<   2006年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧
クリスマス・イヴの食卓 '06
a0029889_22511591.jpg
今日のような寒い日はコートの襟をたてて、息を何度もはーっとはきだしては、白く煙る冷たい空気で遊んでいました。
関東は雨も降って本当に寒かったですね。外出された方はどうぞお風邪などめされませんように。

さて、今年のクリスマス・イヴは関東にいる夫の姉妹、そして子どもたち(甥っ子、姪っ子たち)を呼んでパーティーをしました。22日の義理の姉の誕生日、そして姪っ子の婚約報告もあり、それはそれはおめでたい賑やかなパーティーになりました。

しかし、その朝はお料理が作れるかしらと思うほどの頭痛で目が覚めました。頭痛なんて珍しいのでびっくり。
眼球を動かしただけで走る痛み。どうしよう・・・ 心配した娘がありったけのサプリを持ってきました。夫がバファリンをすすめました。薬嫌いな私は、梅干し3個に4種類のサプリをゴクンとのんで、ソファーで30分ほど横になると、あれれいつものパワー全開の私に。

お料理はいつもの作りなれたメニュー。目をつぶってもつくれるお料理(ウソ)。と言えば、もう想像つきますよね。

More
[PR]
by soleiljap | 2006-12-25 23:49 | ◆ Party | Trackback
パルケさんのカウプレ
a0029889_365567.jpg
朝から待ち焦がれた荷物。急いであけると、中からダークブラウンの薄紙に包まれ、丁寧にラッピングされたお菓子たちが顔を覗かせました。わーすてき!赤とグリーン、そしてゴールドのクリスマスカラーのリボンに結ばれた焼き菓子はきちんと整列して袋摘めされ、クリスマスカードと一緒に、お菓子についての説明が添えられていました。焼かれた方のお人柄が伝わって来るようです。

こちらのケーキは、私のblogの初期のころからコメント欄を通してお付き合いさせていただいている、とても明るくて素敵なお菓子の先生パルケさんが送ってくださいました。
なんと、パルケさんのHPの100000HIT記念のカウプレの抽選に当ったのです。それも 「パルケ賞:アトリエ・ドゥ・シュークル特製お菓子詰め合わせ」 に♪

詰め合わせは、トレー手前から、ガトー・ブラン、ガレット・ブルトンヌ、にんじんケーキ。そして箱に入った、NYチーズケーキ。
カードに書かれた説明を読みながら、パルケさんのお菓子に対する思いや優しさがこちらまで伝わってくるようです。

a0029889_3183058.jpg
さっそくいただいてみました♪♪
にんじんバターケーキ(奥)・・・とても香り豊かなバターケーキです。メモに書いてあったように、オレンジジュース煮のにんじんはまったくにんじん臭さを感じない、しっとりとした美味しさ。
ガレット・ブルトンヌ(中)・・・一口いただいて、あまりのサクサク感に、さらにふた口目、さらにもう一口、気づいたらあっという間に食べ終わっていました。断面の画像を撮り忘れました。あとをひく美味しさとはこのこと。
ガトー・ブラン(手前)・・・ブラン(白)というだけあって白い断面からチョコとマロンが顔を出して、食べるごとに味わい深いです。ふわっとしたイメージでしたが、以外やしっかりとした食感。いい意味での裏切りでニヤニヤして食べていたかも。
a0029889_3185255.jpg
NYチーズケーキ・・・赤ワインとラズベリーのシラバブソースがパックで添えてありました。
すぐにでもいただきたい衝動を抑えて、イブに親戚が集まるので、そのときに皆でいただこうと思います。とても楽しみです。

パルケさんの焼かれたケーキは一つ一つがしっかりと主張をもったお菓子だと思いました。作り手の思いが伝わってくる、そんなケーキです。
手作りのケーキ、一度にたくさん味わえたこととても幸せです。お忙しい中、ラッピング、梱包と、いろいろお気を使われたことと思います。本当にありがとうございました!とっても美味しかったです。
[PR]
by soleiljap | 2006-12-24 04:25 | ■ お 土 産 | Trackback
今年のオーナメント♪
a0029889_9394217.jpg
娘と夫と3人で高輪プリンツヒェンガルデンのクリスマスショップに行きました。
今年のオーナメントは1個だけ。毎年やってくるクリスマス、これからも増えていく事は間違いないオーナメントたち。もう十分バランスとれているので、これからはその年のお気に入りを一つだけ買おうね。という事で、二年ぶりのクリスマスショップ。こちらのお店一年中開いているのだから、いつでも行けるのだけれど、シーズンにいってこその場所ですね。

さて、今年のオーナメントは娘が選んだ彼女の楽器。中学の吹奏楽部で担当している楽器がトランペット。本当はガラスのトランペットが良かったのだけれどね。ないのでこれにしました。

a0029889_10193512.jpg
お人形は、今年生まれた甥っ子の所の赤ちゃんへ。 “1st X'mas”のオーナメント。ツリーに飾って貰えたら嬉しい。(包みから出して写真を撮って、また綺麗に包装しました)

このショップの一角は、まわりの住宅の建物とは一変して、ヨーロッパの雰囲気が漂っているのですが建物はかなり古い。屋根にはりついているサンタクロースもくたびれてしまって哀愁を漂わせていました。可愛そうだったので写真は撮らず・・・やはりblog用に撮って来るべきだったわ。

おまけは、外壁にかけてあったベル。私は全然気づかなかったのですが、夫が見つけて自分でカメラにおさめていました。
オープンより早めに着いた私達。カメラを持っていたので、私が外の全体の写真をとっていたら、夫が突然、「あー、これはベルだな・・・・」といって見つめること数分。何故にそこまで気になったのか、私達凡人には分かりません。記念に載せます(笑)
[PR]
by soleiljap | 2006-12-23 08:09 | Trackback
*Recipe シフォンケーキを焼く
私のレシピでシフォンケーキを作ってくださる皆さん、いつもありがとうございます!

お菓子作りは科学。シフォンケーキも、正にそんな要素が沢山見え隠れするケーキ。水と油を加える所から何やらワクワクしてしまう。最初に考えた人は凄いなと思う。

思い起こせば最初のシフォンケーキは、涙のデビューから始まった。(笑) それ以来、何台のケーキを焼いたことだろう。自分好みの配合にたどり着いてからも、尚作り続けているのは、この科学的要素をヒシと実感できるからかもしれない。

最近では、同じ素材で作り方や配合を変え、本来の絹のような食感に相反した生地作りや、ケーキの概念をはずした食事としての味つけ等、レシピの個性や差別化をはかった特徴的なレシピ本がだされています。どれも美味しそうだけど、ここで紹介するレシピはオーソドックスな作り方。配合(粉、水、油、卵、砂糖)は、何度も何度も試作しながら決めていったものです。 ■レシピはこちら

※以前載せていた配合を少しかえました。卵白用砂糖を10g増やす。(メレンゲを加えた時、なるべくダマにならないように。)トータルの砂糖の量は以前と変わりません。
※卵白は140gです。それ以上にすると、焼いて行くうちに型(直径17cm)から溢れます。
(以前は不明瞭な記し方でした)
※材料はきっちり正確に計ってください。

Let's make it. (画像はクリックすると少しだけ大きくなります)

a0029889_17593917.jpg
1. 卵黄+砂糖。ホイッパーで白っぽくなるまでよく混ぜた状態。(リボン状に落ちていく)
2. 油を少しずつ加え、さらによくホイップした状態。ツヤがでて更にリボンが太くなってくる。
3. +水を加えよく混ぜ、更に粉を加えた状態。ホイッパーで20回ほどグルグル回しながら混ぜる(グルテンを少し引き出す)

a0029889_17595098.jpg
4. 回りを凍らせた卵白。最初に卵白を計り冷凍庫へ入れておくと、メレンゲを作る頃に回りが少し凍った状態(なってなくてもOK)。冷たくひやした卵白はメレンゲンのキメが安定するそうです。他にレモン汁や塩少々を入れて作る方法もあるようです。
5. メレンゲは卵白をまずハンドミキサーでほぐす(20秒程)→砂糖1/3ずつ加えながらしっかり角が立つまで泡立てる。目安は、途中で回しているハネが重くなるので、その時が目安。
※メレンゲを緩めに泡立て、生地と合わせやすくする方法もあるのですが、私はしっかり泡立てます。(ベーキングパウダーを使わないので卵白のみが膨らむ為の手段)
6. 型に流しヘラで中心から外に向かって型の縁で生地を切るように平均にならす。(中心部は低い) 

a0029889_18087.jpg
7. 170℃に予熱しておいたオーブンに入れ、160℃に下げて43分(←我家のオーブンで)焼く。
8. 中に入れるもので焼きあがりの高さも微妙にかわってきます。
9. しっとりしたキメの細かいシフォンの出来あがり。

飲み物がないと食べづらいという生地にならないように配合したつもりですが、そのように焼いてもらえると嬉しいです。翌日には更にしっとりとして正にシフォン(絹)のよう。

a0029889_1814958.jpg
抹茶の配合…薄力粉60g+抹茶5g 一緒に振るっておく。
抹茶の種類も少し値段が高くなりますが、濃茶を使うと風味がぐんと増します。アイスクリームや他のお菓子でも同様。

a0029889_1873595.jpg
コーヒーマーブル…インスタントコーヒー大さじ1杯を湯小さじ1強で溶いたものを、最後に生地に細く糸状に垂らし入れ、ヘラで軽く混ぜてから型に流す。

******************************
今回のレシピをプリントアウトして、気持ちを初心にして作ったコーヒーマーブルが今オーブンの中にいます。後で画像をアップします。お待ち下さいね♪

★焼けました!
[PR]
by soleiljap | 2006-12-14 10:31 | ◆ Sweets | Trackback(3)
Christmas Tree 2006  “サンタさんは本当にいるの?”
a0029889_31432100.jpg
blogを始めて3回目のクリスマス。blogに載せるのも、これで最後かなと毎年思いながら、今年もやってきました。(笑)

子ども達も年々大きくなって、サンタ、サンタと騒がなくなったのはちょっと寂しい気もします。
昨年の今ごろ、小6の娘は学校から帰るなり鼻息も荒く 『ママ、サンタさんのこと信じてない子がいるんだよ!お父さんとかお母さんがサンタだって言うの! 
絶対サンタさんいるよね!だってツリーの下に置いたケーキいつも食べているし、プレゼントだって手紙に書いたものをちゃんと持ってきてくれるでしょ。あ、それから、サンタさんから手紙も・・・(ブツブツブツ・・・・・)』

―――あんなに息巻いていたのに、今年は、毎年書くサンタさんへの手紙を書いていない。


つい先日の朝の夫と娘の会話。

「サンタさんに手紙書いた?」とパパ。

「うん、書くよ」 と、つれなく娘。

「何頼むんだ?」

「内緒」

「そうか、何だろう。パパも聞きたいな」

「・・・・・・」


娘よ、ママはサンタさんはいると思います。お友達は、サンタさんの正体はお父さんやお母さんだっていっているようだけど、あなたのパパとママはケチ。(笑) いえ、だってパパとママからのプレゼントはちゃんとあるじゃない。

去年、パパが話していたアメリカの新聞記者が書いたサンタのこと思い出してごらん。

そう、それは今から100年以上前、8歳の女の子がアメリカの 『ザ・サン』 という新聞社に 『サンタさんは本当にいるのですか』 という手紙から始まりました。

ザ・サンの社説担当だった記者(フランシス)は、新聞の社説にその返事を書きました。
その内容は大きな反響を呼び、その後もクリスマスの時期になると、50年もの間、そのときの記事が毎年新聞に載せられたそうです。記事はこちら

今年の写真♪
[PR]
by soleiljap | 2006-12-14 00:59 | ◆ Party | Trackback
かぼちゃプリン
今日、やっと我家もツリーを飾りました。でもカメラがなくて撮れません。近々アップします。
やっぱり我家のツリーが一番。(…と言わせてね)

a0029889_1643464.jpgこちら以前作ったかぼちゃのプリンです。まるで黄金色に輝く金塊みたいでしょ。
パウンド型でつくるプリンは、以前、どなたかのレシピ本で見かけて是非作りたかった形。かぼちゃがしっかりと固まって型崩れしないので、高さのあるパウンド型で作るのはとてもいいアイデアですね。

a0029889_1652426.jpg
息子は早々に金塊を見つけたものの、この時もカメラがなくて、丸二日お預け状態でした。子ども達も画像を撮るまでは食べられないと思うのか、待ってくれるのです。

a0029889_16543425.jpg濃い目に焦したカラメルと素朴な風味のかぼちゃがとてもあって、美味しい。夫と息子がほとんど二人で食べてしまったほど。冷蔵庫を開けるたびに短くなっていく金塊って感じでした。

まだまだフォルダの中には出しそびれた美味しいものがいっぱい。
「作ったらすぐアップしようblog」 
[PR]
by soleiljap | 2006-12-10 23:49 | ◆ Sweets | Trackback
おめでとう ピックアップブロガー!! &ブラウニーはおまけです。
a0029889_10244185.jpg
東京もこの2、3日でぐんと寒さも増してきたようです。スーパーではすでにお正月の商戦が始まっていますね。クリスマスもまだなのに、焦らされているようで落ちつかないのは私だけ?

さて、まずはおめでとうのニュース。私の大好きなblog「Azumi's Diary」のあずみさんが今週のピックアップブローガーに選ばれました。
お料理の腕は勿論、写真のセンスや文章から、あずみさんのお人柄がこちらに伝わって、とても優しい気持ちになれるblog。日々の何気ない風景や食べ物も、あずみさんに捕まるととても自然体で、温かい色と優しい雰囲気に生まれ替われるんです。
あずみさん、これからもあずみエッセンス溢れるblog楽しみにしています。でもあまり無理なさらないでくださいね。


a0029889_10134440.jpgここからはおまけ。
最近忙しく動き回っていると、お菓子作りもblogの事も後回しになってしまい、楽しみにしてくださってる皆様に申し訳なく思っています。
自分のペースが掴めたら、またハッスル(死語?)しますので、それまでのんびりお付き合いくださいね。

2006年に作ったケーキも数知れず。機会を逸して載せられなかったものが専用のフォルダにいくつかあります。

a0029889_10271485.jpgこのブラウニーもその一つ。
チョコレート、バター、そしてお砂糖、全てこれでもかというほど入っています。だからこそ美味しいのですが、カロリーを考えるとたくさんはいただけません。いえ作った本人だからそうなのであって、もし作ってくださったらきっとパクパク食べてしまうだろうな。

加速度的に忙しくなる今日この頃、お仕事、年末の準備等、無理が重なる時期です。どうぞ皆様お身体にはお気をつけお過ごし下さいませ。
[PR]
by soleiljap | 2006-12-09 10:28 | *ご挨拶&お知らせ | Trackback(1)
ポールと一緒に♪
a0029889_1150337.jpg

気がつけばすでに12月。仕事にプライベートにと急ぎ足で時間を追っかけるように日々を送っています。そんな中、昨日一つ大きな書類を送り出したので、ここでちょっとブレイク・タイム。

まずは嬉しい方がblogを始められましたのでそのお知らせ。
先日スーパーピアノレッスンに出演された京子ちゃんこと池村京子さんの事は、お友達のきっしゅさんからはいつも話にはうかがっていたのですが、こうやってblogを通して京子ちゃんの表情が見れるのはとても嬉しいこと。やはり一つのことを突き詰めている方って魅力的だわ。スーパーピアノレッスンの裏話などもあったり、皆様も是非『MIRABLOG ~みらブログ~DE PARIS』へ遊びにいってくださいね。

さて本題。(京子ちゃんの後に我がピアノの話題をだす勇敢マダム←有閑じゃなくてね)
10月半ばから始めたピアノも順調に進み、娘との連弾の曲も仕上げ、あとは娘と合わせての練習。そして今は新しい曲をやっています。

a0029889_13413851.jpg夢だった娘との連弾。ピアノを習い始めてすぐに決めた連弾の曲、さてどこまで弾けるか分からない状態で先生が持ってきてくださったのはビートルズの「Hey Jude」。ビートルズが弾きたいという私の希望にそってくださってのこと。難しいですよと言われたけれど、弾けるかもという思いがあったので、いくつかあった中からこのスコアを選ぶ。だってとってもいいアレンジなの。

弾きたい一心で猛練習。娘は同時に3曲練習しているのでペースが遅いのも仕方ない。母はとっくに暗譜も終わり一人で練習。でもやはり相手が欲しい。

ある朝、ふと思い出したビートルズのCD。さっそくヘイ・ジュードをかけると何とテンポが同じ。それからといものずっとポールと一緒。これが思いのほか気分がいい!伴奏ってこんなに気持ちいいの~と一人で感激。

ある日のレッスン日、先生が、「○○ちゃん(娘の名前)のパート、急いで仕上げられなくてごめんなさい」 とおっしゃるではないですか。

「とんでもないです。私はポールと一緒に練習していますので大丈夫です(うふ♪)」 

・・・ 先生笑いすぎですよ。

トップのお菓子は、ワッフルベーカーでつくるピッツェル。今回は生姜と胡麻をいれて和風にしました。
ピッツェルは今年の父の日、名前入りお椀のプレゼントと一緒に入院中の父に作って送りました。この時はいつものプレーンのものでしたが、食が進まないと母から聞いていたので、何か食べさせたいとの思いで焼いたお菓子です。
[PR]
by soleiljap | 2006-12-07 13:37 | *ご挨拶&お知らせ | Trackback