackback
大学芋
a0029889_2034745.jpg
これは大学芋の革命といっても過言ではなかろう・・・(大袈裟)
先日お土産に大学芋をいただいた。それは初めて聞く名前 “らぽっぽ”の『チャイナポテト』。

あまりのおいしさに、自宅から一番近い所で、どこで買えるか電話した。
渋谷・・・あの雑踏の中にこれだけ買いに行くのもな~、と考える時間があったら作りましょう。
以前、大学芋をカラメルでコーティングした記事を思い出した。早速検索。
こちらのblogを覗くと、何故か喉が渇いてお酒が呑みたくなる。お酒のおつまみにぴったりのお料理はその腕前もさる事ながら、きっとお酒をこよなく愛する方なのですね。
sukerokun5さんのblog“だれやめ処”『芋』にTBです。
a0029889_10351198.jpg
頂いたチャイナポテトを思い出しながら、焦がさないように揚げたさつま芋に、カラメルを絡めて、冷水に落とします。水分をとって冷蔵庫で冷やします。
本家は特殊な製法があるのでしょうが、カラメルのパリっとした中に、ホックリ甘いさつま芋。美味です!

ツララみたいなのは、カラメルが垂れた状態で、冷水に入ったのでしょう。
一人であっという間に食べてしまいました。(誰の口にも入らなかった・・笑)

『らぽっぽのチャイナポテト』って昔からあるんですね。知らなかった・・・トホホ
[PR]
by soleiljap | 2005-04-16 11:27 | ◆ Sweets | Trackback(1)
はんぺん海老餃子
a0029889_21412731.jpg
今夜はハンペンと海老の揚げ餃子。 ビール?それとも白ワイン?冷たくひやした冷酒?・・・とアルコールが絶対飲みたくなる、そんなお料理です。飲めない私も飲みたくなる一品。

美味しいお食事は、美味しいワインをいただくために・・・いつも美味しそうなお料理とワインを紹介してくださる"vivid memories"のカリフォルニアのゆっこさんの作られた『ハンペン&エビ餃子』にTBです。
簡単なのに味わい深い。揚げ物なのに軽い?プリプリの海老とフワフワのはんぺんの食感、紫蘇の風味が爽やかで、とても美味しかったです。 ゆっこさん、きっとまた作ると思います。美味しいレシピありがとう♪ (レシピはゆっこさんの所にあります)

a0029889_21434116.jpgこちらは、我が家の定番おかず。
開いたささみに塩こしょうをして、湯通ししたオクラを巻いて、フライパンの上で転がし、焦げ目がついたら料理酒をふって、お醤油とみりんで味付けます。(水分を良く飛ばす)お弁当のおかずにも美味しい!
断面のオクラの星型が可愛いでしょ♪(自分でいってる・・笑)
[PR]
by soleiljap | 2005-04-13 23:27 | ◆ 料  理 | Trackback(5)
市販のお菓子を使って
a0029889_19331878.jpg春休み娘と作った超簡単お菓子。以前コーンフレークで作ったチョコフレークがありますが、今回はチョコレートを湯煎にせず、レンジで溶かすのでお子さまにも簡単に出来ますよ♪
ウエハースでマシュマロを挟み、チョコレートでコーティングしました。


材料は、ウエハース・・・20枚、マシュマロ・・・適宜、板チョコ・・・ 2枚(1枚70g)。

a0029889_18534683.jpg<作り方>
① ウエハースにマシュマロを乗せてレンジで30秒♪チン、溶けたマシュマロの上にもう1枚のウエハースを乗せ挟みます。
② チョコレートを器に割り入れラップをして、レンジで1分♪チンします。(様子を見て硬い所があればもう15秒ほどチン)
※混ぜない事。
③ ①にナイフでチョコレートをぬり(フォークで模様を描く)、冷凍庫で固める。

お菓子は焼いているのですが、写真をとって編集してという作業が中々できません。blog継続の危機?? という訳で、PCの中の“未投稿フォルダ”からです。
[PR]
by soleiljap | 2005-04-11 23:10 | ◆ Sweets | Trackback
鈴木好男先生のケーキフェア(東京)
以前の記事“アンジェリックのお菓子”で紹介したレシピ本『フランス菓子”本物”の味レシピ』
この本の著者 千葉好男氏のお菓子(現在パリのお店・アンジェリックでだしている)のフェアがあります。

     パリのお菓子屋さん (←HPに写真が載っていました。)

■場所 : 新宿センチュリーハイアットホテル  (ロビー奥)ブーローニュハウス
         TEL 03-3349-0111(代表)
■期間 : 2005年4月18日(月) ~ 6月24日(金)
■時間 : 14時30分~20時(ラストオーダー) 20時30分(片付け)
■料金 : 2,541円/一人  ケーキバッフェ。
         *軽食(サンドイッチ、ピラフ、パスタ)・紅茶、コーヒー付

※新宿駅西口の小田急ハルク前・35番バス停からセンチュリーハイアット行きの送迎バス  10分 30分 50分 出発  


※ 千葉先生は5月9日(月)から13日(金)にこちらに入られるとのことです。

      
[PR]
by soleiljap | 2005-04-07 21:37
バナナ・ブレッド
いつもセンス溢れるoskerさんの作られた“バターなしのバナナブレッド。”にTBです。
a0029889_14543248.jpg
桜の花が入学式をさらに盛り上げ、最高の演出をしてくれています。ご入学を迎えた皆様おめでとうございます。

a0029889_14544836.jpg春休み、朝食用によく焼いていたバナナブレッドです。(3回程焼き、画像は一番最初のもの) 
バナナを入れたパウンドケーキは、今までも何度となく焼いているのですが、バターが多すぎたり、重かったり、食感がイマイチだったりと、どれもすっきりとした出来ではなかったのですが、こちらのレシピは、バターも少なく(粉や卵に対して)、でもしっとりしていて、朝食や普段のおやつにもお勧めのケーキです。

a0029889_16343772.jpg右は昨年秋によく作ったバナナブレッド(ケーキ)です。
断面をみてもお分かりのようにしっとり感が無いですね。味はよかったのですが、検討の余地ありで画像だけ撮ってアップしなかったものです。今回写真だけ登場させます。

そう言えば、いつも機転の利くお料理やお菓子で楽しませていただいてるoskerさんのところでみた『バターなしのバナナブレッド。』、とっても美味しそうです♪バターを忘れてできたそうですが、こうやって美味しいレシピが完成されるんですね。oskerさん、今度はバターなしで作ってみますね。
*************************

レシピはこちら
[PR]
by soleiljap | 2005-04-07 21:31 | ◆ Sweets | Trackback(10)
早春のケーキ エミール
a0029889_158525.jpg
子供たちの春休み、読書熱、迫るピアノの発表会(と言っても弾くのは子どもたち)、花粉症・・・諸々が重なってネットから遠ざかること1週間。大変ご無沙汰いたしました。
沢山のコメント、TBありがとうございます!お返事が遅くなって申し訳ありません。

さて、こちらは『エミール』という名のケーキ。 (名前の由来は不明です)
春の萌黄立つ若葉をイメージすると、このようなケーキになるのでしょうか・・
以前作った “レーリュッケン” や “モザイク・ロール”、最近良く作るガトー・ウィークエンドが載っているおなじみの3分クッキングのテキストから、是非作りたかったお菓子です。

早春を思わせる若草色の抹茶のクラムをつけ、テキストではマジパンの花でしたが、昨年、春になったら使おうと買っておいた“リラの花の砂糖漬け(クリスタル・リラローズ)”を回りに飾りました。クラムはスライスした余分なスポンジを低温のオーブンで乾燥させ、細かくして抹茶と混ぜました。

a0029889_159166.jpga0029889_1582724.jpg

中もテキストではバタークリームにプラリネを散らしたものでしたが、抹茶のムースにして、より爽やかに春らしくなったかな。(実はバタークリームを作りたくなかったの・・・へへ)

■便利なお菓子用語集牽引つき → こちらから
----------------------------------------
※最近blogへ来れる時間が無く、スピーディーにお返事が出来ません。お返事が遅くなると思いますがお許し下さい。
[PR]
by soleiljap | 2005-04-02 09:07 | ◆ Sweets | Trackback