<   2006年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
絶体絶命の日

子どもの頃、我家の玄関のドアに白い大きな紙が張ってあった。そこには母の字で、
『知らないおじちゃんだよ。たすけて』 と書かれてあった。事故が起きそうなことを想定して、すぐに言葉に出せるように、と一番、目につきやすい場所に母が書いて貼ったのだ。
世間では、お金目当てばかりでない誘拐が多発ししていて、娘3人を持つ親として、そういうニュースは敏感だったのだろう。

結婚して子どもを持った今でも、誘拐のニュースは耐えない。小さな命を簡単にもぎ取っていく事件を見る度に、誘拐の怖さと、犯人への憎悪、そしてあの時玄関に貼ってあった白い紙の事を思い出す。

これから書く事は、つい先日の出来事。違う場所でも大まかに書いたのですが、自戒と反省も込めてblogに載せることにします。



先日、我家に数年前から騒がれている“オレオレ詐欺”なる電話が入った。
と今だから「詐欺」と言えるのであって、その時はまったく疑う余地などなく、天変地異のごとく恐れおののいた。

事の流れはこうだ。

まず巧妙な手口で、息子になりかわった子ども?が怯えた声で、『○○(息子の名前)だけど、怖いお兄さんにつかまって・・・』 と聞き取りづらいが涙声で訴えてきた。
すぐに、次なる男が電話口に現れると、声を荒げまるで極道。
『お宅の息子が私にぶつかってきて時計が壊れた、スーツもボロボロだ。どうしてくれる?』
その時点でオカシイ、と思うはずだけれど、最初の声(子ども)で動揺してしまった私は、 これはヤクザのよくある手口だわ、と思いながらも信じてしまった。
居場所、状況を尋ねると、場所は分からんの一てん張り。自分が被害者なんだとヤクザ言葉で言うばかり。

「電話ではよく分からないので、今そちらに夫と伺おうとおもう。事情を聞かせてほしい」と言った。
すると、男は、『時間がないんだよ!これから関西の組に帰るんだ、息子を連れていく』 とさらに語気も荒荒しく恐ろしいことを言い出した。
お金の事はいっさい切り出さず、恐怖心をあおる様に脅しをかける。(手なのか)

夫に電話をさせてくれと頼むと、旦那は仕事だろ、警察に連絡入れるだろ、面倒だ。母親と話しをつけたいという。
誰にも助けを求められないなんて。涙があふれてきた。 

あ、携帯がある。すぐに携帯を取りにいき、夫の会社に電話を入れた。
男からかかってきた電話の受話器(子機)左耳にあて、右手で携帯を操作した。
誰もでない。夫の携帯を呼び出した。出ない。呼び出しコールだけが聞こえてくる。
絶体絶命。  
どうして欲しいのか。と涙ながらに訴えた。すると、あんなに金を否定していた男が、『金を払え、そうしたら息子は返す』 と言ってきた。きっとこちらから、金銭の話しを持ち出してくるのを待っていたのだろう。

『誘拐じゃないですか、犯罪ですよね』 というと、犯罪でもいいんだ、関係ないよ、金をすぐ用意しろと。

(ここまでお読みの皆さん、あえて言いますが、これは「オレオレ詐欺」なのです。電話の向こうには息子なんていないんです。でも、お馬鹿な私は、誘拐事件と思い込んでしまったのです。)
  
すると携帯が鳴った。夫が着信記録から電話をしてきた。「もしもし!」「もしもーし!!」という夫の声。 男に気づかれないように、受話器をこちらに向け、話している内容が向こうに届くように大きな声で 『ですから、夫に連絡させてください』 と何度も叫んだ。
気づくと電話は切れていた。

お金の額を聞いた。
『壊れた時計2コで、うん百万円だ』
目の飛び出す金額。

そんなお金はないというと、銀行にはいくら入っているんだ。少しもないのか。ダンナの通帳はないのか。一銭もないのか。と押し問答すること数分。

そんなお金は一銭もないと言うと、プツッと電話が切れた。あまりにもあっけない幕切れ。

慌てて夫の携帯に電話した。夫は走っていたのだろう、上がる息で、私の話しの途中で、「バッカだなー、それはオレオレ詐欺じゃないか!!すぐ○○(息子の名前)の学校に電話しなさい」

息子は学校で勉強をしていました。声を聞いた瞬間、腰が抜けたようにへたへたと床に座り込んでいると、夫が帰ってきた。
なんでそんなことも気づかないのか、あんなに騒がれているのに!と言われながら、一寸の疑いもしなった自分と、あの数十分に起きた、心理的恐怖を思い出しながら、情けなさと犯人への怒りでいっぱいになった。

そして、それから数分後に警官が来た。
夫が、電話口で聞こえてくる内容から、会社のスタッフに連絡して110番させたのだ。

数年まえからあれだけ騒がれて、マスコミも取り上げている事件。いまでも沢山の人が騙され続けているオレオレ詐欺。今回は「オレオレ」という言葉はなく、銀行へ振り込めという指図もなかったが、その内容は更に悪質になってきている。

名前、年齢まで調べて、複数の人を使い、男達の迫真の演技は、騙されやすい人間にはまったく疑う余地など与えなかった。唯一の救いはお金を取られなかったこと。

最後に警察の方がおっしゃっていましたが、電話のコールがなっても6,7回まで出ないように、本当に急ぎであったら相手は待つはずだから。ナンバーディスプレーの電話機がいいともおっしゃっていました(我家はまだ古いものを使用)

++++++++++++
今回のことで、つくづく自分の甘さを痛感。これまで見たこともなかった世界を垣間見て、まるでTVか小説の世界でした。こんな事がすぐ身近でおこるんですね。もっとしっかりせねばとつくづく反省した出来事でした。

どうか皆様もくれぐれもお気をつけください。
[PR]
by soleiljap | 2006-09-24 11:48 | Trackback
かぼちゃ饅頭
a0029889_11562460.jpg
今や海外からの輸入も多く、周年でいただける「かぼちゃ」、その料理方法も数多く、スープからお惣菜、お菓子にと、和洋問わず調理できるありがたいお野菜です。栄養価が高いのも嬉しいですね。

この時期のかぼちゃは海外からのものが多く、甘味があってホクホクとした栗のような食感。今日は、そんなかぼちゃを使って、いつも季節感を大事にしたお料理を作られる、studiopinotさんのblog『食卓の風』から、“かぼちゃまんじゅう”を作らさせていただきました。まるでお月様をイメージさせる、黄金色の可愛い蒸し饅頭ができました。

a0029889_11563959.jpg出来たては中がフワフワで、手で裂いた時、回りの皮がしっかりと伸びて弾力のある私好みのお饅頭です。
餡子は以前に沢山つくって冷凍保存していたもの。黒砂糖入りのコクのある餡子です。1個に15gいれてみました。かぼちゃの黄色とあずきの秋らしい色にほっとしながら、撮影していたら、あっという間に半分(4個)になっていました。つまみ食いって幸せ♪(笑)

簡単に作れるかぼちゃ饅頭、大変おいしかったです。studiopinotさん、おいしいレシピありがとうございました。

********************************
先日紹介した、全卵を使うオレンジジュースのババロア、何故綺麗に分離するの?と疑問は膨らむばかり。柑橘系のオレンジだからミルクと分離したのでは、という見解もありましたが、グレープジュースではどうだろう。

★More
[PR]
by soleiljap | 2006-09-21 20:47 | ◆ Sweets | Trackback(3)
2層ババロアの謎
a0029889_1953797.jpg
二層のババロア。本来ならゼリーとババロアを時間差で固めるのが正統な作り方。
しかし、今回は同時に作って自然に層をだそうと思ったものだから、結果何度も作るはめに。

ババロアは、アングレーズソースに泡立てた生クリームを加え、ゼラチンで固めるお菓子。あのふわっとした滑らかな舌触りは、アングレーズソースをトロミが出るまで、鍋底を水にあてながら冷まし、そこに7分立ての生クリームを加える。二つを同じくらいの濃度にして合わせることが、滑らかなババロアを作るコツなのだけれど、ただ性急に合わせてしまうと分離してしまう。

今回も同時に流して層を作りたく、その性急な混ぜ合わせに挑戦してみた。
花びらにしっかりと半透明なオレンジのゼリーが沈むはずだったけれど、二層に綺麗に分かれてくれない。縞模様に剥がれたようなババロアの線がはいる。何故だろう。

分かりました!同時に流して綺麗な層になるのには、そもそも作り方も、また材料も違っていたのです。こちらの作り方、簡単であっという間にできてしまうから嬉しい。

★More
[PR]
by soleiljap | 2006-09-09 23:50 | ◆ Sweets | Trackback
ランチの後は コーヒー マーブル シフォンケーキ (前回の続き)
a0029889_1557552.jpg
さて、ランチでおなかもいっぱいになったので、キッチンに移ってデザートを作りましょう。
ということで、きっしゅさんのシフォン型、以前から気になっていたテフロン製です。テフロンは生地が剥がれやすいという先入観から、ひっくり返して冷ますシフォンには不向きなのでは、と今だ使ったことがありませんでした。

レシピはいつもの基本レシピを使い、コーヒーマーブルシフォンにしました。型が直径18cmと、私の型より少々(1cm)大きく、分量を変えようか迷ったのですが、今回はそのままで!
焼きあがった生地をひっくり返しても落ちる事もなく、テフロンの型でも支障はないです。高さや生地の風合いともにいつものシフォンと同じ。
ただカットしたときに生地が沈んでしまったのが、いつもと違うところ。(生地を型に流す時、緩かったような気がする。)

後ろにあるのは、前の日に作ったパイナップルジュースのババロア。実家に帰っているとき妹がオレンジジュースで作ってくれたババロアを思い出して作りました。

★More
[PR]
by soleiljap | 2006-09-03 21:15 | ◆ Sweets | Trackback(1)
まずはランチから

a0029889_2155460.jpg


日本滞在も間もなく終わろうとしているきっしゅさんと、我家でランチをしました。
フランスには売っていないシフォン型(テフロン製)を購入したということなので、持ってきてもらい、一緒にシフォンケーキを焼くことに!

その前に、ランチをいただきましょう。

★Lunch Menu
[PR]
by soleiljap | 2006-09-03 21:13 | ◆ 料  理 | Trackback
今日から9月

a0029889_16553777.gif
朝、大粒の雨がバルコニーの手すりにあたった音に驚き、慌てて洗濯物を取りいれました。
久々に東京からこんにちは♪ 皆様お元気ですか。田舎から帰ってきてもオフラインの生活に、時間だけがあっという間に過ぎていきました。
会社に行って溜まった書類を整理したり、リビングの模様替えをしたり、伸び放題のプラントの花たちを手入れしたり、友人と会ったり、ケーキを焼いたりと、いつもと変わらぬ平凡な毎日でした。コメントのお返事が大変遅くなってしまいごめんなさい。

実家で続いていたジョギングも時差ぼけからか(←ボケ!)東京では一度も走れません。
5時起床、洗濯物を干しながら空が白々と明るくなる頃、ジョギングにでていた自分は別人だったのでしょう。
ただ、掃除だけはきっちり毎朝、掃除機&拭き掃除を実家にいた時のようにやっています。(当たり前か?)お陰でピカピカ。

a0029889_2128329.jpg

そんな真面目な生活をしていた私ですが、鹿児島から帰って来た夜は私だけ午前様。
話は尽きず。気がつけばミッドナイトをとうに過ぎていました。私たちは夜の道を自宅まで歩いて帰ったのです。(電車はまだあったけれど)

さて、お休みしていた間、沢山あるニュースの中で二つほどお話します。

一つは、NHK教育TVのスーパーピアノレッスン」という番組をご存知でしょうか。きっしゅさんのお友達で、パリ国立高等音楽院生の京子ちゃんが11月に出演します。
卓越したピアノ演奏(生徒)と巨匠と呼ばれる先生のレッスンはとても興味深いです。お城での巨匠の演奏もまた必見。曲はシューマンの“謝肉祭 作品9”

二つ目は、以前書いた事がありますが、きっしゅさんのお嬢さんのMちゃん(我が愚息と同じ歳)は、パリ国立高等音楽院に若干14歳で合格した驚くべき女の子。なんと来年の4月、東京で初リサイタル(ヴァイオリン)を開く事が決まったそうです。
小さい時からずっと我が子のように成長をみてきたので、本当に嬉しい。そして、ピアノ伴奏は京子ちゃん。こちらも嬉しい!

そして演奏後、お茶とケーキのティータイムを設けるそうです。嬉しいことにケーキは私が担当させていただく事になりました。
場所、日にちはすでに決まっているのですが、近くになったらまたお知らせ致します。東京にお住まいの皆様是非いらして下さいね。(4月中旬)

この記事を書きだした時は曇っていた西の空も晴れ間が見えて、雨雲は夕焼け雲にかわりました。明日は晴れるといいですね。
a0029889_18131541.jpg

コメントのお返事は夜させていただきます。遅くなって本当にごめんなさい。



[PR]
by soleiljap | 2006-09-01 17:27 | *ご挨拶&お知らせ | Trackback