<   2005年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧
末広がりの日にやる事
a0029889_16344571.jpg
年末の忙しさもいよいよ佳境に入ってまいりました!! (ってドラマじゃない!・・笑)

我家はクリスマスが終わり、いわゆる欧米でBoxing dayといわれる26日には、ツリーを片付け、頭はすっかりお正月モードへと切り替わります。
12月に入って始めていた、部分大掃除も、年末のこの日をめどに窓拭き、床のワックスがけで終結させます。(あくまでも希望。たまに出来ない時もあり!)

その日とは12月28日。
実家では、この日に餅つきをします。28の「八」の文字が末広がりという縁起を担いでです。
子どもの頃は、父の会社でスタッフとその家族と一緒に、杵と臼でお餅をついていました。大人数で作ると、あっという間に丸餅が数家族分もろふたに積まれ、夕方にはそれぞれが自宅にもって帰り、半紙に包んで家のあちこちに供えられるのです。

年末からお正月にかけて、勉強机に置かれた、真っ白な半紙の上をくるっとネジって包まれた丸餅は新しい年を迎える儀式のようでした。
杵と臼は次第に家庭用餅つき機にかわり、家庭用につくだけになりましたが、28日の行事は今も続いているようです。

さて、結婚して暮れの餅つきはしませんが、我家で28日に必ずやる事があります。
市販のお鏡と玄関のお飾りを飾る事。 (28日に出来ないときは30日に飾ること。29日は避けなさいとの母からのアドバイス) 

で、今年もお鏡よーし!お飾りよーし!カレンダーよーし!大掃除よーし!  
あっ、やば・・・年賀状まだだった~(がーん)

明日からおせちに取りかかります!
体力勝負のこの時期、主婦の皆様がんばりましょう~♪
[PR]
by soleiljap | 2005-12-29 17:20 | Trackback
クリスマス・イヴの食卓 '05
a0029889_2101912.jpg
皆様、クリスマスはいかがお過ごしでしたか? 我家のクリスマス、昨年はゲストを招いて賑やかなパーティーをやりましたが、今年はとても忙しかったこともあり、久々に家族だけで過ごしました。

今年はのんびり過ごそうね、と前々から話していたせいか、子どもたちに「何が食べたい?」と聞くと、
「唐揚げ!」(息子) 
「シーザーサラダ!ブルスケッタ!」(娘) との返事。 
「あれ?パエリアはいいの?」と尋ねると、「食べたい!でも作るの大変じゃない?」 と娘。
気を使わせてしまったことにちょっと反省。お詫びにローストチキンもつけよう! 

と言うわけで、いつもの定番メニューです(笑)。今回はちょっと趣向を変えて、時間差で料理をだしていこうと、テーブルもそれらしくセッティングしてみました。

                      Bon Appetit !
a0029889_1215130.jpg


                    

★★ More (←Click Here)
[PR]
by soleiljap | 2005-12-27 01:51 | ◆ Party | Trackback(4)
“今週のピックアップブロガー”によせて
a0029889_058246.jpg
昨日帰ってくると沢山のメッセージが・・・皆様ありがとうございます。
今回のことではとっても嬉しい反面、正直照れています。今朝、起きてあらためて自分が書いた文章を読んで感じたこと。 文章が硬いですね!(笑) 
料理に対する思いは、もっともっとあったのにな、こんな事も、あんな事も書きたかったと、今になって浮かんできます。でもね、寝不足の回らない頭でこれが精一杯だったのです。(といい訳しておこう) 足りなかった思いは、これまでの記事(多すぎ)からどうかお察しください。

思い起こせば、当初はHPに我家の食卓を載せるなんて、ちょっと恥かしいな、という思いの方が大きかったです。あれから(ちょうど昨日で)一年と6ヶ月。ほんとにあっという間でした。
いくら大好きなお料理やお菓子作りでも、blogをやっていなければ、きっと、こんなにたくさんの美味しいものには出会えなかったでしょう。
インタビューにも答えたのですが、皆さんからのコメントが、私のお料理作りのヒントとなりエネルギーになっているのです。ここまで来れたのも、皆さんとの繋がりがあったからなのです。本当にありがとうございました!! 

blogを通してこれから出会える未知の料理にワクワクしています。これからも楽しんでやっていきます。どうぞ宜しくお願いします。


最後になりましたが、エキサイトブログの皆様へ
この度は、ピックアップブロガーに選んでくださり、ありがとうございます。
自分を自由に表現でき、そして人から沢山のHappyをもらえるエキサイトに出会えた事、本当に嬉しく思っています。これからも大好きなエキサイトで多くの人に出会って感動していきたいと思っています。ありがとうございました。


明日はクリスマス・イブ、どうぞ皆様お身体にお気をつけ、素敵なクリスマスをお過ごしください♪
[PR]
by soleiljap | 2005-12-23 11:17 | *ご挨拶&お知らせ | Trackback(2)
Christmas Tree 2005
a0029889_223542.jpg
クリスマスツリー、昨年と同じですが、やっと今日娘と出しました。
息子が生まれた年に、夫がカナダから買って来たツリー。昨日の事のように思い出されます。

今年も3時間かけて飾り終えました。へろへろ~
最近ではオーナメントの色や、マテリアルを統一したスタイリッシュなツリーがたくさん出ていて、それぞれに美しいですが、我家はやはり、思い出のつまったこのツリーが一番なのです。

毎年、記念にオーナメントを買うのですが、今年は夫が先月ハワイへ出張した時に買ってきてくれました。(後ほど写真アップします)

オーナメント一部をスライドショーにしました。(昨年撮ったものと混合)→ こちらから♪ 

a0029889_3514377.jpg

[PR]
by soleiljap | 2005-12-23 08:10 | Trackback(7)
炒り豆腐
食べ物には、幼い頃のアルバムをめくる懐かしさがあります。

遠い昔、友だちと時間を忘れて遊んだ日、あかね色に染まった街に、どこからともなく聞こえてきたのが、お豆腐売りのラッパの音。大人になってもこの音を聞くと、その時の空気まで思い出す。
路地に面した台所からひびいてくる、トントントンとまな板を叩く音や、鼻をくすぐるような甘いお味噌汁の匂い。 そして、この匂いがしてくると、何故か急いで家に帰りたくなった、カレーの匂い・・・・。

時代が少しずつ移り、コンクリートのビルが建ちならぶ都会の夕暮れ時に、まな板を叩く音も、お味噌汁やカレーライスの匂いもしなくなったけれど、それでもちょっと足を運んで商店街に行くと、路地から出てくる割烹着を着たおばあちゃんの姿にほんわかし、心が温かくなるのです。

買物帰り、ふと届いてくる匂いに、娘が、「あ、シチュー!?玉葱の甘い匂いするね」 と言ったりするのを聞くと、今も昔も、夕刻のその営みは変わらず、何十年たとうが、その感覚は子どもたちの心の中にしっかりと染み込んでいくのだと実感して嬉しくなる。

子どもたちが大人になって、どんなことで何を懐かしく思うのかは全く分からないけれど、母として思うことは、アルバムをめくるとそこに必ずお母さんの味があり、その味はお母さんのそのまたお母さんの味だったことを思い出してくれたら嬉しい。



a0029889_13321346.jpg先日、大根を煮ながら思い出した母の「炒り豆腐」。
懐かしい思い出のアルバムの中にあったこの料理は、実は子どもの頃はあまり好きではなかった。

母の炒り豆腐には、大根、人参、椎茸、こんにゃく、そして豆腐が入っていて、その具材といい、味付けといい、子どもの味覚には、地味ではっきりしない味で、ある時、続けて出たことがあって、「また~?!」なんて文句を言ったのを覚えています。

月日がたち、いつのまにか好きになっていた炒り豆腐、私の子ども達は文句言わずに食べてくれますが、もしや嫌いなのかな・・・。

a0029889_1131745.jpg
今回冷蔵庫にあったあり合わせで作ったら、お豆腐が少なかったです。椎茸の優しい香りと出し汁が、なんてほっとする味なんでしょう。大人の味です。(笑) 

大人になると味覚が変わるという話しをよくするのですが、それはきっと幼い頃食べた味がベースになっていて、無意識のうちにその時味わった味覚に戻っていくのかな、と思ったり。

器の絵を見る。
[PR]
by soleiljap | 2005-12-19 16:01 | *私の料理考・お菓子考・○○考 | Trackback(1)
冬は sopa de ajo (ソッパ・デ・アホ)の季節
a0029889_11504731.jpg
世界中には、本当に美味しいものが沢山あります。
フランスで初めて食べたチーズの数々、その国のレストランが軒を連ねる界隈でいただく中華料理やベトナム料理、韓国人の友人に連れていってもらった韓国家庭料理。フランスには世界の台所が集まっていました。また貧乏学生ゆえ、日本からパトロン(親戚縁者)がきた時だけ行ける星付きフレンチレストランでは、コース料理が織り成す食の芸術に心奪われ、食前酒からアントレ・・・デザートまで、そのトータルにおいてシェフやギャルソンのスマートなサービスは、味だけではなく、もてなす側の心の大切さをも実感したものです。

さて、アメリカ大陸に長年いた夫が教えてくれた絶品料理も2つだけ(笑)あります。
その一つがソッパ・デ・アホ、カタカナにすると英語訳が危ない名前になるスープ。スペイン語でニンニクのスープという意味です。
以前も紹介したけれど、夫がメキシコで食べたソッパデアホが忘れられないようで、何度聞かされたことでしょう。
日本のスペイン料理のレストランに行くと必ず注文します。自宅でも作るのですが、夫曰く、「クリアーなブラウンのスープなんだよな」とほざきますの。

なんと、その絶品スープに出会ったのです!いつもスペインから楽しい話題を発信してくださる「くーまくーま2」のafricaさんが教えてくださった本場の「ソッパ・デ・アホ」。こちらは旧blogに公開されてあって、私が拝見したのが暑い季節だったので中々作れずにいましたが、昨日作りました。超簡単!ミルクを入れるのは初めて、これがまた美味しい~~♪

我家は4人家族なので、公開してくださったレシピを4人分にして作りました。これからも是非作りたいので分量を起こしてみました。(ベースはafricaさんのレシピ)

a0029889_2017618.jpg
<材料>4人分
水1200cc、ニンニク大4片、エクストラバージンオイル70cc、バゲット薄切りスライス8枚(一人2枚)、卵4個、牛乳約150cc(一人40cc程度)、塩 ※味付けは塩のみがベスト
<作り方>
■鍋に1200ccの水を入れて火にかける。(沸騰したら弱火)
1. ニンニク大(画像)4片をスライスしフライパンに入れる。(まだ火にかけない)
2. エクストラ・バージン・オイルを加え、火にかける。(中火~弱火)
3. ゆっくりとにニンニクの香りと味をだす。
4. ニンニクがキツネ色(図4)になったら、沸騰しているお湯に一気に加える。(もたもたしているとニンニクが焦げます) ※お湯の飛びはねに注意
5. ニンニクが細かくなり、澄んだブラウンのスープになる。暫らく混ぜ、塩で味を整える。
6. 4のフライパンでバゲットを両面焼く。(画像のパンは厚すぎました。もう少し薄めに切る)
7. 鍋に卵を落としポーチドエッグにして、バゲットを加えスープをアツアツにして火を止め、冷たいミルクを加える。
-----------------------------------------
※今回は皆一同に揃わなかったので、すぐ食べる家族分を別のパンに取り分け、ポーチドエッグから作りました。

アツアツを召しあがれ♪
[PR]
by soleiljap | 2005-12-14 16:01 | ◆ 料  理 | Trackback(4)
手羽先
思わず、うみゃ~~~~~~~~~ と叫びたくなりました。(笑)
a0029889_16113539.jpg
名古屋名物、「手羽先」、実は作るのも初めてなら、いただくのも初めて。
先日、ロンドンにお住まいの『Sept Filles from London』のseptfillesさんのblogにお邪魔した時、タレの絡まった「手羽先」に思わず生唾ゴクリしてしまいました(笑)。
私の中では、名古屋名物と言えば、「えびふりゃ~」と 「ういろう」、それから「味噌カツ」くらいしか知らなかったので、画像を見た時は、新しい発見にちょっと感激しました。レシピからも、これは絶対美味しいはずと確信。
お味がしっかり染み込んだ手羽先は、ご飯にもお酒のおつまみにも合いますね。揚げ物好きな育ち盛りの子どもたちと夫はあっという間に食べてしまいました。

手羽先はお安いし、すぐ手に入る材料、作り方もとても簡単でそして美味しい。良いことづくめなのですが、ただ一つだけ・・・油が飛びます。我家のキッチン、先日大掃除をしたばかりなのですが、またまた綺麗になりました。(笑) 

a0029889_16132325.jpg
ほら♪ほんと、ビールが欲しくなっちゃいますね!!ピールの画像が欲しいところですが、今夜は、あいにくおビール切らせてますの。。(というか、飲まない我家には置いてないのですよ・・ゴメンヨ)

septfillesさん、とっても美味しいレシピをありがとうございました♪

---------------------------------------------------
ボーリングのつづき、お待たせしています(誰も待ってない??)もうちょっと待ってください。
[PR]
by soleiljap | 2005-12-12 00:17 | ◆ 料  理 | Trackback(8)
フォカッチャ
a0029889_221252.jpg
イタリアのパン、フォカッチャを焼きました。
実は2回目のフォカッチャです。 先日、いつもパンやSweetsをささっと作られる“くまカフェ”のmomoちゃんの、とっても美味しそうなフォカッチャを見て、思わずコメントをいれたら、すぐにレシピを起こして送ってくださいました。

momoちゃんのレシピは、とっても興味深い作り方で、半分に分けた粉にイースト、砂糖、ぬるま湯を入れて、どろどろ状の種を木ベラで、グルテンを出すためにかき混ぜるのです。そして残りの粉を加え、捏ねていくのですが、捏ね方も、今までは片手しか使っていなかったのですが、両手で無駄のない捏ね方。こういうやり方があるんだ、なんて感激することしきりでした。
a0029889_2331561.jpg
お陰で、こんなにふっくらと膨らみました。ソフトフランスパンのような食感。皮がもちっとして、中がフワフワなのです。以前つくった物とはまったく違います。(以前の画像、More機能に置きました)。
断面の写真がない!撮ろうと思っていたのに、あっとう間に皆で食べてしまいました。残念。


a0029889_23445468.jpga0029889_23353184.jpg
今回は、ローズマリーとニンニクを使って、指でくにゅっと押し込んだ穴にオリーブオイルが溜まるくらいたっぷりとオイルを塗りました。

私にとってケーキのようには中々上手く行かないパン作りですが、今回momoちゃんに素敵なレシピを教えていただいて、美味しいフォカッチャを焼くことができました。これでまた一つパンの種類をクリアーできました。momoちゃん、ありがとう♪

■以前つくったフォカッチャ
[PR]
by soleiljap | 2005-12-11 01:50 | ◆ パ ン | Trackback(2)
小豆のシフォン・ケーキ
a0029889_2025432.jpg

人は時として、自分の身に降りかかった現実を消し去る事ができたらと思う。
そして、闇の奥にしまったはずのその記憶が突然と音を立てて目覚めることもあるんだ。

先日、いつものように娘とお喋りしていた時、ママの子どもの頃のお話聞かせて、と尋ねてきた。「じゃぁ、お兄ちゃんが今中学生だから、ママが中学生の頃のお話ね。」
今ほど娯楽がない時代の話を、娘は興味深く聞いていた。娘の興味がここで終わるはずがなく、話しはだんだんとさかのぼり、「小学生の頃は?」と尋ねてきた。その瞬間、私の中で何かがパンとはじける音がした。あの時の記憶が鮮明によみがえってきたのである。

幼かった私は、こんなことがあるんだ、いえ、あったとしても自分の身にふりかかるなんて、突然起こった出来事に動揺した。そして、これからこの事実を背負って生きていくなんてあまりにも悲しすぎる。できることならそのワンシーンを消しゴムで綺麗サッパリ消し去りたい、と切実に思った。


その頃、私は今の娘と同じくらいの11歳で、男の子もちょっとばかり意識するようになり、おしゃれにも目覚める年頃。毎朝着ていく服に合わせ、髪に結ぶリボンの色を選んでは、丁寧にポニーテールの髪に結ぶ、そんな女の子だった。

時代は全国的にボーリングが流行っていて、私の両親もマイボール、マイシューズをオーダーするほどの執心振りで、休日は勿論、時間を作っては子ども達を連れだって「家族ボーリング大会」と銘打って腕を磨いていた。私もボーリングは嫌いではなかったので、当たり前のようについていっては、皆で一緒に歓声をあげ楽しんだ。

ある週末の早朝、私達は近くのボーリング場へ出かけた。早朝は値段も安くできると言う事で、何度か通ったことがあった。おそらく朝6時くらいからのスタートだったと思う。
いつものように、両親が受付をしている間、私達は自分用にボールを選んだ。シューズを履いて指定のレーンに行くと、なんとお隣のレーンに、同級生がお兄さんに連れられて来ているではないか。友人のお兄さんは、一人は大学生か就職しているだろう年齢、もう一人は中学生か高校生、どちらにしろ私からはとても大きな男の人たちに見えた。

11歳の少女の私は、知り合いが隣にいるという、ちょっぴり恥ずかしい思いが入り混じった心境でゲームを始めた事を、今でもはっきりと思い出す。

いつのまにか夢中になり、それぞれの家族から歓声やら笑い声が聞こえてきた。
そして、その出来事は突然起こったのだ。

何巡かして私の番がきてレーンにたったその時、偶然にお隣のレーンにいた同級生のすぐ上のお兄さんと同じタイミングで立った。一緒にレーンに並んだ時、片方が譲るというマナーがある。紳士な同級生のお兄さんは年下の女の子に、先に投げてもいいよと言ってくれた。

お隣のレーンにはボールを持ったままのお兄さんが見ている。その後ろには同級生とその兄。そして私の後ろには、父と母、そして姉妹が見つめている。緊張が走る。
ボールを胸のところで持ち、左手を添える。視線は数メートル先のピン。なおも皆の視線を背中に感じながら右足を踏み出す。と同時に右手のボールを前から後ろへと勢いをつけ振り、左足を踏み込みながら満身の力を込めてボールを投げた。投げた!

つづく



a0029889_1615876.jpg
随分前に作った小豆のシフォンケーキです。いつもの基本のレシピにアレンジで手作りの餡子をいれてみました。フワフワで美味しかったのですが。この時餡を80gいれたのですが、もう少し多くてもいいかなという印象。水の微調整をしながら次回は100g入れてみようと思います。
アレンジ自在のシフォンは、実験感覚で楽しみながら作れるケーキ。小豆のシフォンと同じ時期に「人参と黒胡麻きな粉のシフォン」もつくったのですが、こちらはイマイチのできあがり。
[PR]
by soleiljap | 2005-12-08 13:07 | ◆ Sweets | Trackback(2)
今日の富士山
a0029889_23561266.jpg
放射冷却現象で抜けるような青空が広がった今朝、青空を背景に真っ白い富士山が姿を現しました。今回は手前の丹沢山系も薄っすらと雪化粧し、鮮やかに山肌の陰影を浮き彫りにしていました。
今日は夕方遅くまで仕事だったので、夕焼けを見ることができなかったのですが、娘が夕焼けと富士山の様子を教えてくれました(嬉)。今日は一日中富士山が見えてた様子。(見たかった!) ※画像をクリックすると拡大します。

この冬一番美しかった富士山、といっても撮影の腕がないので画像ではいつも同じようにしか撮れてないです。(あしからず)
中々更新できずにいます。11月が会社の決算であるために、この月は仕事も一年で忙しい月。今日やっと税理士さんに書類を送り、ちょっと肩の荷が軽くなった感じ(あくまでも)。ちょっとひと休みの画像です。

明日も冷え込みそうです。どうぞ皆様お風邪など召されませんよう、お気をつけくださいませ。

More
[PR]
by soleiljap | 2005-12-05 23:57 | ◇ 風 景 | Trackback