<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
*Recipe 抹茶のマカロン
a0029889_1075718.jpg
 先日アップしたマカロンのレシピで、anzuさんがさっそく抹茶のマカロンを焼いてくださいました。とっても美味しそうに、そして美しく作って下さり感激。
あらためて、ありがとう>あんずさん。

 そこで、私もまたまたマカロン。(笑) これまで何度登場させたかしら。マカロンは味や色、中に挟むもので変化をつけられるので、作る楽しさも変化の数だけあると思います。
 今回はプレゼント用に3種類焼きました。ラッピングの画像は後ほど載せますね。私のマカロンたち、今ごろ、どの辺を旅しているかしら。(うふふ♪)
 
 化学的な着色料を使わないで綺麗な色のマカロンを作りたいなら抹茶というくらい、とても綺麗な色がでますよね。香りも豊かな抹茶のマカロンはきっと外国の方にも好まれるはず!
 今日は抹茶のマカロンのレシピを紹介します。こちらも美味しいので是非作ってみてください。
a0029889_1065830.jpg


抹茶のマカロン   こちらの抹茶のマカロンもご覧ください。
【材料】
・卵  白 ・・・・・・40g (卵Lサイズだと卵白40gゆうにとれます)
・グラニュー糖・・・15g
・アーモンドプードル・・・43g
・粉糖(100%)・・・65g
・抹茶・・・・・ 3g

※ 下準備と作り方はマカロン・オ・ショコラと同じです。
焼成も 220℃→2分 170℃に下げて→4分 150℃(140℃)に下げて4分 2分オーブンの中で放置。各家庭でオーブンの機種やワット数、ガスと電気の違いで焼き時間も若干変わってくると思うので。様子を見ながら(焦げ目がつかないように)焼いてください。

※今回は中にホワイトチョコのガナッシュを挟みました。ホワイトチョコを湯煎で溶かし、生クリームを少しずつスプーンでたらしながら固さを調節。


最後に基本の分量も記しておきます。ご自分のアレンジでいろんなフレーバーのマカロンに挑戦してみてくださいね。

---------------------------------------
基本のマカロン(プレーン)  ※画像はこちら
【材料】
・卵  白 ・・・・・・40g (卵Lサイズだと卵白40gゆうにとれます)
・グラニュー糖・・・15g
・アーモンドプードル・・・46g
・粉糖(100%)・・・65g

---------------------------------------
[PR]
by soleiljap | 2007-02-27 18:55 | ◆ Sweets | Trackback(4)
お誕生日おめでとう♪
a0029889_9453734.jpg
 昨日(20日)は夫の誕生日でした。
 今週末から子供達のテストが続けて2週に渡ってあります。3月には雛祭りもあるし、ということで、ウィークデーでバタバタの準備でしたが、昨夜家族でお祝いをしました。

a0029889_10564980.jpg
 今回の料理は中華です。
 画像をみて気付いたのですが、セッティングが殺風景。キャンドルもすっかり忘れていました。おまけに画像が悪い。夜の撮影はいつものことですが難しい。

 メニューは、れんげ皿に車海老のピリカラ揚げ(創作)…はじめはエビチリの準備をしていたのですが、先日購入したれんげの小皿を使いたかったのでピリカラ揚げに変更。白髪ネギを乗せるのを忘れました。一人分ずつの前菜としてこの皿は重宝しそうです。皆の大好きな唐揚げ春巻きチンゲンサイのにんにく炒めは桜海老も一緒に炒めました。ご飯は中華おこわ。干し貝柱(ほたて)を戻して汁ごと使った、こくのある美味しいおこわができました。今朝、息子のお弁当にも入れました。
a0029889_10525633.jpg
 ケーキは皆も食べたいころかしら、という事で定番のレア・チーズケーキ。本当は私が食べたかったのです。今回はハートをラズベリーソースで描こうとしたのですが、おたまじゃくしになってしまいました。急きょ生クリームでデコレーション。
a0029889_12275128.jpg
 ロウソクの本数は四捨五入。自分の時は絶対にさせません!(笑) 
注:私の場合は四捨五入して6本にはなりませんのであしからず。

 Happy♪(*^ー^)ノ”iiii Birthday PAPA♪ いつまでも元気でお仕事がんばってね♪
[PR]
by soleiljap | 2007-02-21 12:55 | ◆ Party | Trackback
今年のヴァレンタインのお菓子

a0029889_13585819.jpg
今年のヴァレンタインのお菓子はマカロン・オ・ショコラ。

以前も書いたのですが、マカロンは1個ずつ包め、ガードをしっかりすれば持ち運びも楽。中に挟むもので味のバリエーションも楽しめて、私のお気に入りのスイーツ。

今年はいつものメンバーに加え、もう一人、久しぶりにチョコをプレゼントした人がいます。昔は毎年のようにあげていたのですが、子育てが忙しくなり、いつの間にか送らなくなってしまったのです。

 最後にあげたのはいつだろう。

More
[PR]
by soleiljap | 2007-02-15 17:37 | ◆ Sweets | Trackback
食卓から愛をこめて

a0029889_0105434.jpg

皆様、今日一日どんな日を過ごされましたか。
今日、マカロンを焼きながら、家族や、友達、仲間、のことを思い出していました。普段中々感謝の気持ちを伝えることの出来ない人たちに、決まりなんて関係なく、言葉だけでもいいはず。そんな心が暖かくなるヴァレンタイン・デーって素敵だと思いません。
日本はあと小1時間で15日ですが、海外にお住いの方々はたっぷり時間があります。どうぞステキなヴァレンタイン・デーをお過ごしください。
[PR]
by soleiljap | 2007-02-14 23:19 | ◆ Sweets | Trackback
椿の花と暖冬
a0029889_13534328.jpg
椿の花が好きです。
冷たくぴんと張りつめた空気の中で気丈に咲く椿は冬の花の代表だと思う。小学校1年生だった冬の年、いつもの学校の帰り道、ふと目に入った真っ赤な椿が今でも忘れられません。今ほど美しいもの、便利なものが溢れていない子ども時代、ほとんど色のない風景の中で、静かに咲いていた真っ赤な花は7歳の子どもの心を捕らえました。

それまで気にもとめなかった花なのに、その時の風景は今でもはっきり覚えています。
いつもの帰り道、垣根にひときわ真っ赤に咲いていた椿の花を見つけました。決して派手ではなく、でもしっかりと意志をもって静かに佇んでいた椿の花を見た時、生まれてはじめて花って綺麗だなと思いました。
近づいて、赤い柔らかな花びらを触りながら 「きれいだね」と言ったのを覚えています。
「この花は首からポトッと落ちるから病気の人の所には持っていっちゃいけないんだって」 と友達が教えてくれました。

それ以来、冬になるといつも椿を探していたような。
以前住んでいた家には乙女椿の木があり、毎年冬になると可愛いピンクの花を咲かせていて、モノトーンの冬の庭で見る幾重にも重なるピンクの花びらの差し色が、心まで温かくしてくれていました。

そう言えば、この冬、美しい椿を見ていない。

椿も見ていないのに、またも温暖化のニュース。今年はもうタンポポが咲いたとか・・・。


1月の抜けるような蒼い空につめたい朝がやってきて、庭の片隅に椿の花を見つけた時、あぁ冬だなと思い。
2月の凍える空気の中、透けるような白い梅が静かにほころび始めたかと思うと、冷たくしまった地面に真っ直ぐに咲く水仙のうす黄色の花びらが咲き始めるのです。 少しずつ土も緩み、春の息吹がそこかしこから顔をのぞかせるのです。 

沈丁花の清らかな香りに目覚める頃、木々には新芽が。 お日様が眩しく感じる頃、木々は萌黄色の柔らかな葉っぱに包まれるのです。 もう、そこら中、命のエネルギーで溢れている。 陽の当る温かな場所にタンポポを見つける頃にはもうすっかり春。
ふんわりと柔らかな風を肌で感じながら、自然ってすごいな、日本っていいなって思うのです。

今年の冬は世界的に異常気象でした。 熊が中々冬眠しなかったり、花前線は前倒し、深刻な雪不足でした。
まさに未来の地球を警告するかのような現象。 
先日、夕食の時間に夫が子どもたちに、これからこのままの状態でいくと、20年先の地球はどんなになると思う?と話していました。 これから生きていく子ども達の未来のために、一人一人がやっていかなければならないことは、CO2を減らし温暖化をくいとめること。 今すぐできることはたくさんあるんですよね。“ストップ・ザ・温暖化


最後になってしまいました。今日のお菓子は、先日作ったマカロンであまったモカ・ガナッシュをラングドシャのようなクッキーに挟みました。回りはサクサクですが中央はしっとりしてて美味。
最近ずっと、クッキーのようなものばかり作っています。手軽にできて、甘いものが食べたい時にちょこっとつまんでいただけるクッキーはとても嬉しいお菓子です。
[PR]
by soleiljap | 2007-02-09 11:47 | ◆ Sweets | Trackback
Macarons au Cafe
a0029889_21542793.jpg
今日のマカロンは、コーヒー味の “マカロン・オ・キャフェ”。
先日、可愛いワンちゃんたちのママで、お料理上手のanzuさんが作られたマカロンを拝見したら、またまた作りたくなりました。
このお菓子、アンズさんがおっしゃっていたように焼成にちょっと気を使うのですが、勘やコツを覚えると、準備も工程も簡単でとても楽しいのです。

a0029889_15285881.jpg
生地にお湯で溶いた濃いインスタント・コーヒーを混ぜて、コーヒー風味にしました。
今朝、大急ぎで準備して、今日は中身を挟んでラッピング。中身を挟んだのでOfficeへもって行く。中身はモカ・ガナッシュ。なんのことはない、ガナッシュにインスタントコーヒーを加えただけ。コーヒーが多かったような・・・ (メモメモ)

a0029889_1717335.jpgオフィスでおやつに食べたBoss、「あなたにしては珍しく甘いお菓子だなー」と一言。 
マカロンの特徴でもある、内側のねちっとした食感はお砂糖があってのこと。よって砂糖の調整が難しいのです。それでも他のレシピ本に載っているお砂糖よりは少なめ。今回はガナッシュが挟んであるので、余計に甘かったのでしょう。 濃い目のコーヒーを煎れていただきました。(うま~♪)


マカロンは形、大きさといい、プレゼントに最適。1個ずつシールに入れてお気に入りのボックスに入れてみました。

ラッピング
[PR]
by soleiljap | 2007-02-06 17:31 | ◆ Sweets | Trackback
節分といえば
a0029889_10234388.jpg節分といえば豆まき。我家(実家)では昔から伝わる豆まきがあります。

お正月もおわる頃、母がせっせと小銭を集めだします。
殻付きのピーナッツの大袋が準備されると、いよいよ決戦の日。夕食後、すっかり家具類が隅に寄せられた居間に、ズボンに腕まくりスタイルで三姉妹が集結。母が大量の小銭と殻付きのピーナッツが入った大ザルを家長である父に渡すと、決戦の火蓋は切られます。

いいですかー、という父の合図で電気が消されます。「鬼は外ーーー!!」の掛け声といっしょに最初の豆(いやお金)がまかれると、暗闇の中ではものすごい地響きと奇声がいっせいに沸き起こります。と同時に何事がおこったかと吠えまくる愛犬(ロッキー)の声。(爆)

暗闇の中で、鼻息も荒くザクザクとお金を手繰り寄せる音。

「お父さん、こっちにまいてーーー!!」
「いたいっ!!」
「もー!ピーナッツばっかりダー」

うら若き乙女たちの奇声と、大笑いする父と母。そして、うろたえ、吠え続ける犬。(笑) ザルの中身がなくなるまで、この戦いは続きます。

戦いも終わり電気をつけると、髪振り乱し、息絶え絶えの女たちがお金を両腕で囲んでうずくっまっている。あぁオソロシヤ~(笑) そこら中に破けて潰されたピーナッツの残骸がちらばって。それはそれは恐ろしくも楽しい豆まき。あれだけ大笑いすれば鬼も退散すると言う訳で、この面白すぎる行事は私達が成人しても続いたのです(笑)。嫁入り前の娘3人、誰にも見せられない光景だったにちがいありません。

a0029889_12365817.jpg我家の豆まきも子供たちが小さい頃は手作りの鬼のお面をかぶり豆まきしていたのですが、最近はかぶりものなしの、お掃除しないで済むように、殻つきビーナッツを部屋とバルコニーに皆でおとなしくまいています。いつか実家風豆まきもしたいなと思いつつ年月だけが過ぎてしまいました。

さてもう一つ、豆まきといえば恵方巻き。と一部世間では言われていますが、みえみえの商業ベースに乗せられたくない私はどうもなじめません。
その年の恵方を向いて、立ったまま無言で一気に丸かじりなんて身体によくないと思います。(笑) でも夫は面白そうといってやりたがります。

皆で頂く巻き寿司もいいのですが、今日はいなり寿司を作りました。


もう一年が過ぎてしまいましたが、私の大好きなblog“takakodeli”のtakakoさんが紹介してくださった “柚子れんこんのいなり寿司”。お正月に使った柚子が冷蔵庫に2個残っていたのでさっそく作ることに。

我家の定番稲荷も甘酢に漬けた蓮根とたっぷりの炒り胡麻を加えて作るのですが、それに柚子を加えたもの。イメージするだけで爽やかな香りと味わいが口の中に広がってきそうでしょう。

a0029889_12502124.jpg
正にイメージ通り、ほんのり柚子が香って極細の千切り柚子皮もアクセントになって、とても美味しかったです。大好評でした。  レシピは→こちら
追記:もう少し厚めに切ると、柚子の香り豊かなお正月の酢れんこんに使えそうです。




a0029889_9222890.jpgそして今年の節分はもう一つのスペシャルな日でもありました。本日、結納を済ませた姪っ子(義理の姉の子)が式を終えて、家族で幸せな姿を見せにきてくれました。
初々しい訪問着姿、可愛かったです。
a0029889_9225131.jpg

おめでたい日。柚子れんこんいなりの他にいつものセイロで蒸すお赤飯でお迎えしました。鯛は塩釜焼きにする予定が時間がなくなり塩焼き。菜の花も出まわってきましたね。こちらはおひたしに。茶碗蒸し唐揚げ、そして、お刺身の盛り合わせ
a0029889_13375189.jpg

[PR]
by soleiljap | 2007-02-03 23:13 | ◆ Party | Trackback