<   2007年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Macarons au Chocolat
a0029889_12564890.jpg
昨日、娘が図書館で久々にお菓子の本を借りてきました。見ると、チョコレートの本ばかり。もうバレンタイン・デーの準備してるのね。聞くと “友チョコ” ですって。よかったね>パパ(笑)

久々にマカロンを焼きました。バレンタインデーを意識した訳ではないけれど、カマロン・オ・ショコラです。
初めてマカロンを焼いたのが昨年の6月、苦難の道と思われたマカロンも皆様からの沢山のアドバイスのお陰で、予想より早くイメージ通り(私の中で)のものを焼けるようになりました。こういう時blogって本当にありがたいですね。

a0029889_13101687.jpgアーモンドプードルと砂糖(粉&グラニュー糖)、そして卵白、たったこれだけで作れるお菓子が他にあるでしょうか。お菓子の宝石のような可愛いマカロン、オーブンの中でピエ(足)がしっかり現れた時は、久々に小さい頃に感じたお菓子作りのわくわく(昂揚)を思い出しました。

今朝マカロンを焼いて、blog用に急いで画像を撮り、仕事へ。よって中身は挟めませんでした。夜、ガナッシュを挟んでいただく予定。でも、帰ったらきっと子どもたちに食べられているだろう。(笑)

a0029889_1384040.jpg
昨年、手作りマカロンを盛るために買った銀のトレー。
やっと写真を撮ることができました。


【追記】
※レシピはもう少しいろいろ試して作ってみたいので、気長にお待ちくださいね。
[PR]
by soleiljap | 2007-01-29 17:20 | ◆ Sweets | Trackback(1)
娘のリクエストは…… 

a0029889_21284439.jpg
お友達の家に行く娘からリクエストされたお土産のお菓子はアイスボックスクッキーに決まりました。
なんだか最近クッキーばかりアップしていますが、苦情は受け付けませんから。(笑)

このクッキーは、忙しい時作り置きして一度に焼けるので便利。昨日の朝と会社から帰宅して、夜生地だけ作って冷蔵庫で寝かせておいたものを今朝焼きました。

先日紹介したアイスボックスクッキーのレシピをつかったのですが、今回はプレゼント用なのに何を考えたか、材料の違いを試してみたいなぁと、久々に実験欲が頭をもたげてきて…… (これがまつがいだった)

前回は砂糖にシュクレ-ヌ(微細粒グラニュー糖)、小麦粉はスーパーヴァイオレットを使ったのですが、今回は砂糖は普通のグラニュー糖、小麦粉はヴァイオレット(日清)で作ることに。結果は最後にお話しますね。

a0029889_21112645.jpg
プレゼント用に焼いたクッキー、実は本位じゃなかったのですが、かわりを作る時間がなく、お土産に持たせました。(汗)

Open Please♪
[PR]
by soleiljap | 2007-01-27 23:57 | ◆ Sweets | Trackback
*Recipe アイスボックスクッキー  旨っ!
a0029889_2175490.jpg
今年は年頭からありがたいことに公私の忙しさがいいバランスを保っている。暇をもてあますのも、当たり前だけど忙しすぎるのも嫌。独身時代は本こそ沢山読んだけれど、仕事以外の時間はあんなに時間があったのに何一つ出来なかったような。今は読みたい本もベッドの横に積ん読状態だけれど、今のところ毎朝6時前起床のお弁当作りも苦じゃないし、ほとんど重役出勤のオフィス通いは(申し訳なく思いつつ)、お陰で、朝ケーキを焼いて写真を撮りblogも何とか継続できている。そして、何といっても今ピアノが面白い。4ヶ月経ったけれど日々発見と感動の連続。娘との毎回笑い転げながらの連弾の練習もとてもいいストレス発散になっている。目標はあの曲。言うと笑われてしまいそうなので今は内緒。でも必ず弾いてみせますわ♪
適度に忙しい方が時間をやりくりしながらいろんなことをやってしまうのかもしれないですね。

a0029889_2182935.jpg今日のお菓子はアイスボックスクッキー。このクッキーは以前にもアップしたのですが、今回はあらたに配合を見直して新しくレシピを起こしました。というのも、昨年きっしゅさんからいただいたパリのお土産の砂糖、『シュクレーヌ』 (極微粒グラニュー糖)を使ったクッキーの美味しさに感動したからなのです。

すぐ下の抹茶のクッキーに使ったのですが、出来あがりの軽さに感激。歯ざわりの軽いサクサク感をお好みの方には是非おすすめです。

昨夜、粉、バター、卵の量を少しずつ変えながら作って見つけた配合です。単純な材料だからこそ配合と素材が決め手になるクッキー。簡単なわりには見映えもよくてプレゼントにもなる重宝なクッキーです。
美味しいので皆様も是非作ってみてくださいね。レシピを載せておきます。

※シュクレーヌ(極微粒グラニュー糖)はお菓子の材料店に置いてあります。




★レシピ
[PR]
by soleiljap | 2007-01-23 19:41 | ◆ Sweets | Trackback(2)
初ケーキ
a0029889_21493100.jpg先日きっしゅさんの新居へ行く。
東京タワーに2007の数字がライトアップ。
同時に思い出したのが、「団塊の世代」という言葉。 まさに高度成長期を支えたお父さんたちのことです。
戦後焼け野原だった日本は、わずか60年あまりの間に凄まじい進歩をとげ、科学や技術ははるか海をもわたり、経済の発展は世界を脅かす程になった時期もありました。 
―――破綻。 年功序列や終身雇用はどこへ?毎日のようにリストラという文字が新聞をうめていた。 

重く長く続いたトンネルにもやっと光りが見え出したよう。(希望的観測?!)

丁度今から60年前に生まれた(1947年~1949年)「団塊の世代」は、今年2007年~2009年に定年退職を迎えるそうです。 “2007”いう文字の向こうに、昭和から平成を戦い抜いたお父さん達の顔がタブってみえます。


マンション26階のビューラウンジからのぞむ東京湾の風景。
a0029889_21461963.jpg
こちらは郷愁とは反対に、ただただ未来都市を象徴するような風景。
東京ってごみごみしていて息が詰まりそうになりますが、高い所からの夜の景色は本当に美しい。


a0029889_23264037.jpg
さて、この日の目的はきっしゅさんの新居のオーブンでケーキを焼くこと。娘も一緒に手伝ってくれて、女三人集まれば“かしましい”!じゃなく(笑)、あ、うんの呼吸であっという間に三種焼けました。
一つ目は、いつものレシピでシフォンケーキです。新しいオーブンの熱回りを知るのに作りなれたケーキはとてもいい実験材料。
二つ目はココアのクッキー。こちらはきっしゅさん作。ふわっとしてサクサクっとしてとても美味しい。
三つ目は、blogでも紹介したことのある抹茶のパウンドケーキ。餡子ではなくお節用に作った黒豆を入れてみました。

クッキーと抹茶のパウンドケーキは、リサイタルのティータイムに出す予定です。(餡子を入れるかは思案中) どちらもとても美味しくできたのでよかった。
[PR]
by soleiljap | 2007-01-15 22:46 | ◆ Sweets | Trackback
恒例の鏡開き

a0029889_22555177.jpg
今日は恒例の鏡開き。お供えした鏡餅を裂いて、我家はぜんざいに入れていただきます。以前にも書きましたが、私が子どもの頃は、年末28日についた鏡餅を一番大きなものは床の間に、小さな丸餅は2個重ねて半紙に包んだものを家のあちこちにお供えしていました。1月11日の朝、それらを全てさげて、ぜんざいに入れていただくのですが、今でもはっきりと思い出されるのが、さげたお餅にしっかりとカビがきていて、両親がそのカビを丁寧に削って石油ストーブの上で焼いていた光景です。

a0029889_23535911.jpg時代はかわって、床の間も姿をけしたマンション住まい、いつのまにか生のお鏡はプラスチックの形をした真空パックのお餅になってしまいました。(このお餅が出た当初は抵抗していたのよね。) 決してカビル事のない餅、カビをけずる手間も、石油ストーブの上で餅を焼く光景も、もう見られないと思うと、なんだか寂しいです。
思うに、我が子たちは半紙に包んだお餅を見た事あるのだろうか。

今朝、「今日は鏡開きだから、お部屋のお餅さげなさ~い」 と子ども達に声をかけると、「はーい」とか「うん」とそれぞれの部屋から返事が返ってきました。(で、集まったのが↑)
お正月の行事、地方によっては1月中続くところもあるようですが、我家のお正月行事はこれでおしまいです。

*********************************
追記 : 今、会社のPCで画像を見てびっくり!お椀と、お盆とぜんざいが同化して境目がわからん!(笑)
<小さい声>はは~ん、昨日、朝急いで作ったぜんざい、仕事行く前に急いでカメラにおさめて確認しなかったのよね。 と何気に言い訳しておこう。</小さい声>
[PR]
by soleiljap | 2007-01-11 23:36 | ◆ Sweets | Trackback
七草粥
a0029889_9375681.jpg
国境がなくなった食文化の中にいても、お正月という素晴らしい文化をしっかり感じていられる私達はとても幸せです。
移ろう季節をめで、その自然の中で季節感を味わう日本の食文化は素晴らしいし、一方で七草粥のように季節の野菜で身体をいたわる文化もなお素晴らしいと思う。

a0029889_9402449.jpg春の七草セットという簡易で便利なパックはとてもありがたくて毎年お世話になっています。いつもは実家の母直伝の味噌仕立て、お餅入りのお粥なのですが、今年はみんな食べすぎで胃拡張は否めないので、さっぱり白粥にさっと茹でた七草を刻んで入れました。お正月のご馳走で疲れた胃に、さっぱり粥はとてもやさしくて、美味しくて、あっという間に土鍋は空に・・・。やはり胃拡張か。(笑)


a0029889_105372.jpg
今日は木枯らしが吹いてとても寒かったですね。今年初めての富士山の写真と言いたいところですが、空気が澄んで丹沢の雪や山並みはどこまでも見渡せたのに、富士山だけがすっぽり雲に覆われていました。綿菓子かかき氷みたいでしょ。寒くてぶるぶる震えながらバルコニーからカメラにおさめました。(思い出しただけでもブルっ!)
[PR]
by soleiljap | 2007-01-07 23:57 | ◆ 料  理 | Trackback
ハートのショコラ・クラシック
a0029889_1834179.jpg
さて、いよいよバレンタインデー(え、まだ?)。いつのまにかバレンタイン特集になっているような気もしますが・・・(笑) 決してチョコレート業界の回し者じゃありませんので。
でも、いいな~、これから出会いがある人・・・笑

今回は私の大好きなショコラ・クラシック。
ガトーショコラにもいろんなタイプのものがありますね。以前紹介したショコラ・フォンデュも、小麦粉を殆ど使わないケーキでしたが、バターを沢山使ったショコラ・フォンデュに対し、こちらはバターも少なめです。
ショコラの生地が口の中でホロホロっとほどけて、ショコラの濃厚な香りがフワーッと広がる、そんなケーキです。こちらも美味しいですよ♪

a0029889_1842367.jpg今回は娘のリクエストで買ったハート型で焼いてみました。ハート型は全部で9個、普段のレシピの半量で型に流していくと8個分出来ます。9個全部に入れてもいいのですが、すぐに萎んでしまうケーキなので8個が妥当かな。卵白をしっかり泡立てること以外差ほど難しくないです。こういう小ぶりの焼きっぱなしのケーキは持ち運びが簡単ですね。


a0029889_15465790.jpg今回は手作りのアイスクリームを添えました。
いつものバニラアイスのレシピにカルピスを加えただけなのですが、さっぱりしてすごく美味しかったです。これはリピートしそう。
[PR]
by soleiljap | 2007-01-05 23:27 | ◆ Sweets | Trackback(2)
お正月のお客様
a0029889_11501952.jpg
本題の前に。
例年なら元旦の朝、我家流お正月の儀式を終えると近くの神社へ初詣にいくのですが、今年は娘が年末から風邪をひいたので、1日、2日は静かに家で過ごしました。
三日、すっかり良くなった娘と皆で2日遅れの初詣。氏神様にお参りした後は恒例のおみくじ。
最初に引いた息子は「大吉」。次にひいた夫、「吉」。三番手は私、息子と同じ「大吉」と出ました。次なる娘は、、、、沈黙。。。
何と言う事、お正月引く確率も低いといわれる「凶」とでた!(笑)

我家のしきたり?(笑)では凶がでると、次なる神社でリベンジなる再おみくじ。さてテクテク皆で歩く事十数分。お参りの後、娘が引きます。三人の見守るなか一枚手に握り締めたものは、、

「小吉」でした。(ほっ)
元旦は年末からのお節作りに精魂つきて、おせち料理をいただいた後は寝てしまう私ですが、今年は初詣に参加できました。

さて、本題です。
初詣を終え急いで帰宅。この日に見えるお客様の為のテーブルセッティングをして急いで会社へ。三日から仕事なんて、すごい働き者でしょ。そう、私たちは働き者!
今日のお客様は、この日会社で一緒に仕事をした、みなさんもよくご存知のきっしゅさん。(何の仕事をしたかは後日に!)
a0029889_1864647.jpg


More
[PR]
by soleiljap | 2007-01-04 12:01 | ◆ おせち料理 | Trackback
日本の伝統 ―おせち料理 2007―

a0029889_21481332.jpg
2007年が幕明けました。新しい年が皆様にとって希望に満ちあふれ、平和で穏やかな年でありますように。

私の大好きなお正月。そう、日本がいちばん日本らしくなる日。今年もここから皆様へご挨拶できることに感謝。

さて、blogを始めて早3回目のお正月は、いつもと変わらぬ母から受け継いだお節で幕が開けました。加もなく不可もないいつものお節料理、さらっとみてくださいまし。
a0029889_15273227.jpg
毎回作りなれた品々だけれど一年に一度の料理、素材や量で毎回味付けも変わります。昆布巻きの中身は鮭だったりブリだったり、紅白なますは大根とにんじんのバランスが大事。素材で大きく味が変わるのがたたきごぼう。黒豆はケチるべからず。酢れんこんと海老の八方煮は茹でるタイミングが命・・・等々、経験で培われたデーターが品ごとに頭の中ではじき出される。作りながら時間と労力を無駄なく駆使させ…

a0029889_1754399.jpg
なーんてのは理想で、何年も同じようにやってきても手違いはあるもの。今年はウラジロを早く買いすぎで当日葉が乾燥してしまった。たたきごぼうの酸味が強かった。そして痛恨は最強の助っ人、娘が30日から熱を出しダウン。今年は昆布巻きを教えてあげたかったのに。

30日は友人のきっしゅさんが来てくれて、4月のリサイタルの打ち合せ&おしゃべりをしながらの準備。退屈せず楽しい時間が過ごせました。
a0029889_3424782.jpg
いつもと同じお正月風景だけれども、今年もこうやってみんなで食卓を囲んでお節をいただける幸せ、健康であればこそ。
みんな、ありがとう!今年も健康で笑顔いっぱいの年にしようね。


今年の絶品は「黒豆」。一晩つけこんで、水加減をひたすら見ながらとろ火で煮る事8時間。美味しく美味しくできたので、まず最初に食べさせました。(笑)

昨年のおせちはこちら。配列は少しちがいますが内容は同じです。
[PR]
by soleiljap | 2007-01-02 00:08 | ◆ おせち料理