<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
大晦日
a0029889_13444312.jpg
子どもの頃、お正月が近づく暮れの慌しさが好きだった。毎日、少しず片付いて綺麗になっていく様子は気持ちよかったし、28日、総出で行う餅つきも、薪の匂いと一緒に楽しい行事として私の中に染み付いている。

ほっかぶりに割烹着姿の女性たちの手際よく動く姿に惚れ惚れし、いつも一番前に出ている男性陣の、その時ばかりは茶目っ気たっぷりに力仕事に徹していた姿も、子どもの私には可愛いく思えた。
その夜に真っ白い半紙に包まれた丸餅が自分の勉強机に置かれると、新しい年が来るんだなと心弾んだものだ。

お正月の食料の買い出しは尋常ではなかった。冷蔵庫は溢れんばかりの食べ物で埋まり、結局お正月が明けても、食べ切れなかったものがごみ箱へ放りやられるという悲しい結末だったような気がする。

時間が山ほどあった子どもにとって、暮れから新年を迎える光景は一つのお祭りのような行事。12月31日から1月1日へ移行する時間の流れに、そわそわしつつもお年玉の喜び以外は差ほど大変な行事ではなかった。

しかし、結婚して妻となり母となった時、何げなく流れる時間の一過程に過ぎない「その瞬間」を心からとても大事に思えるようになった。大晦日と新年はとても意味のある時間になっていた。

子どもの頃の暮れに大忙しで働く大人たちの姿がいとおしく思えるのは、子どもや皆の幸せを心から願う姿だと分かったからかもしれない。今ほど便利でないあの頃、どれだけに時間と労力を使ったかと思うとさらに尊敬の念でいっぱいになる。


あれから数十年。すっかり母親業も板に付いた2007年の大晦日、我が家ではもうすっかり定着した光景。
大掃除も終わり、30、31日の怒涛のおせち作りは今年も同じ。(今年こそは温泉で新年を迎えたかったのよね・・・)
28日から熱を出し寝込んでいた娘もやっと平熱になりほっとしたのもつかの間、我が家のキッチンは朝からガスの火はつきっぱなし。

毎年(ここ数年は)、台所でお重の仕上げをしながら、TVから流れる除夜の鐘を聞くのが恒例で、紅白歌合戦の最後のフィナーレの余韻の中、突如聞こえてくる鐘の音にジーンとしたものだ。
歓喜と歓声、そして静寂。この違和感が、なんとなく心地よく。あぁ、また新しい年がやってくるんだと思う瞬間。
その時々の思い出や希望を「ゆく年くる年」の鐘の音に重ねていくと、疲れている頭も身体もいつの間にかすっきりと目覚めるから不思議。

たっぷりあると思っていた時間も、人生折り返し地点を過ぎると、そんなにゆっくりもしていられないと思ったりもする。
来年もまた良い年でありますように、と願える幸せ。家族が元気で笑って過ごせる毎日。食卓を囲んで美味しいね、といえる日々。何気ないことを大事にまた来年もたおやかに生きていこう。
子どもの頃に見ていた大人たちも同じことを考えていたのだろうか。一日一日を大事に過ごそさなければ。


そして来年は・・・ 来年のことを言うと鬼が笑うので、とりあえず残りのおせちをがんばって作ります♪


a0029889_2353951.jpgトップ画像の黒豆は、今年のおせちの中で一等賞をあげてもいいくらいの出来ばえ♪ 
だから、味見も一粒一粒大事に食べなければなりません。(笑)
下準備から煮る時間まで13時間はかけて作ります。昔は圧力鍋で作っていた時期もありましたが、いい豆を使うようになると、そんな荒行は出来なくて、せっせと大事にコトコト8時間煮ています。大好きだから、どんなに時間がかかっても毎年作るのです。

今年は、嬉しいことにお友達のお母様から立派な黒大豆が送られてきました。
「○○さんは黒豆を作るのがお上手だと娘から聞いたので」 と手紙に書き添えられていました。
お心遣いに感謝。大事に作らさせていただきました。


a0029889_2372837.jpgごらんのようにふっくらつやつやの黒豆。漆黒とはこのような色を言うのでしょう

きっしゅさんのお母様、美味しくできました。
近くなら出来立てを持って行けるのに、残念です。

きっしゅさん、貴女の大好きな黒豆、今年はさらにパワーアップ。ちゃんと残しておくから楽しみにしててね~♪



最後になりましたが、いつもブログへ来てくださる皆様、2007年もこうやってモニターを通じて皆さまと交信できたこと、とても楽しかったです。
ここまでブログを続けてこれたのは、モニターの向こうに皆さまのことを実感できるから。これからもどうぞよろしくお願いします。

もう、あと少しで2007年も終わります。皆さま、よいお年をお迎えください。そして、来年もよろしく♪
[PR]
by soleiljap | 2007-12-31 14:58 | ◆ おせち料理 | Trackback
今年のクリスマス・メニュー '07
a0029889_0295297.jpg
明日で仕事納めの会社も多いのではないでしょうか。
明日は午前中、出かけるので、本日大掃除の一部をやってきました。窓の掃除と私のデスク周りです。我が社の窓は天井から床まで続く窓。天井が長いの当然長い。窓長靴をはいて、ホースとゴムのついた窓掃除グッズ(名前分からず)で、磨いた枚数5枚。全身を使いながら身体を動かしていたので冷たい空気が心地よかったです。

a0029889_844238.jpg
さて、クリスマス料理の詳細が遅くなりました。
メニューは時間がないところで決めたので、ブログ的には代わり映えのないものばかり。それでも今回は流石にパエリアはなし。(この2、3ヶ月で2回作った)
牛、豚、鶏肉とどれがメインなのか分かりませんね。(笑)、娘からはトマトのブルスケッタ。息子はスープを作るならクラムチャウダーと、リクエストがあったので、取り混ぜメニューとなりました。おうち御飯の醍醐味といったところでしょうか。(笑)

a0029889_0215173.jpg
メニュー
・クラムチャウダー・・・ほんとはブロッコリーのスープを作る予定だった。
・カプレーゼ・・・・簡単でちょっとかわいい彩りに重宝。
・ローストチキン・・・・今年はパスしようかと思ったけれど、小さめのがあったので、年に一度のことなので作ることに。
・ローストビーフ・・・・今年は火で炙ってアルミホイルに包み冷凍庫へ。
・スペアリブ(エスニック風)・・・・ひと月ほど前に作って美味しかったので。(実は自分が食べたかったの。
・トマトのブルスケッタ・・・・ガーリックトーストと一緒に。娘が作る。翌日も作っていたな・・・。
・チーズ・・・・ブルサン・ポワーブル、カマンベール。

これで4人分と思うとかなりの量だとおもうでしょ。でもでも、みんなワシワシと食べるんです。いかに普段の食事が質素かわかる。(笑)

a0029889_22472654.jpg
デザートはレアチーズケーキ。(今、我が家のオーブンの温度調節がうまくいかず、スポンジ系は断念)
今回はクリームチーズが半分残っていたので、直径15センチのセルクルで、レシピを適当に調節しながら作ってみました。これが、また美味しかった。普段、レアチーズケーキはお替りしない娘も、一番にお替り。 「ママって、ケーキ作るの上手よね」ですって。

ツリーも26日にはすっかり片付き、ついでにワックスがけして、大掃除の一部クリアなり。
ここからが体力勝負!がんばろうっと。
[PR]
by soleiljap | 2007-12-27 23:02 | ◆ Party | Trackback(1)
イヴの食卓
a0029889_21313765.jpg
昨夜、クリスマス・イヴの食卓です。
今年はぎりぎりまでバタバタとしていたので、クリスマス・パーティのアレンジまで頭がまわらず、結局家族だけのパーティになりました。
グリーンのクロスが反射の関係で怪しい雰囲気になるので、「グリーンはやめようか?」と娘にいうと、「クリスマスだからグリーンはいれて」ですって。

a0029889_16155610.jpg前日、恵比寿ガーデン・プレイスの“PARTY”で買った、コバルトブルーの色がついたトレーを使ったらますます、怪しい雰囲気。

詳細はのちほど♪ お仕事します。
皆様のところへも落ち着いたらゆっくり伺います。おそくなってごめんなさい。



さぁ、ダッシュ!! (koroちゃんのまねっこ♪)
[PR]
by soleiljap | 2007-12-25 12:10 | ◆ Party
Happy Happy Christmas~♪
a0029889_0371911.jpg

一年って、本当にはやいですね。
今日は一日穏やかなお天気になりそうです。
お出かけになられるかたも、家で過ごされるかたも、どうぞ素敵な
クリスマス・イヴをお過ごしください。
そして、世界中の子どもたちがみんなハッピーなクリスマスをむかえられますように。
[PR]
by soleiljap | 2007-12-24 00:56 | ◆ Party
冬至ときもの熱

a0029889_9373362.jpg
今日は冬至。北半球で一年で一番太陽が低い位置になり、昼が短く夜が長くなる日。

冬至といえば、ゆず湯と冬至かぼちゃ。ゆず湯に入り、冬至かぼちゃを食べて寒い冬を元気で過ごそうという江戸時代からの習慣らしいですが、ゆずには保湿作用があり、お肌がすべすべに。
かぼちゃは言うまでもなくカロチンが豊富で、風邪予防になります。
当時科学的な手段などない時代に、先人たちは身体でこの知恵を身につけていったのですね。梅干にしかり、先人たちの知恵には本当に関心させられます。

冬至にゆずを使うのにはもう一つの理由がありました。
お正月のおせちや菖蒲湯(尚武)もそうですが、冬至(とうじ)=湯治(とうじ)。柚子(ゆず)=融通がきくように。かぼちゃの黄色(金色)からお金をイメージし、お金持ちになりますように。など、ここにも日本古来の願掛けがありますね。

寒い冬、ぽかぽかの柚子の香りのするお風呂はそれだけでも至福の時。
皆さんも是非、この冬至に柚子湯に入り、元気に寒い冬を過ごしましょう♪

ちなみに、上の柚子湯セットは近くのスーパーで198円。

a0029889_1058759.jpg
さて、着物熱とタイトルに書いたのは、最近また着物に癒される日々を送っています。
どうも、先日の京都での結婚式で久しぶりに着た着物が火をつけたようです。このところ忙しくして、夜は小説を読む余裕さえなく、いつも手が伸びるのがこの本「樋口可南子のきものまわり」。
そこにタイミングよく、ご実家が呉服屋さんのnasukaさんから届いた「目の保養」。すばらしい着物にまたまた癒されたわけ。(笑)

a0029889_10581929.jpg
着物はその昔は日本人の日常着でした。今では高価なものというイメージがありますが、すべて直線で作られた一枚の衣。生地は木綿から絹やウール。意匠や技術面では文化的遺産にもなる染めや織り。人間国宝の技術をもって生まれる布や染めは鑑賞に値する一つの芸術です。

語りの切り口は無限にある着物の世界。私にとっての着物の醍醐味は、日本の古い時代の文化や習慣に根付いて生まれた、着物の歴史や日本人の精神をまとえるということもその一つ。
例えば、はっきりした日本の四季において季節感は大事にされました。素材は勿論のことですが、それ以外に季節の草木や花の先取り。桜の季節に桜の着物を着るのは避ける、とか。夏の終わりには秋を思わせるものを入れるとか。もうすぐやってくる季節を着物でさりげなく知らせるなんて心憎いじゃないですか。自然を愛し、相手を思う心に通じるものだと思います。

今では鑑賞だけにとどまっている着物ですが、また時間や心に余裕ができたら、コンサートに着ていったり、お茶にもと思っています。

私の着物熱、伝わったでしょうか。(まだまだ書きたいことはたくさんあるのですが)
そうそう、それまでロングだった髪をショートにしたのは、樋口可南子のように短い髪で楚々と着物を着たかったからなのです。(笑)

nasukaさん、早く着物のウェブ・アルバム公開してくださいね~ 首をながくしてまっています♪

************
●きもの熱 としてカテゴリを作りました。これから大好きな着物についても書いていきます。

※コメント欄久々に開きました。お返事遅くなるかもしれませんがよろしかったら書いてね。
[PR]
by soleiljap | 2007-12-22 11:17 | ◇ きもの熱 | Trackback(1)
Christmas Tree 2007   ―17年という歳月―
a0029889_21573298.jpg
新しいPCからの初めての投稿。

日曜日にやっとクリスマスツリーを出しました。
毎年見てくださる皆さまにはおなじみのクリスマス・ツリーですが、今年もアップいたします。それも登場回数の多い天使ちゃんと蛙くんで。(笑)


息子が生まれた年にやってきたツリーも、この冬でもう18回目の登場。当初は子どもの為+自分たちも楽しみたいから飾っていたツリー。いつの間にか子どもの成長とともにたくさんの思い出が真珠の玉のようにつながっていました。
数えるくらいしかなかったオーナメントも、機会あるごとに少しずつ買い集め、いつの間にか樅の木を包むくらいに増え、一つひとつに家族みんなの思い出がつまっています。
あの頃、17年後の未来なんて思ってもいませんでしたが、こうやって振り返ると、毎年、サンタを待つ子どもたちのピュアな心に触れたくて、大人たちはせっせとクリスマスの準備をしていたのかな、なんて思ったり。
子どもでなくなる日、それは、サンタの存在を信じなくなった時かもしれない。

夜空に鈴の音を響かせ、真っ赤な服に身を包んだサンタが今年もやってきますように♪


娘と二人で飾りつけ。一つ一つ大事に包んである紙をそーっとはがしながら、思い出の詰まったオーナメントにほんわかとした時間をすごしました。試験中の息子は時々顔を出しては経過観察。TVに夢中のパパはCMの度に遠くから見物。

点灯式のあとは、床暖房のきいたぽかぽかの床に二人でごろんと寝転んで、暫くうっとりと眺めていました。
勿論、BGMは、これ!


ツリーを出しながらちょっと残念なことが・・・ 老朽化なのでしょう。樅の木の支柱は金属ですが、枝を支えている一部がプラスチックで、乾燥によるひび割れで、一番下の大きな枝が一本外れていました。(悲)
[PR]
by soleiljap | 2007-12-11 10:12 | ◆ Party | Trackback(1)
Christmas is comming ♪
a0029889_1351216.jpg
未だPCの状態が安定しません。会社からの更新です。

クリスマスの記事をみると、我が家もそろそろ・・・・・・と焦りつつ、実はまだツリーを出していません。画像は昨年撮ったもの。
以前読んだ「女性の品格」という本に、忙しさを口に出さないことが品格ある女性、と書いてありました。

とは言っても、年末から年始にかけての忙しさは、主婦にとっては猫の手も借りたいくらいの忙しさ。
体力勝負のこの時期、どうぞ皆様も身体にはくれぐれもお気をつけ、頑張ってください。

というわけで、ツリーをだすまで ’04から’06年のツリーのエントリーをまとめてみました。

Christmas Tree 2006
Christmas Tree 2005
Christmas Tree 2004


blogを始めてもう4回目のクリスマス。毎年一個ずつ増えるオーナメント。毎年平和でクリスマスを迎えられるのも皆が健康でいてくれるから。ありがとう。今年も笑顔いっぱいのクリスマスにしようね♪


************************************
※ スパムメール対策のためにアドレスを変更いたしました。ご連絡くださる場合、サイドバーのメールフォームからご連絡いただけるよう宜しくお願いいたします。
[PR]
by soleiljap | 2007-12-04 14:31 | ◆ Party | Trackback