<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
X’mas is comming ♪   *暫くTop固定

東京もやっと寒くなりました。我家も数日まえからクリスマス・ソングをかけて、そろそろツリーを飾らなきゃね、と子どもたちと話していたところです。期末試験が終わったら飾ろう。
エキサイトブログでスライドショー、さっそく、我家のツリーテーブル(昨年)をアップしてみました。

そして、楽しい動画をアップされた方がいらっしゃいます!とってもファニーなダンスをご覧下さい!!

★nasukaさんの “歌って踊って超ハッピ~~♪” にトラックバック~~
[PR]
by soleiljap | 2006-11-25 22:19 | ◆ Party | Trackback(1)
灰谷健次郎氏 死去

「灰谷健次郎がなくなったんだね…」 早朝、新聞を読みながら言った夫の言葉に思わず泣きそうになった。つい先日、blogに書こうと思っていた作家が、「灰谷健次郎」と「向田邦子」だった。

灰谷健次郎氏の代表作品「兎の眼」を初めて読んだのが、結婚して上の子が生まれる直前だったとおもう。純粋な子どもの心とその友達、彼らを見守る担任の先生の物語。
こんなに深く純粋な子どもの心を描ける作家がいたのかと感動。それ以来、夫婦で灰谷健次郎の作品を読み漁った。私の本棚にあった、「兎の眼」「太陽の子」「ろくべえまってろよ」「天の瞳」、彼は人間社会の歪みを純粋な子どもの目を通して私達に訴えさせたのかも知れない。それから、記憶におぼろげだが、教員志望の女子大生が灰谷健次郎にだした書簡が綴られた本は、教育者とは、教師とは、さらには親とは、子どもを持とうとする自分に沢山のことを考えさせてくれた。「兎の眼」と「ろくべえまってろよ」はいつしか息子の本棚へ移動した。子ども達には灰谷健次郎のような先生と出会ってほしいと思った。

小学校教諭を17年間勤めて学校管理が強まるなか退職(毎日新聞)。淡路島での自給自足の生活、幼稚園を作って、毎日10Kマラソンをするというエネルギッシュな彼のエッセーは面白かった。そのあと沖縄に移り住んだことまで知っていた。

灰谷健次郎氏は、最近の学校教育やその現場、いじめによる自殺報道を見てどんなことを思われていたのだろうか。 ご冥福をお祈りします。 合掌
[PR]
by soleiljap | 2006-11-24 13:10 | Trackback
久々のケーキ
a0029889_13552756.jpg
娘が涙目で 「ママのケーキが食べたい…」と言った。そう言えば最近作ってない。
あ、でも朝食にマフィンを週2回は作っているし、ワッフルだって、チョコレートソースをかけて食べてるじゃない?
そうか、娘にはマフィンもワッフルも朝食、スイーツではないのね。

ということで久々のケーキの投稿。といっても、これは今日息子が友人の家に持っていったもの。昨夜焼いて、今朝ラッピング。昨年の後半、良く焼いたチョコとラムレーズンのクグロフケーキ

a0029889_15261640.jpg直径12cmのクグロフ型を使うと2台焼ける。最近よく小さい型で焼く。ちょっとしたプレゼントにピッタリだし、ラッピングも楽しみたい私としては丁度いい大きさ。

昨夜、深夜に焼いて今朝ラッピングした。久々のケーキの撮影は楽しく、お休みの朝、ねぼすけ達をよそに思いっきり撮影できた。

a0029889_14511648.jpgプレゼント用に実験かたがた2種類のラッピング。こちらは、上の画像で奥にあるもの。セロファンの閉じ口にリボンをクルクルっと巻いて、端と端を結んだら、バックの手さげのようになった。可愛い!(自分で言う)

お昼前、出かける息子に紙袋を渡すと、中身を見ながら、「ケーキ焼いてくれたんだ。あ、マフィンでもよかったのに」 ですと!(バチアタリめ!)

そうそう、目的の娘のケーキは今オーブンの中。これを書きながら、いい香りがただよってきています。

上手く撮影できたらアップします。
[PR]
by soleiljap | 2006-11-23 15:35 | ◆ Sweets | Trackback
スーパーピアノレッスン & 今朝の富士山
a0029889_212527100.jpg
ブラボーと思わず声にだした京子ちゃんの演奏。スーパーピアノレッスン、今日で終わってしまいましたね。先日もお話しました京子ちゃんこと池村京子さん演奏の「謝肉祭」、本当に素晴らしかった。毎回ビデオに録画して何度も娘と観ました。シューマンらしい叙情性たっぷりの表情豊かなこの曲は、21(20?)のテンポの速い曲がほとんど。放送上カットが沢山あったけれど、目を凝らしてみなければ、(凝らしてみなくても)追いつけないほどの速さ。(奥のミッシェル・ダルベルト氏の指も鍵盤を撫でているようにしか見えなかった。なのにあの迫力!) いつか京子ちゃんの謝肉祭を全曲生で聴きたいと思いました。(切望) 

京子ちゃん、素晴らしい演奏をありがとうございました。来年4月の美亜ちゃんのリサイタルでお会いできるのを心から楽しみにしています。

********************************
トップ画像は、今朝の富士山。朝7時前に撮影。粉砂糖をふったような真っ白な富士山でした。撮影が上手くなくてぼやけた感じですが、肉眼ではもっと鮮明。このあと、フェードアウトするように富士山だけが消えてしまいました。(クリックで大きくなります)
[PR]
by soleiljap | 2006-11-21 22:10 | ◇ 風 景 | Trackback
ちいさな感動。精一杯のこころ。
a0029889_10442440.jpg
冬の富士山にまた逢える。
8日、朝6時すぎ、お弁当作りの最中、卵焼きの香りのなかに見えた富士山。山肌が朝陽に照らされピンクに輝いていた。

a0029889_1111945.jpg
夕刻、燃えるような夕焼けを背景にシャドーグレーに浮かび上がる山並み。オレンジ色に輝く西の空を背景に、ひとつのやわらかな稜線を描いていた。(画像はクリックで大きくなります)


先日、子ども(娘)が学校からあるプリントをもって帰ってきた。『緊急アピール』と表されたA4の紙には、東京都教育委員会教育長からのメッセージが書かれてあった。

それは、いじめにあっている少年が文部科学大臣へ出した手紙(自殺を予告する内容)に対するメッセージ。東京都の全ての学校に配られたであろう紙には、少年へ「決して、自らの命を絶ってはいけません」という呼びかけに始まり、「子どもたちへ」「保護者の皆さんへ」「すべての先生方へ」、最後に「すべての校長先生へ」と、それぞれに4~9行で、命の尊さや生きる為の勇気、大人のそれぞれの役割、姿勢のメッセージが書かれてあった。

人は生きるために生まれてくる。いろんな経験をしながら人は大きくなっていく。年月は少しまえまで見えなかったことをいろいろ教えてくれるはず。
辛いこともうれしい事も喜びも分かち合う人がいるから乗り越えられる。大事な人たちと一緒に感動できたら、感謝できたらどんなに素敵だろう。
クサイ台詞だけど、単純なこと、当たり前のことが今なされていないのかもしれない。

守ろうよ、育みましょうよ。大事な子どもたちを。いじめる方もきっと病んでいる。その原因を見つけること。今出来ることはそれぞれの立場が誠心誠意正面から向かうこと。
このプリントは沢山のことを投げかけてきた。

文部科学大臣へ手紙を書いた少年に届け!みんなのメッセージ!!
[PR]
by soleiljap | 2006-11-10 14:06 | ◇ 風 景 | Trackback(1)
お知らせ♪
さて、こちら(blog)では随分とご無沙汰しております。というのも、以前から夢だった娘との連弾(ピアノ)の曲を猛練習しています。一通り(暗譜で)弾けるようになるまで集中したいと思います。皆さんの所へ伺えない不精をもう暫くお許しください。

さて、↑でもお知らせしたのですが、パリ在住の大親友、きっしゅさんのblog、「わたしのフランス生活」がオープンしました。来春の美亜ちゃんのヴァイオリン・リサイタルまで続けてくださるそうです。美亜ちゃんや7日からの「スーパーピアノレッスン」に登場する京子ちゃんの話題もあるかなと思っています。
きっとパリ国立高等音楽院の中の様子やパリの香りがいっぱいだと思います。皆様、是非遊びに行ってくださいね♪

余談:パリ国立高等音楽院といえば、世界中の精鋭たちが集まる音楽大学。今日本で人気のマンガ「のだめカンタービレ」の“のだめちゃん”と“千秋さま”が留学したところですよね。

きっしゅさん、のんびりとやっていきましょうね♪ 
[PR]
by soleiljap | 2006-11-02 18:44 | *ご挨拶&お知らせ | Trackback